DVは男性だけではない!DV妻から逃げて離婚する方法論

夫婦の問題

「DV」と聞くと、世間ではどのように思ってるのでしょうか?

それは、加害者は「男性」と言う固定概念があります。

しかし最近では、その固定概念を捨てなくてはいけない事態に進展していってます。

逆パターンもあり、男性がDV被害者になる場合も増加してるのです。

それを考えると、DV妻からの暴力に耐えてる男性は多いのです。

そんな悩みがある男性は、怖いDV妻に立ち向かっていかないといけません。

mojalaki
mojalaki

「離婚したい」と言ったら殴られたり・・・・

悲惨ですよね。

世間ではDV被害者男性はどう思われてるか?

DV事案の分析ですが、相談者の性別は、女性からの相談が6,775件(80.3%)で、女性が圧倒的に多いのです。

しかし男性からの相談は少なく感じられるのですが、1,660件(19.7%)です。

過去4年男性の被害者の割合が増加傾向にあります。

これは相談件数なのです。

これは何が言いたいかと言ったら、「まだまだDV被害者男性の認知度が低い」と言う事になります。

DV妻の悪い態度や言動

DVする人には性別は関係ないのです。

DV被害者男性は、誰かに相談しにくいのが現状なのです。

弱々しい男性だと思われたくない

被害者男性

我慢するのは男らしいと思いますが、限度もありますからね。

たまにニュースになりますが、思い出して書き出してみます。

DV妻の暴力
  • ホワイトデーの返しが無かったので首を絞める
  • 重要書類を切り刻まれる
  • 包丁で刺される
  • 仕事場に電話する
  • 馬鹿にする
  • 熱湯をかける
  • 義理母の文句を言う
  • 殴る・叩く・蹴る

容赦ないですね

まだあるのですが、これくらいにしときます。

しかしDV妻と書きましたが、忘れてはいけないのが「DV妻の暴力」だけではなく、男性が加害者になる逆パターンもあるのです。

DV妻の特徴

DV妻
  • 小綺麗にしてる
  • 人のせいにする
  • 精神的不安定
  • 友達がいない
  • 外面は良い

ま、男性が被害を訴えたとしても、真剣に取り合ってもらえず、逆に信じられずに疑われてしまうのです。

何が言いたいかと言ったら「男性はDV被害を認めてもらえない」といった事でしょうか。

女性の場合は、警察に行って「DVされた」と言えば0.1秒で認めてもらえるのです。

mojalaki
mojalaki

便利な世の中になったものですね

ワンポイント

女性の場合、DVの証拠が無くてもDVされて無くても即、認めてもらえます。

mojalaki
mojalaki

支配人は、でっち上げ・濡れ衣で痛い目に遭いましたからねwww

DV被害に遭ったらメモしておく

メモは、「でっち上げられ」でも証拠になります。

証拠になるので、裁判では有効になります。

機関などに相談する前に、細かく「メモ」「証拠を取得」する事をオススメします。

DV被害男性の信憑性を増すためです。

100%証拠になる
  • 暴言をレコードする
  • 被害の詳細を日付入りで書く
  • 壊れた物の写真
  • 怪我したら診断書を取得

「このハゲ~!!!」と暴言を吐いた元女性議員も音声を録音されてましたねwww

逆に女性もDVされたら、証拠を取っておく必要があります。

特に男性の場合は、取り合ってくれる可能性が低いので「絶対的な証拠が必要」なのです。

NG・・・

隠しカメラでの証拠も有効ですが、「バレるリスク」が考えられます

被害男性のNG行為

下記で説明しますが、DV被害男性が絶対にやってはいけないNG行為があります。

NG行為
  • 思い付きで行動する
  • 仕返し(暴言・暴力など)

大まかに2点ですが、これをやってしまうと「不利」になります。

思い付きで行動する

DV被害に遭った場合「良いのか?悪いのか?」その場では、判断ができないと思います。

思い付きで行動したがために、後々、後悔し「不利になる可能性」が出てきます。

例えば、オススメできない思い付き行為の1つに、逃げ出すための「別居」があります。

ここでは何故、別居が駄目なのか?

別居はNG

別居=別居中の婚姻費用が発生

別居中の月々の婚姻費用は、法律で認められてます。

だいたいが男性が払わなくてはいけません。

それは基本的には、男性が収入が多いからです。

別居期間が長ければ長いほど、DV被害者なのにDV妻に払い続けなくてはいけません。

mojalaki
mojalaki

払わない逃げ道はあるのですが、ここでは実用性が無いので割愛します

仕返し(暴言・暴力など)

殴られたら、殴り返して半殺しにするのが一般的です。

しかし、この場合は殴られたら我慢しましょう!

女性が殴ってくるから、男性が殴り返してしまったら理不尽ですが、タダの「暴力男性」になってしまいます。

暴言などの言葉もそうです。

変に言い返ししないようにしましょう。

仕返しは男性が100%悪くなりますから、慰謝料の問題に発展します。

「婚姻費用は払わされて慰謝料も!」となると意味がありません!

mojalaki
mojalaki

DV妻から逃げる男性向けの離婚の記事なので、絶対に男性が不利にならない説明をしてます

何度も言いますが、逃げると言っても「別居」は駄目です。

仕返しさせるDV妻

実際に「仕返しさせる行為」は、問題視されてる事案です。

DV捏造

夫を挑発し、わざと怒らせて捏造するDV妻

例えば、捏造されても「殴り返した」事は事実になるのです。

mojalaki
mojalaki

だから「仕返し」しては駄目なんです!!

殴られた人が加害者になってしまうのです。

とにかく「気を付けて!!」としか言いようがありません。

離婚に向けて

妻の不貞行為のDVが絡んだ離婚となると、更にエネルギーを使います。

もちろん出費も増えるでしょう。

要点
  • 持ち家(マイホーム)
  • 実子の有無
  • 婚姻費用
  • 養育費
  • 面会交流権
  • 別居
  • DV妻への説得

考える要素は、1つ1つ内容が深いのです

ちなみに「不貞行為」「DV」なら離婚は認められやすくなってます。

最近では、女性が男性に暴力する事は珍しくはないかもですが、証拠が無いと認められにくいのです。

DV妻原因で、離婚が認められたとしても、男性はデメリットが少ないとは言いきれないのです。

メリットとしては、「DV妻」から逃げる事ができただけです。

上記の要点の事を考えたら、気が遠くなりそうですね。

要点は人それぞれで、全て内容が違うのです。

だから「こうするのがオススメ!」とか言えないのが現状です。

持ち家・マイホーム

現在の住居
  • 賃貸の貸家・マンション・アパート
  • 名義が自分の家・マンション・アパート
  • 親と同居
  • 義理親と同居
  • 自分の親から引き継いだ家・マンショ
    (結婚前からか結婚後か)
  • 住宅ローンがあるか?
  • 連帯保証人の有無
  • 連帯債務者の有無

人によって違ってくることです

離婚する時は、身軽が一番ですが色々と背負ってると大変なのです。

もちろん、住宅ローンがあったら払っていかなくてはいけません。

住宅ローンを「完済してる・してない」とでは注意しなくてはいけません。

子供

子供の問題も複雑なのです。

子供を引き取っての離婚はできるでしょうか?

子供の問題
  • 子供がいるか?いないか?
  • 子供を引き取りたいか?
  • 子供は何歳か?

子供がいたら離れ離れになるのは、精神的にキツイでしょうね

子供を引き取れなかった場合「養育費」が発生します。

ましてや、男性が子供を正規に引き取るのは難しいの現状です

mojalaki
mojalaki

男性が子供を引き取れる方法は、ありますが割愛します。

「養育費」を払わなくて済む方法もありますが、ここでは割愛します。

親権問題は簡単ではありません。

婚姻費用

誤って「別居」をしてしまった場合「婚姻費用」を払わないといけません。

mojalaki
mojalaki

んん!一つヒントを紹介します

ヒント

絶対に親権が欲しいのなら「子供」も連れてて別居

しかし、稀なケースですが、DV妻の方が収入が多ければ、DV妻が男性に支払う形になります。

ヒント

民事なので「無職」なら支払い義務はありません

支払わなくて良い方法は、いくつかあります。

しかし、支払い義務から逃れる事は難しいのです。

DV妻から逃げての離婚は簡単ではない

夫婦になったからには、円満に過ごす事が前提です。

「自分だけ幸せになる」事は、絶対に成立しません。

パートナーが「笑顔」なら、自分も「笑顔」になれるのです。

話は戻りますが、離婚は結婚するよりエネルギーを使ってしまうものです。

離婚が簡単ではない理由として、結婚して長い年月、色んな事が積み重なってるからです。

例えたら、太り過ぎたらダイエットするのも大変なのです。

悲しい結果にならないように、第3者に間に入ってもらって解決する事も良い事だと思います。

DV妻から逃げての離婚は、例えるなら「長旅」です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました