【学校では教えてくれない】異常気象の原因を分かりやすく説明します

スポンサーリンク
スポンサーリンク
モッピー!お金がたまるポイントサイト
異常気象

最近、自然災害や異常気象によって地球は、様々な悪影響を被ってます。

なぜ季節があるのですか?

なぜ季節があるのですか?

長い間、人々は季節の移り変わりに驚きました。

なぜ夏は暖かく、冬は寒いのですか?

mojalaki
mojalaki

なぜ冬の夜が長いのでしょうか?

地球は太陽の周りを回転すると同時に、その軸の周りを回転することがわかっています。

太陽を中心に回転しますが、回転するコマのように回転します。

地球の軸(北極から南極への架空の線)が太陽の周りの地球の軌道に対して直角に位置している場合、季節はなく、すべての日が同じになります。

しかし、地球の軸は傾いています。

実際、地球にはさまざまな力が働いています。

第一に、これは太陽の魅力であり、第二に、月の魅力であり、第三に、地球自体の回転です。

その結果、地球は傾いた位置で太陽の周りを回転します。

この位置は一年中維持されるため、地球の軸は常に1つの点、つまり北星に向けられます。

これは、北極が太陽に向けられた年の一部であり、2番目の部分が太陽から隠されていることを意味します。

この傾きのために、太陽の直射日光は、赤道の北側、赤道側、赤道の南側にある地球表面の一部を照らすことがあります。

これは、地表の一部に対する直射日光の別の影響であり、地球のさまざまな地域で季節の変化を引き起こします。

北半球を太陽に向けると、夏は赤道の北の国にあり、冬は南にあります。

太陽の直射日光が南半球に当たると、夏がここに来て、北部が冬になります。

1年で最も長い日と最も短い日は、冬至と夏至と呼ばれます。

世界中で毎年、日が夜に等しい2日があります。

これは、春と秋に、ちょうど夏至の日に発生します。

秋には、これは9月23日頃に発生します。

秋分は3月21日頃です。

気象学者はどのように天気を予測しますか?

気象学者はどのように天気を予測しますか?

ここでは天気予報とは違います。

因みに、天気予報士は詐欺みたいな職業でもあります。

晴れたのに、雨が降るでしょう!と言っても良いのですから・・・・

天気予報士は将来的に、不要な職業の1つです。

「天気」という用語には、すべての大気条件が含まれます。

「天気」には、寒い、暖かい、乾燥した、濡れた、晴れた、曇った、風の強い、静かななどの大気条件が含まれます。

天気は日々変化し、その年に起こることはすべて「気候」と呼ばれています。

天候にはさまざまな要因が影響しますが、最も基本的なものは太陽です。

太陽熱が水を蒸発させ、空気を温めます。

そのため、暖かい空気の上昇する流れが空に水蒸気を発生させます。

そこで空気は冷え、蒸気は雨の中で凝縮します。

これは、徐々にまたは迅速に発生する可能性があります。

天候の変化が激しいため、暴風雨が発生しています。

イギリスでは、気象を記録する約200のポイントがあり、ヨーロッパの他の地域でもほぼ同じです。

さらに、大西洋にある「気象船」と当直の特殊航空機が気象の変化を監視しています。

天気予報は、これらのレポートと他の気象データに基づいています。

気象専門家が調査したマップは、さまざまな情報を提供できます。

同じ圧力の領域、同じ温度、風向、曇りまたは晴天、雨または雪、雨の量、雨の量、圧力の高いまたは低い領域。

地図を研究することにより、気象学者は、与えられた大気条件下で何を期待するかを予測できます。

彼らは、湿気で飽和した暖かく上昇する空気に取って代わる冷気の動きにより、低圧が強風を意味することを知っています。

気圧が高いということは、天気が良いことを意味します。

北半球では、高圧地域の風が時計回りに吹く。

低圧時-反時計回り。

つまり、風の向きも予測できます。

気象学者は、さまざまな圧力でのサイトの移動速度も知っています。

気象学者はこれらすべての詳細を知っているだけでなく、国の多くの地域からの天気予報を持っているので、あなたの地域の天気をよく知っています。

霧とは?

霧とは?

