【DominionVotingSystems】False allegations

スポンサーリンク
社会情勢

投票労働者が、米国大統領選挙の票を集計した時の事です。

多くのソーシャルメディアユーザーは、共和党に傾倒している小さなミシガン州の郡での事務員の誤りを、修正される前にジョー・バイデンを誤って支持したため、不正投票と解釈しました。

1週間後、その誤解された間違いは、民主党員がミシガン州や全国の数十の州に選挙設備を供給する会社である【Dominion VotingSystems】と深い関係があるという誤った主張の大洪水に雪だるま式になりました。

Dominion VotingSystems(選挙技術会社)

選挙技術会社のDominionVotingSystemsに関する、虚偽の主張がオンラインで広まったのです。

下院議長のナンシー・ペロシ、カリフォルニア州上院議員のダイアン・ファインスタイン、およびクリントン財団がドミニオンに関心または影響力を持っているという主張はすべて根拠がありません。

しかし、それでも、今週、何万人ものソーシャルメディアユーザーがFacebook、Twitter、Instagramでそれらを増幅するのを止めませんでした。

Dominion VotingSystemsの虚偽

Dominion VotingSystemsの周りに広がる虚偽について知っておくべきことは次のとおりです。

主張

ペロシ、ファインスタイン、クリントン家などの著名な民主党員は、2020年の選挙でいくつかの激戦州で機器が使用された米国で2番目に大きい投票ベンダーであるドミニオン投票システムに関与または深い関係を持っています。

APの評価:誤。

ドミニオンは2014年のクリントングローバルイニシアチブ会議で、1回限りの慈善活動を行いました。

クリントン財団は、ドミニオンの運営に関与も関与もしていません。

非営利団体はAP通信に確認しました。

ペロシの元補佐官はドミニオンをロビイストとして代表しましたが、共和党員のために働いたロビイストもそうです。

ファインスタインの夫であるリチャード・ブルームが、ドミニオンの株式を保有しているという主張は根拠がありません。

事実

ミシガン州のアントリム郡が米国大統領選挙でジョー・バイデンの圧勝を最初に報告したとき、ソーシャルメディアユーザーはデータを集計するために使用されるドミニオン選挙管理システムについて疑念を抱きました。

Dominionの問題は修正された

ミシガン州務省によると、結局のところ、ドミニオンのせいではありませんでした。

「ここには悪意も詐欺もありませんでした。人為的ミスだけでした」

郡書記官のシェリル・ガイはAPに述べたのです。

この問題はすぐに修正され、ドナルド・トランプ大統領がその郡で過半数の票を獲得しました。

バイデンがミシガン州と大統領選挙に勝利

しかし、バイデンがミシガン州と大統領選挙に勝利して以来、トランプ支持者は、ジョージア州のような主要な戦場を含む少なくとも30の州で使用されているドミニオンへの信頼を弱体化させようと絶えず試みてきました。

今週、広く共有されているいくつかのソーシャルメディアの投稿は、選挙ソフトウェアが信頼されるべきではないと主張するために、6年前にドミニオンとクリントン財団の間の1回限りのつながりを誇張しました。

「ドミニオン投票があなたが推測したようにベッドにいるのは偶然ですか…クリントン財団?」

7,000回以上共有された1つのツイートを読んでみて下さいね。

いくつかの投稿は、クリントン財団のウェブサイトからのスクリーンショットを共有しました。

これは、2014年のクリントングローバルイニシアチブの会議で、ドミニオンが3年間のプロジェクトの一環として、選挙技術を米国外の新興民主主義国に寄付するという慈善活動を行ったことを示しています。

しかし、その1回限りのコミットメントは、クリントン財団とドミニオンの間の永続的な関係の証拠でも、2020年の選挙での不正行為の証拠でもありません。

クリントン財団

クリントン財団は電子メールでAPに、このようなコミットメントの実施に資金を提供したり、資金を受け取ったり、参加したりするのに役立たないと述べました。

クリントン財団は関与してない

非営利団体は、「クリントン財団がドミニオン投票システムに関与したことは一度もない。当社の運営に関与したことは一度もない。現在、協力していないことを確認できる」と述べています。

ワシントンポスト紙の主張

ワシントンポスト紙の報道によると、ドミニオンは2014年に25,001ドルから50,000ドルをクリントン財団に寄付しました。

しかし、そのロビイストは、共和党上院多数党首のミッチマコーネルにも寄付しました。

他のソーシャルメディアの探偵は、会社とペロシの間のつながりの証拠として、ロビー活動チームの一部として、ドミニオンがペロシの元参謀長であるナディーム・エルシャミを雇ったことを指摘してます。

EmeraldRobinsonのツイート

保守的なケーブルネットワークNewsmaxのレポーターである、EmeraldRobinsonからのツイートを読んでみたらどうでしょう。

「Bidenへの投票数を増やすために【グリッチ】するすべての投票機を備えた会社の名前は何ですか?DominionVotingSystemsと」

「彼らのDCロビイストは誰ですか?ナンシーペロシの補佐官ですか?」

公開によると、エルシャミはドミニオンを代表するロビー活動チームの一員であることは事実ですね。

しかし、そのチームには、元下院議長のジョン・ベーナーや元副大統領のディック・チェイニーなどの共和党員を過去の上司に数えているブライアン・ワイルドも含まれています。

補佐官・ジャレッド・トーマス

共和党のジョージア州知事ブライアン・ケンプの長年の補佐官であるジャレッド・トーマスも、ドミニオンにロビー活動を行ったのです。

今週出回っているソーシャルメディアの投稿の3番目のカテゴリは、彼女の夫である投資銀行家のリチャード・ブルームが会社の60%の株式を保有していると主張して、ファインスタインとドミニオンを結びつけようとしました。

「民主党上院議員のダイアン・ファインスタインの夫であるリチャード・ブルームが、なぜAvid Technologies(私たちの選挙に投票機を提供する)を所有しているのか教えてもらえますか?」

60,000回近く閲覧された、Instagramの投稿を読んでみて下さい。

実際、Avid Technologyは、Dominionやその他の会社に選挙ソフトウェアを提供していません。

また、Blumの会社は現在その株式を所有していません。

「過去24時間にTwitterで発生した誤解を公式に修正するために、Avid Technology、Incは、投票カウント用のソフトウェアを開発していないと断言しています」

とAVIDは土曜日のTwitterの声明で述べています。

「さらに、ブルームキャピタルは当社への投資家でしたが、現在は持ち株を持っていません。」

Dominionの財務情報は開示しない

Dominionは、これらの主張に対するコメントの要求に応じませんでした。

株式非公開であり、財務情報は開示していません。

しかし、下院管理委員会の要請に応えた4月の書簡で、ドミニオンCEOのジョンプーロスは、ドミニオンはニューヨークを拠点とするプライベートエクイティファームのステープルストリートキャピタルが75.2%所有しており、カナダ市民である彼は12%を所有していると述べてますね。

他の投資家は、5%以上の株式を所有していないと彼は言ったのです。

ステープルストリートキャピタルは、この話のメールや電話を返しませんでした。

先週の土曜日に、国土安全保障省のサイバーセキュリティおよびインフラストラクチャセキュリティエージェンシーのディレクターであるクリスクレブスは、マイナーな開票の問題が詐欺を示しているという根拠のない主張を広めるのをやめるようにアメリカ人に促したのです。

「#disinfo」を見て、いくつかの孤立した投票日の問題は、いくつかの不正な選挙ハッキングと投票操作操作に関連しているとクレブスはツイッターに投稿したのです。

「それに夢中にならないで、共有する前によく考えてください!」

このように投稿されてました。

トランプは選挙に敗れた後DominionVotingSystemsについて根拠のない主張を広める

トランプ大統領と選挙人代理人は、証拠なしに、主要な戦場の州で広範囲にわたる不正投票が発生し、ジョー・バイデン大統領に選挙人団の投票を与えて、米国の第46代大統領になると主張したのです。

【CISA】連邦サイバーセキュリティ&インフラストラクチャセキュリティエージェンシー

連邦サイバーセキュリティ&インフラストラクチャセキュリティエージェンシー(CISA)が、木曜日に投稿した声明は、

「投票システムが投票を削除または失った、投票を変更した、あるいは何らかの形で侵害されたという証拠はない」

と述べたのです 。

270万のトランプの票を削除した

それにもかかわらず、大統領は木曜日に、ドミニオンが「データ分析」を引用して、「全国で270万のトランプの票を削除した」というプロトランプワンアメリカニュースネットワークからの根拠のない話をツイートしたのです。

Twitterによってフラグが立てられた投稿は、OANNのパーソナリティであるシャネルリオンにタグを付けました。

シャネルリオン

シャネルリオンは、週の初めに、システムの「グリッチ」が、バイデン氏を歴史的な共和党の郡で最初にリードさせたという根拠のない主張を増幅しました。

ミシガン州務長官は、それは人為的ミスであり、すぐに修正されたと述べたのです。

根拠のないOANNレポート

根拠のないOANNレポートには、トランプ氏の個人弁護士であるルディ・ジュリアーニからのコメントが含まれていました。

エラーが、広範囲に及んだという証拠なしに主張しました。

「ドミニオンと呼ばれるソフトウェアシステムの完全な故障があり、アントリム郡でバイデンが選挙の夜に勝利したが、ソフトウェアが機能せず、投票が覆されたことがわかった」

と、ジュリアーニ氏は、火曜日にOANNに伝えたのです。

国務長官

国務長官は、ドミニオンの投票機、または集計機が紙の投票用紙をスキャンし、それが郡書記によって非公式の結果として報告されると言いました。

アントリムの店員が不正確合計で、その結果、マシンの合計を組み合わせた更新ソフトウェアに障害が発生したのです。

しかし、放置されタビュレータと投票用紙自体から正しいカウント遊説、すべての有効な票を確保し、プロセスがカウントされています。

SOS事務所

SOSの事務所によれば、

「報告された非公式の結果の誤りにすぐに気づかなかったとしても、それは郡の選挙運動中に特定されたであろう」

「2人の民主党員と2人の共和党員が各集計者は、報告された投票総数が正しいことを確認します。」

「他の非公式の結果報告エラーと同様に、これは正直な間違いであり、実際の投票総数には影響しませんでした」

「選挙係は非常に一生懸命働き、誠実に仕事をします」

「彼らは人間であり、時には間違いを犯します」

とSOS声明は述べています。

しかし、間違いを見つけて修正できるようにするための多くのチェックとバランスがあります。

ドミニオンのスポークスパーソン

ドミニオンのスポークスパーソンは、CBSニュースに提供された声明の中で、

「当社の投票システムに関する投票の切り替えやソフトウェアの問題に関する申し立てを断固として否定している」

「当社のシステムは引き続き確実かつ正確に投票をカウントしており、州および地方の選挙当局は公にプロセスの完全性を確認している」

とも述べてます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました