【Thea’s Treeシーアの木】絵本の読み聞かせ

Essay

この種を植えて、水と愛と会話を与える

マリアポポア

古代神話の語り手にとって、木は霊界の秘密の生活を映し出してます。

科学の偉大な科学者にとって、人類の人々は私たちが太陽からきている事を思い知らせられます。

歴史を通じて、木々は人間の知識を視覚化した象徴的な図に形を貸してきてるのです。

人類は常に木と、特別な関係を持っていました。

結局のところ、それらは世界で最も古い生きた単一の物なのです。

そこには強力な比喩があります。

人間の心が揺さぶられる最も難しい概念に対して、木を例外的なストーリーてリングデバイスにしてるのです。

mojalaki
mojalaki

概念とは、時間・永続性の事です

それは、正に作家であってイラストレーターである「ジュディスクレイ」が素晴らしい優しさと遊びの心のある気まぐれで探求してるのです。

インドの独立した出版社である「カラディライムス」による2014年の最高の子供向けの本に後れを取っていますが、世界中の文化からの異例の物語を生み出してますね。

この傑作は「家 家 そしてより多くの家」に満ちた致死に住んでいる「シーア」「Thea」と言う少女の人生を物語ってるものです。

自分の子供時代の冒険についての、彼女の両親の物語によってるものです。

シーアが「登る木・隠れる木・座って夢を見る木」を夢見てると10月1日の終わりに珍しい事が起こるのです。

孤独な葉っぱが「静かにシーアの窓を通り過ぎて浮かぶ」のです。

クレイの珍しく想像力に富んだ優しいイラストは、何か強く憧れますね。

それを達成する可能性の最も弱い可能性に突然興奮した全ての人に、なじみの有る欲望と絶望の間の繊細なダンスを生き生きとさせてるのです。

あまりにも封じ込められていないのは、シーアの爽快感です。

彼女は自分の友達に急いでコンクリートの通りで遊んで、興奮して希望を与える「葉の源」を見つける手助けをするように彼らを励ましてます。

しかし、彼らは動いてないのです。

その理由は、彼らは木が何であるかさえ知らなかったのです。

貴重な葉っぱのざわめきに誘われて、シーアはスムーズに夢へと流れていくのです。

葉っぱは巨大な月を介してシーアを運んで、それが生まれた美しい木に運びます。

もう一回、ツリーがシーアに話しかけると、人類が自然界をどんな風に利用したかについてクレイの微妙な嘆きが明らかになるのです。

木は、シーアの心を直視し、彼女の深い欲望を見つけました。
「なんで気が欲しいの?」気はそっと尋ねました。
「あなたは小屋を作りたいですか、それともボートや火を作りたいですか?新聞や気にしたいですか?」
シーアは首を欲に振った。恥ずかしそうに、彼女は言った、「私は登ったり遊んだりするために気に座り、座って夢を見ます」
「それからこの種を植えに行きなさい」と懸命に白い木は言いました、そしてそれに水と愛と会話を与えて下さい。

【Thea’s Tree】シーアの木

シーアが目覚めた時、彼女は自分の家の外で自分の手に種を蒔いてます。

彼女はそれを「地面の小さな区画」に植えて、水をまき続けて、それを愛し小さな植物が土から芽を出すまで毎日それと会話するのです。

シーアが成長するにつれて、ツリーも大きく成長します。

ツリーは彼女だけでなく、彼女の子供だけでもなく、彼女の孫にとっても忠実な夢の仲間になるのです。

木のない都市では、人生のサイクルは私達の抵抗に影響されずに、平和は私達が最終的にそれらに降伏して、私達の無駄な抵抗を放棄したときのみに起こります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました