激しいセックスはうつ病などに良いと言われる7つの理由

スポンサーリンク
スポンサーリンク
モッピー!お金がたまるポイントサイト
Sex

健康と健康、どちらも最古のスポーツ、セックスに隠されているのです。

私たちはそれを言っているのではなく、新しい証拠がそれを明らかにしています。

それは自然な抗不安薬です

カリフォルニア大学のウェストレイクビレッジの研究によると、頻繁なセックスはストレスを軽減します。

特定の研究では、刺激段階で放出されるホルモンがストレスと戦うのに役立つことが示されています。

したがって、活発な性生活を維持している人々は、不安の割合が著しく低い結果が出てます。

最高の抗うつ薬です

楽観主義も、セックスによるものです。

ミシガン大学の研究によると、性的に活発な人は、激しい性生活をしていない人よりもうつ病の発症率が低いです。

研究では、性交中に観察される神経化学的変化が、私たちの心理に影響を与えることが示されています。

心に良いことをする

ブリストル大学によると、心臓発作を避けるには週に3回セックスをするのが最善です。

他の研究では、性的に活発な人は心臓障害を起こしにくいことが示されています。

専門家によると、セックスは循環に良い影響を与え、心筋を鍛える優れた有酸素運動です。

それは長寿を与えます

カリフォルニア大学の研究によると、頻繁にセックスをして楽しんでいる人は、10年も寿命を延ばすことができると言ってます。

それは私たちを形に保ちます

スコットランドのエジンバラ王立病院によると、体系的にセックスをしている人は4〜7歳若く見られるのです。

セックスは私たちの体を警戒する、非常に良いエクササイズです。

より魅力的になりたいと思うので、外見に興味を持ちます。

寝るのに役立ちます

ニュージャージー州のラトガース大学の研究によると、定期的なセックスは質の高い睡眠の改善に役立ちます。

特に、セロトニンレベルはオルガスム後に増加することがわかっています。

このホルモンが私たちを幸せでリラックスした気分にさせ、私たちの睡眠を楽にします。

それは私たちの体の防御を強化します

ウィルクス大学の研究によると、少なくとも週に2回セックスをしているカップルは、病気に対する防御力が30%向上しています。

乳がんや前立腺がんなどの、主要な病気でも良いと言われてます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました