火山噴火などによる世界の火山性地震とは何なのでしょうか?

災害
スポンサーリンク

なぜ火山が特定の場所にあるのですか?

なぜ火山が特定の場所にあるのですか?

ニューヨーク、ロンドン、パリなどの都市の地域には火山はなく、将来それらが現れる可能性は低いです。

ただし、地球の一部の地域では、いくつかの火山が一度に配置されています。

因みに、日本は火山帯国です。

中央アメリカの太平洋沿岸は、世界で最も火山活動が活発な場所の1つです。

そして実際には、活火山の3分の2以上がこの場所にあり、その多くは比較的最近活動を停止しています。

しかし、その理由は次のとおりです。

これらの場所では、地球の他の地域に比べて地球の地殻が非常に弱いのです。

地殻の弱いところに火山が現れます。

これはそれが形成される方法です。

すでに知っているように、地球の中心部は非常に高温です。

深さが増すと、温度も上がります。深さ25 kmでは、温度が非常に高いため、すべての岩石(ここでは、温度が1000〜1100°Cに達します)は溶融状態です。

岩が溶けると、体積が増加し、より多くのスペースが必要です。

地球の特定の地域では、それほど昔ではない(つまり、数千年前を意味する)新しい山岳システムが形成されました。

その下では、この領域の圧力は他の領域よりも低くなります。

これは地球の地殻の一種の弱点です。

「マグマ」と呼ばれる溶融岩がこれらの領域に浸透し、溶融岩の貯留層を作成します。

マグマは、地球の岩の隆起によって形成された亀裂を通じて上昇します。

そのような貯水池の圧力がマグマを地下に保持する力を超えると、溶岩が脱出して火山を形成します。

噴火は、関連するガスの放出が終わると止まります。

噴火の際、主にガス状の物質と、大量の溶岩「溶岩」・灰の形の固体粒子が放出されます。

噴火はガスの爆発ですが、溶岩の一部が粉塵になり、噴火中に黒い煙の雲が観察されます。

スポンサーリンク

地震はどこで発生しますか?

ほとんどの地震はどこで発生しますか?

地震と言うのは何なのでしょうか?

普段私たちが使っている地震とは、活断層・プレートが動く事によって発生する事を地震と言ってます。

平成23年の東北地方太平洋沖地震も、その一つなのです。

言い忘れましたが、活断層・プレートの活動以外で発生要因となる地震もあるのです。

それは、火山性地震と言い、それは下記で説明します。

最も頻度の高い地震が発生している地域を示す地球の地図を見ると、地球の表面全体を上下する、広いリボンみたいなものが見られます。

地震がまったくない地域もあれば、頻繁に発生する地域もあります。

日本は地震の多い世界の一つです。

それらは、ほぼ毎日そこで起こります。

もちろん、それらのほとんどの地震は弱く、害はありません。

もう一つの同様の地域は、地中海地域です。

逆に、米国のニューイングランド地域を見てみましょう。

ここの破壊的な地震は氷河時代以来、何千年もの間発生していません。

これは、地球の地殻がどこでも均一ではないという事実によって説明されます。

一部の地域では、地殻が十分に強くなく、この場所に断層があります。

断層とは、地殻のずれです。

震源情報の画像

断層の場所では、地殻の部分が大きな力で互いに押し付け合っています。

このエネルギーは岩の振動に変わります。

そのような振動は数千キロメートルに及ぶ可能性があり、この場合の地震は、特に地殻の上昇によって作成された断層線に沿って非常に強力です。

断層領域は上下に動き、水平方向に移動することもできます。

断層に沿って地表で地震が発生した後、特定の変化が見られます。

振動が最も強く感じられた部分を地震の「震源」といいます。

都市が近くにある場合、大きな被害が生じる可能性があります。

ガスパイプラインの破裂による建物の落下と火災により、住民が犠牲になります。

地震と火山噴火の地域はほぼ同じです。

これは、これらの領域の地殻が静止していないためです。

スポンサーリンク

火山性地震

上記でも少し、火山性地震の事について触れましたが、何の事なのでしょうか?

火山性地震とは、火山の噴火・噴火してなくてもマグマの動きや熱水の活動等に関して、火山帯の中・その周辺で発生する地震の事を言います。

色々なタイプがありますが、大きく分けると2つあります。

  • 噴火に伴う火山性地震
  • 火山内部の活動に関連した火山性地震

火山内部の活動に関連した火山性地震

内部の関連した地震の特徴は、周期が短い・地震波形の立ち上がりがはっきりしたものがあります。

これを「A型地震」と呼んでます。

この地震は、比較的深い場所で起こります。

逆に周期が長く、地震波形の立ち上がりが不明瞭な地震の事を「B型地震」と呼んでます。

このB型地震は比較的浅い場所で、起こります。

火山で観測される地震で、火山性地震に比べて継続時間が長い地震を、「火山性微動」と呼ばれてます。

噴火に伴う火山性地震

この噴火に伴う地震の特徴は、爆発的噴火に伴って発生する「爆発地震」で、火山で発生する地震の中では規模が大きいのです。

例を挙げると?

火山性地震の発生の仕方で、噴火の前は「A型地震」の頻発・「B型地震」及び火山性微動の頻発と言う順番で、自身が発生すると言った特徴を持つ火山が存在します。

発生する火山性地震のタイプ・震源の移動等を把握するのが、づんかの予測の重要な手掛かりとなるのです。

火山防災にとって火山性地震を観測や分析する事は、重要な役割を果たしてるのです。

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました