潰瘍性大腸炎

スポンサーリンク
潰瘍性大腸炎

首相の持病「潰瘍性大腸炎」とは何の病気でしょうか?

安倍総理大臣は、10代のころから、大腸の粘膜が炎症を起こし、激しい腹痛や下痢を繰り返す難病、「潰瘍性大腸炎」を抱えてきました。投薬治療で症状の改善がみられたものの向こう1年間、投薬治療が必要だと診断されたということです。
2020.08.30 2
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました