ADHD

スポンサーリンク
ADHD

【多動とは】ADHDの子供の育て方は気を付けたら治る

ADHDは、注意を集中できないこと、行動を制御することが困難であること、過度の活動によって、日常生活、研究、および社会的相互作用に問題を引き起こしている兆候として現れます。ADHDは4-6歳の間に最も頻繁に検出され、気晴らしと多動の兆候を示します。8〜11歳までに、この疾患はより顕著になります。
2020.05.07 0
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました