Google広告とは何か?その利点を知る必要性

Google

最も広く使用されているデジタルマーケティングプラットフォームの1つは、Google広告です。

この記事では、Google広告とは何なのか?

そして、Google広告が企業のデジタルマーケティングを支援する上で、何を果たしているかについて説明します。

Google広告とは何ですか?

Google Adsは、広告を投稿できるGoogleが提供するプラットフォームです。

以前は、Google広告はGoogleアドワーズとしてよく知られていましたね。

しかし、Googleは2018年7月24日から「Google広告」に変更されました。

Google 広告

Googleで閲覧しているときに、「広告」または「広告」という単語でマークされた検索結果が表示されることがあります。

Googleが提供する広告サービスです。

検索エンジンとは別に、Googleディスプレイネットワークに含まれているサイトにGoogle広告を見つけることもできます。

Google広告の履歴はどのように表示されますか?

Google Adsは、2003年2月にPyra Labsを買収した後に誕生しました。

数日後、GoogleのCEOはAdSenseと呼ばれる広告サービスを開始しました。

Google広告のパフォーマンスを向上させるために、GoogleはAppliedSemanticsが所有するテクノロジーを買収しました。

当初、Google広告は英語とヨーロッパの言語でのみ利用可能でした。

また、一部の国でのみアクセス可能です。

その中には、タイ、東アジア、中東、およびヨーロッパの国々があります。

Google広告のバージョンが改善され、世界中のさまざまな言語で、ほぼすべての国からアクセスできるようになりました。

Google広告広告はどこにでも表示できますか?

Google Ads広告を表示できる場所について説明する前に、まずGoogleAdsが表示する広告の種類について説明しましょう。

Google広告は、動画、画像、またはテキストの形式で広告を表示します。

このサービスは、ブラウザのキャッシュを利用して機能します。

これは、ユーザーの存在に応じて、どのような広告であるかを見つけることを目的としています。

たとえば、ブラウザで食べ物の種類を検索した場合、表示される広告のほとんどは近くのレストランなどです。

では、Google広告はどこに表示されますか?

広告はすべてのウェブサイトと、さまざまな場所に表示されます。

また、適用される広告設定によっても異なります。

作成される広告の種類、広告を表示するユーザー、その他のターゲットなど。

最初に行うことは、広告が表示されるフレーズまたはキーワードを選択することです。

その後、これらの広告はすべてのユーザーのデバイスに表示されます。

Android、ラップトップ、iPhone、その他・・・・

さらに、Googleが立ち上げた特別なアプリケーションにGoogleサービス、Googleパートナーにアクセスすると、広告も表示されます。

それらのいくつかは、Blogger、Gmail、YouTube、GoogleFinanceなどです。

Google広告のメリット

デジタルマーケティングを行うための媒体として、Google広告には多くの利点があります。

Google広告を使用した場合に、得られるメリットの一部を次に示します。

リーチ

ここでリーチとは、広告ターゲットに関連しています。

前のポイントと同様に、Google広告の広告は、場所、ユーザーの関心、性別、年齢などに基づいて編成および計算されます。

これは、地域内のユーザーがアクセスする広告の数を見積もることを目的としています。

予算

Google広告サービスを使用するために、必要な予算はいくらですか?

実際、Google広告自体は、ブランディングキャンペーンの1日の予算を自由に設定できます。

この予算は、1日の1か月間に費やされた平均金額です。

毎日の使用方法は異なりますが、それ以上請求されることはありません。

1日の予算額と、1日に費やす金額を自由に選択できます。

どのように計算しますか?

1か月の予算を計算し、それを各月の日数で割ってみてください。

効果

Google広告の次の利点は、サービスの有効性です。

Google Adsは、SEO(検索エンジン最適化)とSEM(検索エンジンマシン)を使用してサービスを最適化します。

どちらも、検索エンジンでのWebページのランキングに影響します。

2つの違いは、支払いシステムにあります。

SEOが「フリーモード」に基づいている場合、SEMは、少額の予算またはいわゆる有料検索によって、多くの時間を費やすことなく、より多くの施設が必要な人向けです。

有料検索サービスを利用できるようにするには、ランディングページのテスト、ウェブサイトが「スクロールせずに見える範囲」のカテゴリにあること、新しいキーワードの検索など、従う必要のあるいくつかの手順があります。

リマーケティング

リマーケティングまたはリマーケティングは、以前にマーケティングプラットフォームでやり取りしたことがある人に連絡するために適用できる方法です。

これにより、オーディエンスがGoogleサイトなどでインターネットをサーフィンしているときに、オーディエンスに簡単にアクセスできるようになります。

したがって、これは視聴者に製品を購入するか、ブランド認知度を高めることを思い出させます。

これらのアクティビティは、製品またはブランドを自動的に宣伝し、登録を増やし、次のような他の多くの利点を得ることができます。

利点
  • 以前の顧客とのつながりによる最大の目標達成
  • オーディエンスとの強いコミュニケーションを伴う広告に焦点を合わせます
  • グーグルまたはそのパートナーからアクセスを得ることによる幅広いリーチ
  • リアルタイムビッダーによる価格効率
  • ギャラリーの再配置によるデジタルキャンペーンの容易さ
  • 広告スポット、費用、キャンペーンのパフォーマンスに関する完全なレポートを提供するキャンペーン統計

では、どのようにリマーケティングを行いますか?

そこで以下の点を理解すれば、リマーケティングは簡単に行えます。

リマーケティング
  • 標準リマーケティングは、顧客が以前に閲覧したディスプレイネットワークまたはサイトを閲覧するときに広告を表示するリマーケティングです
  • 動的リマーケティング、つまり、以前に製品を見たことがある人をレビューするオプションを提供することにより、リマーケティングを最適化します
  • ビデオリマーケティングは、製品ビデオを直接操作した人に広告を表示するリマーケティングです
  • 「カスタマーマッチ」サービスを利用したカスタマーリストのリマーケティング。このサービスにより、顧客が提供した連絡先のリストを簡単にアップロードできます
  • 以前の訪問者が必要としていたものをフォローアップするために広告を表示することによる検索広告のリマーケティング

Google広告の資金調達タイプ

Google広告の資金調達タイプは3つあります。

クリック課金制

PPCは、キャンペーンで発生したクリック数に応じてのみ支払う広告融資方法です。

他の人が、あなたの広告を見るだけで何もクリックしない場合、あなたは請求さ​​れません。

この広告方法は、予算が大きすぎない効果的な広告を作成するのに役立ちます。

1000人|インプレッションごとに支払う

このタイプの広告の費用は、広告を見た1000人ごとに計算されます。

企業の意識を高める目的に適しています。

コンバージョンごとの支払い

Pay Per Conversionを使用すると、広告の目標または目的が達成された場合にのみ料金が発生します。

目標は、会員登録または販売の形をとることができます。

結論

Google広告は、デジタルマーケティングをより簡単かつ、強力にすることを目的としています。

1つの広告サービスで、どこでも、どのデバイスでも広告を表示できます。

さらに、広い広告カバレッジ、自己定義の予算、マーケティング効果、以前の会社のWeb訪問者に到達できるリマーケティングなど、さまざまな利点があります。

コメント