【大気汚染の影響】世界で毎年300万人以上が亡くなっています

大気汚染
PEKIN, CHINA - FEBRUARY 14: Air pollution in many mainland cities remains serious after high index measures recorded due to the fireworks on the Lantern Festival celebrations in the capital Pekin, China on February 14, 2014. (Photo by Ali Ihsan Cam/Anadolu Agency/Getty Images)

新しい研究によると、屋外で呼吸する空気はこれまで以上に健康を損ないます。

mojalaki
mojalaki

黄砂やpm2.5などもそうです

世界保健機関によると、大気汚染への長期の暴露により、世界中で毎年300万人以上が早死しています。

2050年までに、世界中で毎年660万人が早死にしてしまうかもしれません。

WHOによれば、大気汚染粒子への慢性暴露は、心血管疾患および呼吸器疾患、ならびに肺癌の発症に寄与しています。

ジャーナルNatureに掲載されたこの研究では、1人当たりの死亡者数が最も多く、西太平洋地域で発生し、それに続いて東地中海および東南アジアが発生しました。

スポンサーリンク

さまざまな分野の大気汚染

主要な汚染物質(エアロゾル)には、オゾンと、時間が経つにつれて人間の健康を圧倒する有毒化学物質の小さな粒子が含まれます。

調理や暖房のために家でWoodが燃えていることは、他のどの原因よりもこの問題の原因となっており、世界中の早死の約3分の1(31%)を占め、アジアの早死の主な原因です。

国の大気汚染データとWHOの健康統計を組み合わせることにより、研究者は、大気汚染のさまざまな原因が早死に及ぼす影響を測定することができました。

農業排出は、米国東部、ヨーロッパ、ロシア、トルコ、日本、韓国での大気汚染による早死の主な原因であり、続いて車両排出と発電が行われました。

中東、北アフリカ、中央アジアでは、砂漠の粉塵などの大気汚染の自然発生源が早死に寄与しました。

この特定の汚染物質排出源を調べることは、この研究の重要な側面でした。

研究者は、大気汚染はさまざまなレベルの毒性を持つ粒子で、構成されていると考えています。

研究者は、政策立案者が公衆衛生を改善するために、その地域の大気汚染に注意しなければならないことを強調しています。

実際、別の研究では、大気汚染粒子の量のわずかな増加でさえいけません。

米国の全体的な死の、3%増加と予測される心臓病による死の、10%増加に関連していることがわかりました。

私たちが呼吸するこれらの小さな化学粒子は、体の免疫系に侵入し、肺と循環器系の奥深くまで浸透します。

スポンサーリンク

自閉症を引き起こす大気汚染

自閉症の最も深い謎を解き明かす新しいハーバード大学の研究によると、妊娠中の女性は、車や煙突から雲を吸い込むことで、自閉症の子供を持つリスクをほぼ倍にすることができます。

公開されたこの研究結果は、大気汚染と自閉症との関連についての、以前の科学的発見を補強しています。

そして、発電所、火事、自動車から放出された高レベルの小さな浮遊粒子を呼吸すると、妊娠後期の女性はより脆弱になりやすいことを示す新しい洞察を提供します。

露出が高いほど、リスクは大きくなります。

ハーバードのチームは、1989年以降の監視に同意した116,000人を超える、米国の看護師のグループである看護師の健康研究IIの研究に参加している妊婦に焦点を当てました。

米国環境保護庁によって記録されたこれらの、地域の妊娠および大気汚染データです。

これらの母親の中で、自閉症(ASD)と診断された245人の子供が特定されました。

ブロンクス出身のカルメン・サンチェス(33歳)にとって、この研究は、5歳のときに大気汚染がジェイコブの「軽度の」自閉症に関与していたという疑いを強めただけです。

妊娠中、サンチェスはサウスブロンクスに住んでいました。

彼女の家の隣の建物は、最終的に取り壊される前に大量のすすと煙を放出しました。

「私たちはブロンクスで最も大きな高速道路の近くに住んでいました。窓から車を簡単に見ることができました。そして、私の第3四半期に起こった最大のことの1つは、隣のアパートでの火災でした。このすすの多くが私たちのアパートにやって来ました。」

サンチェス

「食べ物であろうと実際の空気の質であろうと、常に(診断に関連する)環境的なものがあると感じていました。私はいつもそう感じていました。ある意味では、この研究は、自閉症の問題を解決することに近づくにつれて、私に平和を与えてくれます。特定のものを食べないようにすることができます。しかし、大気汚染は大きな問題です。特定の地域に住むことをどのように回避できますか?」

サンチェス

ハーバード大学の調査結果は、自閉症と大気汚染との関連で最初ではありません。

しかし研究は、これまでの最強の研究の中でランクマイケルRosanoff、擁護団体のための公衆衛生研究のディレクターは言ってます。

「大気汚染にさらされるすべての母親には、自閉症の子供はいません」とロザノフは言いました。

「自閉症が複雑であることを知っています。私たちは、環境曝露と組み合わせた生物学が子供たちに自閉症を引き起こす可能性があることを知っています。」

ただし、大気汚染はリスクを2回増加させるようです。

車、トラック、および産業排出ガスからの微粒子の吸入は、肺の奥深くまで浸透する可能性があります。

研究者たちは、自閉症のリスクを高める上での環境の役割を実証する証拠に近いところにいると言います。

スポンサーリンク

大気汚染は心臓発作のリスクを高めます

大気汚染は心臓発作のリスクを高めます

浮遊粒子への長期暴露は、心臓発作のリスクの増加に関連しています。

さらに、この接続はヨーロッパのセキュリティ制限内でも見られます。

これらは、英国医学雑誌に発表された人口調査において、ヘルムホルツツェントラムミュンヘンの科学者が率いるヨーロッパの研究チームの結果です。

ESCAPE研究では、大気汚染が健康に及ぼす影響を調査しています。

フィンランド・スウェーデン・デンマーク・イタリア・ドイツの11の参加人口グループが、大気汚染と冠動脈イベントの頻度との関係を明らかにしました。

結果は、居住地の近くに粒子が集中すると、急性心臓発作のリスクが高まることを示しています。

大気汚染は心臓発作のリスクを高めます

Helmholtz ZentrumMünchenの疫学研究所II(EPI II)のAnnette Peters教授とKathrin Wolf博士が率いる科学者は、100,000人以上の参加者からのデータを評価しました。

登録時に、すべての研究参加者は心血管疾患がありませんでした。

参加者は平均11.5年間冠動脈イベントを追跡されました。

イベントの頻度は、直径10ミクロン未満の浮遊粒子(PM10)と2.5ミクロン未満の吸入粒子(PM2.5)、および滞留位置の窒素酸化物(NOx)の濃度と比較されました。

研究中に、合計5,157人が心臓発作または不安定狭心症を患いました。

直径2.5 µmの粒子と大気中の10 µg /m³10 µmの年間濃度が1立方メートルあたり5マイクログラム(µg /m³)増加すると、それぞれ心臓発作のリスクが13%および12%増加しました。

そして、研究者によると、PM2.5では25 µg / m3、PM10では40 µg / m3という欧州の安全限界内でもリスクは高いままでした。

「この結果は、粒子への曝露が健康上のリスクをもたらし、以前考えられていたよりもさらに大きなリスクをもたらすことを示しています」と、この研究の筆頭著者であるピーターズ教授は述ベてます。

現在のレベルを下回る曝露レベルでの、健康への悪影響は特に心配です。

したがって、この研究ではこれらの制限を減らすことを求めています。

スポンサーリンク

世界のほとんどの都市で高レベルの大気汚染

世界保健機関(WHO)は、世界中の多くの都市の大気汚染がガイドラインに、違反していると報告しています。

91か国の1,600の都市での彼の研究は、ほぼ、都市部の人々の 90%が、安全と見なされるレベルを満たしていない空気を呼吸していることを示しました。

WHOは、世界の都市人口の約半数が、提案されているよりも少なくとも2.5倍汚染される可能性が高いと報告しています。

アジアでは大気の質が悪く、南アメリカとアフリカがそれに続きました。

汚染された空気は、今日、多くの都市の中心部をその地平線が見えないところにまで巻いています。

WHOの家族、子供、および女性の健康の事務局長であるフラビアバストレオ博士は言いました。

この空気を吸うことは危険であることは、驚くことではありません。

健康被害

現在と呼ばれる汚染粒子の濃度に基づいて、空気の質の安全なレベルを提供して粒子状物質(PM)、および空気インチ

PM2.5と呼ばれる微粒子レベルは、1年間平均で1立方メートルあたり10マイクログラムを超えないこと、PM10と呼ばれるわずかに大きい汚染物質が1立方メートルあたり20マイクログラムを超えないことを推奨します。

平均して測定します。

しかし、大気質測定では、多くの地域がこれらのレベルを超えていることが示されています。

アジアの一部の都市は、非常に高いレベルの汚染を抱えています。

パキスタンのペシャーワルでの測定では、2010年の2か月間でPM10レベルで1立方メートルあたり540マイクログラムを記録しましたが、インドのデリーでの測定では、PM2.5は1立方メートルあたり153マイクログラムでした。

ブラジルのリオデジャネイロなどの南アメリカの都市でも、高レベルの汚染が発生しました。

しかし、WHOは、特に悪いアフリカの都市からのデータがまだ不足していると強調しています。

大気の質が低下していることが、ますます懸念されています。

最新の数字は、2012年の大気汚染の結果、世界中の700万人が死亡したことを示しています。

これらの死の370万人は、外部の大気汚染が原因であると推定されています。

WHOの報告書は、大気汚染の健康リスクを強調してます。

大気の質の悪さは、心臓病、呼吸器系の問題、およびがんに関連しています。

「ボトルに入った新鮮な空気を買うことはできませんが、都市は空気をきれいにして命を救うために適切な措置を講じることができます」
とWHOのカルロス・ドラ博士は語りました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました