【新機能】BingWebmasterToolsに追加する方法

Blog

「Bing Webmaster Toolsアカウント」に、ユーザーを追加する方法を紹介していきます。

BingWebmasterToolsは、新機能も搭載してます。

インデックス

インデックスも早く、検索結果1位です。

※Bing WebmasterToolsがアップグレードされました。

※過去にBingWebmaster Toolsを使用したことがあるが、最近ログインしていない場合は、内部を覗いてみてください。

Webサイトのオーガニックパフォーマンスに関するデータを共有する場合でも、Bing Webmaster Tools内で設定を更新する場合でも、5分でBing WebmasterToolsにユーザーを追加する方法を説明する2021年の最新のガイドをお読みください。

BingWebmasterToolsにログインする

BingWebmasterTools

まず、Bing Webmaster Toolsにログインして、ユーザーを追加するプロセスを開始する必要があります。

あなたのウェブサイトを選択する

次に、新しいユーザーを追加するWebサイトを選択します。

「ユーザーの管理」タブをクリックします

ウェブサイトを選択したら、「ユーザーの管理」タブをクリックします。

この画面には、このプロパティに既に追加されている「ユーザー・ユーザーのアクセス許可・およびいつ追加されたか」が表示されます。

「ユーザーを追加」ボタンをクリックします。

ユーザーのメールアドレスを入力する

ユーザーの追加]ボタンをクリックした後、プロパティへのサインインに使用するユーザーのメールアドレスを追加します。

ウェブサイトのトップレベルのURLを入力します

WebサイトのトップレベルURL、またはルートドメインを入力する必要があります。

また、Webサイトの特定のサブドメイン、またはサブフォルダーに関する情報のみをユーザーに表示するかどうかに応じて、Webサイトの特定の部分へのアクセスのみを提供することもできます。

ユーザーロールを選択する

ユーザーの電子メールとアクセス範囲を入力した後、最後のステップは適切なユーザー権限レベルを選択することです。

以下は、各アクセスレベルで許可される内容の概要です。

管理者

管理者はプロパティに対する完全な権限を持っており、「他のユーザーの追加・サイト設定の変更・サイトデータの取得」など、ほとんどすべてのことを実行できます。

読み取り専用

Bing Webmaster Toolsの読み取り専用アクセス許可は、ユーザーにデータの表示のみを許可します。

特定のサイトプロパティ内の設定や情報を、編集する機能はありません。

読み書き

Bing Webmaster Toolsの読み取り/書き込みアクセス許可は、管理者の役割と読み取り専用の役割を組み合わせて提供します。

この権限レベルを持つユーザーは、一部の設定を編集してサイトプロパティのデータにアクセスできます。

しかし、アカウントから「他のユーザーを追加/削除する」などの管理者権限はできません。

「ユーザーの追加」をクリックします

適切なユーザーロールを選択したら、「ユーザーの追加」をクリックするだけで、準備が整います。

ユーザーが、プロパティへのアクセスを許可されたという通知を受信トレイで受信するまで、通常5分かかります。

アカウントに追加したメールアドレスを使用して、BingWebmasterToolsにサインインするだけです。

新機能と更新された機能のビジュアルガイド

Bingでのランキングを、向上させるために最適化するのに役立つ、新しいウェブマスターツールインターフェイスの確認してください。

既存のBingWebmasterツールプラットフォームから移行した、一連のツールを備えた新しいBingWebmasterToolsユーザーインターフェイスを発表しました。

私たちWEB管理者は、既存のツールのより高速でクリーンで応答性の高いバージョンを提供し、SEOの専門家やWebマスター向けに実用的でアップグレードされた新しいツールセットをリリースするように移行しました。

※もちろん、新しいBing Webmaster Toolsはモバイルフレンドリーです。

インデックス

インデックスも早い!

バックリンクが戻ってきました【他のドメインも含む】

Searchから構文機能を削除してから13年後、ウェブマスターツールポータル内でこの機能を提供し、ウェブマスターに可視性を提供できることをうれしく思います。

バックリンクレポートには、サイトのBingによって検出された完全なバックリンクプロファイルの「参照ページ・参照ドメイン・アンカーテキスト」の数が含まれ、「ドメイン・ページ・アンカーテキスト」ごとにURLを一覧表示できます。

また、類似サイト機能を備えた他のサイトとサイトを比較したり、Bingによって提案されたサイトのリストを表示したり、選択したサイトを比較して、誰が誰にリンクしているかを確認することもできます。

強化されたキーワードリサーチツール

このツールは、検索者がBingでクエリしているキーワードやフレーズを調査するのに役立ちます。

キーワードリサーチは、作成するコンテンツを決定するのに役立ちます。

このリリースでは、クエリの傾向と量を確認できるため、国や地域、言語やデバイスでフィルタリングできるキーワードで検索しているユーザーが十分にいるかどうかを判断できます。

調査を掘り下げると、国別のクエリ量、関連キーワード、クエリの上位ドメインに関する傾向を理解するのに役立つ情報があります。

これは、誰がランク付けされているのか、なぜあなたが望むほど高くランク付けされていないのかを調査し、目的のキーワードでランク付けするために必要な作業のレベルを決定するのに役立ちます。

【便利】URL送信の自動化

URLの送信は、BingWebマスターツールの主要な機能です。

これにより、Webマスターは、このWebインターフェイスを介して1日あたり最大10,000のURLで新しいコンテンツまたは更新されたコンテンツを送信することにより、BingでWebサイトコンテンツを即座にインデックスに登録できます。

ただし、ページが追加または更新されるたびにBing WebmasterToolsにアクセスする必要はありません。

ウェブマスターは、ほとんどのコンテンツ管理システム向けのプラグインが簡単なAPIソリューションであるBingウェブマスターツールのURL送信APIを介して公開を自動化できます。

URL送信

サイトマップ

サイトマップは、Webクローラーでは見つけにくいサイトのURLについて、Bingに伝えるもう1つの最良の方法です。

少なくとも、1日に1回はサイトマップを更新することをお勧めします。

Bing Webmaster Toolsで一度送信してから、頻繁にアクセスして統計を取得する必要があります。

改善された検索パフォーマンス

このダッシュボードの提供概要チャートが表示さの傾向 総クリック数、 合計印象、平均クリックスルー率(CTR)との平均位置、過去6ヶ月までのためにあなたのウェブサイトのために、トラフィックを運転している有機、非有料検索からのキーワードインプレッション、クリック、クリックスルー率(CTR)、平均掲載順位の主要な指標を使用してサイトにアクセスします。

新着情報

最新のWebコントロールを使用して、「グラフの表示・テーブルの並べ替え・テーブルのCSV」へのエクスポートを簡単に行うことができます。

平均クリックスルー率(CTR)と、平均位置も提供されるようになりました。

CTRはキーワードごとで、ユーザーがウェブサイトの任意のページをクリックした結果のインプレッションの割合です。

平均掲載順位は、選択したキーワードでウェブサイトの任意のページが表示された、さまざまな掲載順位の平均です。

まあ、グーグルサーチコンソールと一緒ですよね。

クロール制御

このツールを使用すると、1日のすべての時間または特定の時間にBingbotのクロール頻度を増減できます。

顧客と検索エンジンボットが、いつ誰があなたのウェブサイトにアクセスしているかに基づいて決定します。

クロール制御

Bingbotを確認する

インターネット上には、検索エンジンを模倣した偽のボットがたくさんあります。

検索エンジンのクローラーがクロールしすぎていることを検出した場合、最初のアクションは、この「検索エンジン」が本物かどうかを確認することです。

Vingbotの検証ツールを使用すると、ログに表示されるIPアドレスが実際のBingbotであるかどうかを確認できます。

そうでない場合は、ブロックできます。

そうであり、クロール速度を調整したい場合は、クロール制御設定で行うことができます。

Bingbot

【URL のブロック】URLをブロックする

URLをブロックする最善の方法は、noindexタグを追加し、Bingbotにそれを検出させることです。

とはいえ、場合によっては、Bingからコンテンツをすばやく削除したい場合があることを認識しています。

URLブロックツールを使用すると、これをわずか数時間で実行できます。

URLまたはディレクトリを入力するだけで、コンテンツはその後すぐに最大90日間Bingから削除されます。

90日後、コンテンツは検索結果に再表示されます。

ブロックを更新するか、期限切れにするかを選択することもできます。

このツールを使用すると、以前の提出物を確認することもできます。

URL のブロック

新しいBing WebmasterToolsポータルが、気に入っていただければ幸いです。

コメント