霧は地表の雲です。

空の霧と雲の間に、違いはありません。

雲が地球または海の表面近くにあるとき、それを「霧」と呼びます。

通常、霧は低地や水域の上で夜間と早朝に形成されます。

それは、土地や水の暖かい表面に落ちる冷たい空気の流れに関連しています。

霧は、空気が地球や水よりも速く冷える秋に、発生する可能性が高くなります。

穏やかな天候で暗闇が始まり、地上の低い場所に霧の薄い層が形成されます。

地球は夜に冷えるので、空気の下層は冷たくなります。

このような冷たい空気が暖かい空気と接触すると、霧が発生します。

原則として、都市の霧は農村よりも濃いです。

都市の空気は、ほこりやすすでいっぱいで、水の粒子と結合すると、高密度の毛布を形成します。

地球上で最も霧の多い場所は、ニューファンドランド(カナダ)の大西洋岸です。

この地域では、北極圏の南に移動する冷たい海を、湿った暖かい空気が通過すると霧が発生します。

冷たい水は、空気の水分を小さな水滴に凝縮します。

これらの滴は雨を形成するのに、十分な大きさではありません。

霧の形で空中にいます。

そして、サンフランシスコ地域の霧は完全に異なります。

ここでは、暖かい朝のそよ風が暖かい砂丘に向かって吹いており、雨が前日に砂を濡らした場合、蒸発する湿気から濃い霧の層が形成されます。

多くの場合、霧は雲よりも濃く見えます。

これは、霧の液滴のサイズが小さいためです。

多くの小さな水滴は、雲を形成する大きな水滴(ただし、それより少ない)よりも多くの光を吸収します。

したがって、霧は雲よりも厚いように見えますね。

湿度とは?

湿度とは?

テーブルにデカンタの氷水を置くとどうなりますか?

外では、デカンタに水分が溜まります。

どこから来たのですか?

空気中からですね。

事実は、常に空気中に水蒸気の形で湿気があることです。

氷水のデカンタの場合、これらの蒸気はデカンタの冷たい表面に凝縮し、目立つようになりました。

そして、空気中の水蒸気は見えません。

「湿度」という用語は、空気中の水蒸気の存在を意味します。

広大な砂漠を越えて至る所にあります。

したがって、湿度は常に存在しますが、その値は異なります。

湿度の表現にはさまざまな方法があり、「絶対湿度」と「相対湿度」という2つの用語があります。

それらの意味を見てみましょう。

「絶対湿度」は、空気の単位体積あたりの水蒸気の量です。

つまり、空気の立方メートル内の特定の量の粒子です。

しかし、実際には、これは何も教えてくれません。

特定の条件下でどのように感じるかを知りたい場合、「立方メートルあたり4ユニット」という概念は、乾燥した空気か湿った空気かについて何も教えません。

体の水分が空気中に入るほど、気持ちが良くなります。

空気の蒸発率は温度に依存し、絶対湿度は空気のこの特性について何も言わないだけです。

相対湿度はパーセンテージで表されます。

相対湿度が100%とは、空気が完全に飽和している、またはこの空域が水蒸気で完全に満たされた状態を意味します。

温度が高いほど、より多くの水蒸気に空気が含まれます。

したがって、暑い日には相対湿度が90%であるということは、空気中に大量の湿気が存在することを意味し、そのような日にはあなたの健康は不十分になります。

露とは?

露とは?

露は簡単に説明できる自然の単純な、現象だと思うかもしれません。

奇妙なことに、長い間、露が何であるか理解できませんでした。

この主題について多くの本が書かれています。

アリストテレスの時代から18世紀まで、露は雨のように「落ちる」と考えられていました。

しかし、露はまったく落ちません。

誰もが私たちが植物の葉に見た、露を知っています。

露ではありません。

露について私たちが、どのように誤解されたかがわかります。

露とは何かを理解するためには、私たちを取り巻く空気について何かを知る必要があります。

空気にはある程度の水分が含まれています。

暖かい空気は冷たい空気よりも水分を多く含みます。

露には、カビ菌を含んでる場合があります。

冷たい表面に空気が触れると、その一部が結露し、そこに含まれる水分がこの表面に残ります。

これは露です。

そのような涼しい表面の温度は、露が形成される特定の値より低くなければなりません。

この値は「露点」と呼ばれます。

たとえば、ガラスまたは金属製の容器に水を注いでも、表面に露ができるわけではありません。

そこに氷を加えると、露もすぐには形成されず、容器の表面が特定の温度に冷却された後にのみ形成されます。

そして、自然の中で露はどのように形成されますか?

これには、冷たい表面に接触する暖かく湿った空気が必要です。

太陽熱を長時間保持するため、露は地面や経路に形成されません。

そして、冷えた草や植物では、結露が発生します。

では、なぜ植物の滴は露ではないと言ったのでしょうか。

朝の植物の湿気の、ほんの一部しか露になっていないからです。

湿気のほとんど(場合によってはすべての湿気)は植物自体によって生成されます。

葉の毛穴から水分が植物から出てきます。

これは、地面からの水を葉に与えるための、植物の灌漑プロセスの続きです。

このプロセスは、シートの表面を太陽の熱から保護するために日中に始まり、夜に続きます。

地球の一部の地域では、露が非常に多くなり、家畜に水をまくための特別なタンクに集められます。

風はどこから来るの?

風はどこから来るの?

風が現れる理由はさまざまに考えられます。

第1に、その地域に適用された風。

第2に、地球の表面全体に適用された風を考えることが可能です。

どの地域でも気圧差があるため、その地域では風が吹いています。

海岸に住んでいれば毎日見られます。

日中は土地が熱くなり、地上の空気が上昇し、海からの冷たい風が発生します。

夜には、地球は冷え、水は暖かく、水の上に暖かい空気が上昇し、そよ風が海岸から吹いていて、暖かく上昇する空気に取って代わります。

私たちの地域で起こっていることは、風と共に、地球上で大規模に起こっています。

地球上で最も暖かい場所は赤道です。

したがって、このストリップでは、暖かい空気が常に上昇します。

この空気は北と南の極に向けられます。

次に、「馬の緯度」と呼ばれる特定の緯度で下降し、動きを続けますが、極と赤道に向かって2方向に進みます。

地球の自転がない場合、北と南の風のみになります。

しかし、地球の自転のため、北半球のすべての風は右に、南半球では左にシフトします。

「馬の緯度」から赤道に向かって吹く風は、「貿易風」と呼ばれ、極に向かって「ベスタ」と呼ばれます。

米国は主に、西部にあります。

地球の他の地域にも独自の「支配的な風」があります。

あなたがすでに理解したように、風はどこからも来るものではありません。

それらの出現の理由は、その異なる地域で地球の表面の加熱の程度を変えるためです。

嵐とは何ですか?

嵐とは何ですか?

人間は恐るべき勢力をなだめることができる、強力な生き物に変わりました。

しかし、彼が嵐を目撃すると恐怖が目覚めます。

嵐とは何ですか?

自然界で、そして自然界で起こるすべてのことは、手ごわい、残酷なものであり、嵐と考えることができます。

海では、嵐は強風や嵐の形をとることがあります。

陸上では、嵐は大雨、雷雨、強風を意味します。

米国の緯度では、嵐は100平方キロメートルを超える領域に及ぶ可能性があります。

回転する空気は、低圧の領域の周りを流れます。

同様の嵐は、南に移動する北極の空気の冷たい塊が熱帯から、北に向かう暖かく湿った空気に出会う場所で発生します。

ある場所では、暖かい空気の大きな流れが冷たい空気の中にくさびを付けます。

このストリームの上部は、風が向けられ、周囲に嵐が形成される低圧ゾーンを作成します。

接触すると、暖かい空気と冷たい空気のわずかな組み合わせが発生します。

軽い暖かい空気が寒さの上に上がり、冷え、厚くなります。雲ができ、雨や雪が降る。

北半球では、地球の自転により空気の動きが右にシフトするため、渦中では空気の流れが時計回りに移動します。

これは巨大な竜巻を連想させます。

赤道の北にある台風とハリケーンは、夏または秋の終わりに最も一般的で、暖かい熱帯の海域で発生します。

彼らは西と北西に移動し、徐々に右にずれます。

竜巻は非常に強力な旋風です。

その前兆は、じょうごの形をした雲と雷雲の出現です。

このようなじょうごの基部は直径数百メートルしかありませんが、途中で発生するすべてのものを破壊します。

破壊的な力は、巨大な風力と強い圧力降下によって所有されています。

家の壁が崩れ、建物が破壊されています。

竜巻はそのような破壊に苦しんでいるため、最も頻繁に発生する地域では、住民は竜巻が近づいたときに隠れる特別な避難所を建設します。

ジェットストリームとは何ですか?

ジェットストリームとは何ですか?

今日、私たちは「ジェット」という言葉をよく耳にしますが、この場合の「ジェットストリーム」の概念はジェット機に関連していると思います。

しかし、これは完全に間違っています。

ジェット気流は地球の周りの風システムの一部なので、「風」の概念から始めましょう。

風とは、地表に平行に、地表から少し離れて移動する空気の流れです。

風の動きは、主に異なる圧力の領域の存在に起因するため、風は高圧の領域から低圧の領域に吹きます。

(ローカルではなく)グローバルなスケールでは、一般に、冷たい空気は極から赤道に移動し、暖かい空気は赤道から極に移動します。

これらは均一な流れではなく、乱流の空気ジェットです。

さまざまな条件が各地域の天気に影響を与えます。

圧力は、局所的な熱源の影響を受ける場合があります。

この地域の風の方向は、土地、水面、山の場所の影響を受けます。

そして最後に、いくつかの地域では、ほとんど常に高圧がかかる地域があります。

これらの場所は「高気圧」と呼ばれ、特定の地域の風の方向を決定します。

だから、あなたは一般的に風が吹く理由と、それに影響するものを想像することができます。

しかし、これはすべて、下層大気を吹く風に当てはまります。

ご存知のように、地球の周囲には高度2800 kmに及ぶ大気があります。

上層大気では、風のための他の条件があります。

ここの風は地球の表面よりも、速い速度で吹きます。

高度約9 kmでは、風速は「ジェットストリーム」と呼ばれるほどの値に達します。

この流れの速度は、時速200〜400 kmに達します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました