【米国の大気汚染】アメリカの大気環境が10年前と比べて良くなった

スポンサーリンク
スポンサーリンク
モッピー!お金がたまるポイントサイト
大気汚染
米国の大気汚染対策

新しい措置では、自家用車からの二酸化炭素排出量を削減できてます。

数日前に米国環境保護局(EPA)によって提案されたトラックが、登場しました。

実装により、いわゆるティア3は、自動車の排気ガスに関する新しい基準を設定し、2017年からガソリンの硫黄レベルを削減します。

ユーザーからしたら、高額になって迷惑なのですがね。

EPAの提案は、ガソリンエンジンのしきい値に、燃料100万燃料あたり年間10部で到達することです。

これにより、車・小型トラック、および場合によっては重量のある車両からの排出が削減されます。

もう1つの利点は、既存の車両と将来発売される車両の両方に対する排出制御システムの有効性の向上です。

硫黄除去は、車両触媒のより良い機能に貢献し、経済を改善し、温室効果ガスの排出を削減するための低コスト技術の開発を可能にします。

これらのガソリン中の特定の硫黄レベルは、欧州諸国、日本、韓国、カリフォルニア州で適用されます。

市民の生活条件の改善もこれらの対策の一部です。

車の排気ガスは非常に有毒であり、公衆衛生に影響を与えます。

すでに、1億5800万人のアメリカ人が多くの入院や早死などの問題に直面しています。

現在の状況と比較して、排気ガスはすべての車両の平均から80%削減され、車両あたりの粒子状物質の排出は70%削減されます。

このプログラムの各年の費用は、34億ドルと見積もられています。

ただし、2030年までに、健康上の利点は、80億ドルから230億ドルの範囲になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました