【企業面接で逆質問】フィードバックなど面接でのNG行為

スポンサーリンク
スポンサーリンク
モッピー!お金がたまるポイントサイト
就活

先に紹介しておきますが、就活生の有名な三大NG発言とは「休日・残業・賃金」の質問です。

面接官もそうですが、経営者が一番嫌う質問なのです。

働き方改革のせいで、人を雇いにくくなり色々面倒な時代になったのは事実です。

○○はできない!しんどい仕事はしたくない!

文句だけは、上級レベルなのです。

学生時代とは違って、社会人になると休みも少なく、働き続けていかなくてはいけません。

学生の時みたいに「どうやって休んでやろうか!?」ではなく、社会人になったら「どういう風に働けるのか?」が課題だと思います。

賃金・休日の事しか聞かない求職者は企業では使えません。

後々、面倒を起こす可能性があるからです。

働く意欲がある素直な気持ちで、面接官に質問すれば高評価で心を動かされて採用になるのです。

求職者である就活生が、面接官に質問する行為を「逆質問」とも言います。

それは、企業側が就活生に対して何か質問させる行為です。

「どんどん質問してほしい」のが、企業の本音なのです。

そこで、入社したい企業に対し、積極的に質問する事は「興味があって入社意欲がある」と良い事のように思えます。

しかし質問内容によってはマイナス評価になる場合があります。

ここでは、特にNGになりうる逆質問集の例を、ワースト1位から紹介していきます。

給料・残業・休日に関する事

例の「働き方改革」で企業は賃金などを含め、業務内容の改善など、色々と変更したりと大変な中、頑張ってるのです。

本題ですが、皆、生活がありますので雇われ側からしたら、当然、福利厚生それは給料・残業・休日に関する事は気になる部分ではありますね。

質問したい気持ちは分かります。

しかし、この質問は逆効果になり、経営者を、不安にさせてしまうのです。

「この人は本当に働く気があるのだろか?」

「働く意欲があるとは、到底思えない!」

と、疑問にも思ってくるのです。

と言うのが、その事しか質問しない就活生が多いのです。

業種によっては、福利厚生を含め休日や残業の事を聞かれると、「うちでは無理だな」となるのです。

他の記事でも紹介しましたが、「私は残業はしたくない」という就活生もいます。

こんなのは論外ですね。

例えば当方では、いくら人材に困ってても、こんな人は採用しません。

正直なところ、採用できないのです。

掲載してる事を聞いてくる

書いてあるのに、読まずに質問してきます。

「休日は土曜日・日曜日」と書いてあるのに、就活生は「土日休みですか?」と質問してきます。

mojalaki
mojalaki

はっ?読んでないの?

掲載してる事を読まずに聞いてくる、こんなレベルの低い、就活生もいるんです。

求職票に掲載してる事って、だいたいの事は書いてありますよね。

会社の教育プログラムを聞いてくる

就活生が「私はキャリアアップ・成長したいので、そんな厳しい研修などありますか?」みたいな事を質問してくるのです。

口で言うのは簡単です。

教育プログラム以前の問題で、現世代の若者は、そのような厳しい研修は耐えれません。

どのような想いで、質問してきたのかも不明です。

研修期間3日も、もたないでしょう。

私は、そのような研修期間中に逃げ出した人、喧嘩した人を知ってます。

mojalaki
mojalaki

逃げ出して、どうやって帰ったかは不明ですが・・・

だから、逃げ出せれないように昔からの研修所って、最果ての山奥・島の端に多いのでしょうね。

研修のやり方によっては、暴力はありませんがパワハラレベルに相当しますから無理でしょうね。

少し調べたら分かる事を聞いてくる

「この会社は、何を作ってるのですか?」

こんなレベルの事を、聞いてくる就活生もいます。

何屋か知らないのに面接に来たの?って聞き返したくなりますが・・・・

このように、予備知識であって少し調べたら分かる事を質問してくるので、正直ガッカリします。

「この会社はどうですか?」もありましたが、私はアナタの友達ではありません。

こんな質問は、どうか友達同士の会話でやって下さい。

アピールしてくる人

聞いても無いのに、自己アピールしてくる就活生が少なからず存在します。

分かりやすく言えば「自己PR」ですね。

これは、ほとんどが台本通りで、自分を盛って作られてます。

なので、どこかの模範文章を取って付け加えたかのような事を、しゃべり始めるのです。

過剰な自分スゴイ!PRになってしまうのです。

無理やり、自分を良く見せようとしても、中身が空っぽなのでボロが出てバレてしまいます。

言いたい事が、見え見えなので印象を悪くしてしまって、マイナス評価になってしまうのです。

フィードバック

先に説明しときますが「フィードバック」とは、評価した結果を伝え返す事です。

企業にとって「益」のあるフィードバックなら、大歓迎ですね。

要はフィードバックの、使い方の問題なのです。

面接官によっては、マイナス評価の対象になってしまう場合があります。

「御社に入社したい!」

「御社の2次面接に生かせたい!」

と言う意思を示した前提で、フィードバックを使うのが好ましいのです。

ただ単に、フィードバックをしてもらわないようにしましょう。

それは、話の前後の問題ですね。

特に・別にありませんww

面接官が、今日最後に「何か質問がありますか?」と聞いた時に
「質問はありません」「特にありません」「別にありません」
では、マイナス評価になってしまいます。

mojalaki
mojalaki

採用されたくないのなら別ですが

面接に行くなら、何か興味を持つべきです。

好奇心を示さなくては、面接官に失礼に当たります。

何か疑問点はあるはずです。

隙あらば質問してみましょう。

説明されたことを聞き返す行為

mojalaki
mojalaki

えっ!?聞いてなかったの?

入社説明会や面接などで一生懸命に説明したのに、「それ、今説明したよね?」ってなりますよね。

別記事でも紹介してますが、やたら返事が良い人は要注意です。

「はい!はい!」と言っても、結果的に理解してないのです。

こんな人が、入社してきたら大変なんですね。

mojalaki
mojalaki

仕事を任せれない・・・・・

面接官に対して面接する行為

就活生が面接時に、面接官に対して
「入社された動機は何ですか?」
「会社を辞めようと思った事はあるのですか?」
と意味不明な事を言う行為。

こんな事が実際にあるようです。

質問NG集まとめ

このように、普通では考えられない事を聞く就活生がいるのです。

こんな事では、不採用になってしまってもおかしくはありません。

最近の就活生が、どんだけ非常識なのか計り知れません。

時代の流れで、おかしな人が増えたのか?分かりませんが、面接の下準備で常識・非常識も勉強すべきです。

良い事か、悪い事なのかも判断できる社会人になりましょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました