SEOの要素アルゴリズム210項目の重要なポイント(2020)

Google

Googleがアルゴリズムで200を超えるランキング係数を使用してる事は、既に知ってるかもしれません。

面倒くさいですね、200以上の要素とは一体何なのでしょか?

要約すると、2020年におけるGoogleの最も重要なランキング要素の事です。

結論から言うと重要なのは、この8つです。

  • 参照ドメイン
  • オーガニッククリック率
  • ドメイン権限
  • モバイルの使いやすさ
  • 滞留時間
  • バックリンクの総数
  • コンテンツの品質
  • オンページSEO

他に沢山あって、私が完全なリストに、まとめたので読んでみて下さい。

そして、いくつかは物議があるかもしれませんが、証明もされてます。

つい最近ですが、他のブログを読んでも分かりにくいので、私が簡潔に分かりやすく、210項目のリストを2020年用に更新しました。

Contents

ドメイン要因

1.ドメイン年齢

Googleのマットカッツが、次のように述べてます。

6か月前のドメインと1年前のドメインの違いは、実際にはそれほど大きくありません

マットカッツ

つまり、ドメインエイジを使用するのです。

それほど重要って事ではないのですね。

2.トップレベルドメインにキーワードを表示させる

ドメイン名にキーワードが含まれていても、以前のようにSEOは向上しません。

しかし、関連性のシグナルとして機能します。

3.ドメインの最初の単語とするキーワード

ターゲットキーワードで始まるドメインは、ドメインにそのキーワードが無く、又はドメインの中央・末尾にキーワードがあるサイトよりも優位になります。

4.ドメイン登録の長さ

ワンポイント
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: google-logo-square.png

価値のあるドメインは数年前に支払われる事が多いのに対し、不当なドメインは1年以上使用される事はめったにありません。
ドメインの有効期限が将来キレる日付はドメインの正当性を予測する要素として使用できます。

5.サブドメインのキーワード

キーワードがサブドメインに表示されます

サブドメインに出現するキーワードがランキングを上げる事に同意してますね。

6.ドメインの履歴

所有権・所有者が変わったり、いくつかのドロップがあるサイトは、ドメインへのリンクを無効にしてサイトの履歴を「リセット」するようにGoogleに指示する場合があります。

場合のよっては、ペナルティが課されたドメインがペナルティを、新しい所有者に引き継がせてしまう事もあります。

7.完全一致なドメイン

完全一致なドメインでも、わずかに有利な場合があります。

ただ、EMDが低品質サイトである場合EMD更新に対して脆弱なのです。

8.公開・プライベートのWhois情報

プライベートのWhois情報は「何か隠す」事を示してる場合があります。

マットカッツ氏は次のように述べてます。

Whoisを確認したところ、全員が「Whoisプライバシー保護サービス」を利用してた。それは珍しい事です。Whoisのプライバシーを有効にする事は自動的に悪い事ではありませんが、これらのヨウ素のいくつかを全てまとめると、サイトが1つだけの仲間とは非常に事なるタイプのウェブマスターについて話している事になります

マットカッツ

9.所有者を罰する

Googleが特定の人物をスパマーとして特定した場合、その人物が主有する他のサイトを精査する事は理にかなっているのです。

10.countryTLD拡張

国コードトップレベルドメイン

  • .cn
  • .pt
  • .ca

国TLDを使用すると、特定の国のサイトのランク付けに役立ちますが、サイトをグローバルにランク付けする機能が制限される可能性があるのです。

mojalaki
mojalaki

私の複数サイトも全て「com」です

ページレベルの要素

11.タイトルタグのキーワード

以前ほど需要ではありません。

タイトルタグは、重要なオンページSEOにシグナルを送ってます。

12.キーワードで始まるタイトルタグ

キーワードで始まるタイトルタグは、キーワードの終わりに近いキーワードを持つタイトルタグよりも「パフォーマンスが高い」傾向にありますね。

13.説明タグのキーワード

現在Googleでは、メタ説明タグを直接のランキング信号として使用してません。

ただし、説明タグはクリック率に影響を与える可能性があります。

mojalaki
mojalaki

だから主要なランキング要素の1つです。

14.キーワードがH1タグに表示される

H1タグは「2番目のタイトルタグ」です。

相関関係調査の結果ですが、Googleはタイトルタグと共に、H1タグを2次関連性信号として使用してるのです。

15.TF-IDF

ドキュメントに特定の単語が、どれくらいの頻度で出現するかと言う空想的な言い方なのです。

その単語がページに表示される頻度が高いほどページがその単語に関連してる可能性が高くなるのです。

mojalaki
mojalaki

Googleは、おそらくTF=IDFの洗練されたバージョンを使用してます

16.コンテンツの長さ

単語数が多いコンテンツは、幅が広くなる可能性があります。

短い表層的な記事と比較して、アルゴリズムでは望ましい可能性があります。

実際に、ある業界のランキング要因の調査では、「コンテンツの長さがSERPの位置と相関している」事が分かってるのです。

17.目次

リンクされた目次を使用すると、Googleがページのコンテンツをよりよく理解するのに役立ちます。

また、サイトリンクが発生する可能性がありますね。

目次

18.キーワードの密度

以前ほど重要ではありません。

Googleは、それを使用してWEBページのトピックを決定する場合があります。

19.コンテンツ内の潜在的意味牽引付けキーワード(LSI)

LSIキーワードは、検索エンジンが複数の意味を持つ単語から、意味を抽出するのに役立ちます。

LSIの有無も、おそらくコンテンツ品質の信号として機能してます。

20.タイトル・説明タグ内のLSIキーワード

WEBページコンテンツと同様、ページメタタグ内のLSIキーワードは、おそらくGoogleが複数の潜在的な意味を持つ単語を区別するのに役に立ってて、関連性信号としても機能してますね。

21.ページのトピックを深くカバーする

既知の相関トピックカバレッジと、Googleのランキングの深さはあるのです。

なので、全ての角度をカバーするページには、エッジがある可能性があります。

22.HTMLによるページの読み込み速度

ランキング要素として「ページ速度」を使用してます。

  • Google
  • Bing

これらの検索エンジンスパイダーは、ページのHTMLコードに基づいて、サイトの速さをかなり正確に測定できるのです。

23.Chromeを介したページの読み込み速度

GoogleもChromeのユーザーデータを使用して、ページの読み込み速度を適切に処理してます。

そうすれば、ページが実際にユーザーに読みこまれる速度を測定できますね。

24.AMPの使用

直接のGoogleのランキング要素です。

AMPは中ランクの要素です。

Googleニュースカルーセルのモバイル版です。

25.エンティティの一致

ページのコンテンツはユーザーが検索してる「エンティティ」と一致してるでしょうか??

もしそうなら、そのページは、そのキーワードのランキングブーストを得るかもしれませんね。

26.Google Hummingbird

アルゴリズムの変動によりGoogleはキーワード枠を超えました。

Hummingbirdのおかげで、GoogleはWEBページのトピックを、よりよく理解できるようになりました。

27.コンテンツの重複

同じサイトの同一コンテンツは、サイトの検索エンジンの可視性に悪影響を及ぼす可能性があります。

mojalaki
mojalaki

わずかに変更されてても駄目みたいです

28.Rel = Canonical

時に、適切に使用されるのです。

重複コンテンツの使用でサイトがペナルティから防ぐ事です。

29.画像の最適化

画像は、ファイル名・代替テキスト・タイトル・説明・キャプションを通じて検索エンジンに「重要な関連性のシグナル」を送信するのです。

30.コンテンツの最新性(更新)

特に時間に敏感な検索に対して、最近公開又は更新されたコンテンツが優先されます。

この要素の重要性を強調し、Googleは特定のページの最終更新日を表示されます。

31.コンテンツ更新の大きさ

編集を更新の重要性も鮮明の要因として役立ちます。

セクション全体を追加または削除する事は、数語の順序を切り替えたり、タイプミスを修正したりするよりも重要です。

32.過去のページの更新

ページの更新の頻度も、Google検索結果順位に影響します。

サイトのページは時間の経過とともに、どのくらいの頻度で更新してますか?

  • 毎日
  • 毎週
  • 1年

時間の経過とともに情報は古くなってきます。

新しい情報に「追記」などを記して塗り替えていきましょう。

33.キーワードの「目立ち度」

キーワードをページコンテンツの最初の100ワードに表示する事は、最初のページのGoogleランキングに関連付けられてます。

34. H2・H3タグのキーワード

キーワードをH2・H3形式の小見出しとして表示する事は、別の関連性の弱いシグナルとなる場合があります。

Googleが次のように述べてます。

HTMLのこれらの見出しタグは、ページの構造を理解するのに役立ちます

Google

35.アウトバウンドリンクの品質

多くのSEOは、当局のサイトにリンクアウトする事で、信頼の信号をGoogleに送信できると考えてます。

これは最近の業界調査によって裏付けられてます。

36.アウトバウンドリンクのテーマ

HillopアルゴリズムによるとGoogleはリンク先のページのコンテンツを関連性のシグナルとして使用する場合があります。

ワンポイント

映画関連のページにリンクする自動車に関するページがある場合、これはページが自動車ではなく映画「自動車」に関するものである事をGoogleに通知する場合があります。

37.文法とつづり

適切な「文法とつづり」は良質な合図ですが、これが重要であるかどうかは、Googleのカッツ氏が数年前にメッセージを出してますね。

38.シンジケートコンテンツ

ページのコンテンツはオリジナリティーが出てますか?

インデックス化されたページからスクレイピング・コピーした場合は、「ランク付けされないか・インデックス化されない」可能性があります。

39.モバイルフレンドリーアップデート

「Mobilegeddon」と呼ばれる事が多いアップデートは、モバイルデバイス向けに適切に最適化されたページに報酬を与えますね。

40.モバイルのユーザビリティ

モバイルユーザーが簡単に使用できるWEBサイトは、Googleの「モバイルファーストインデックス」で優位に立つ可能性があります。

41.モバイルの「非表示」コンテンツ

モバイルデバイスの非表示コンテンツは、完全に表示されているコンテンツと比較して、インデックス登録されない可能性があります。

しかし最近、Googleは非表示コンテンツは問題ないと述べてます。

そして「それが重要なコンテンツであるなら、それは目に見えるべきである」とも述べていました。

42.補足コンテンツ

現在公開されているGoogle評価者ガイドラインドキュメントによると、役立つ補足コンテンツはページの品質の指標です。

ワンポイント

例として

  • 通過コンバーター
  • ローン金利計算
  • インタラクティブ

43.タブの後ろに隠されてるコンテンツ

ユーザーは、ページ上のコンテンツの一部を表示するためにタブをクリックする必要がありますか??

その場合Googleは「コンテンツはインデクスに登録されない可能性がある」と述べてます。

44.アウトバウンドリンクの数

Dofollow OBLが多すぎると、PegeRankが「リーク」して、そのページのランキングが損なわれる可能性があります。

45.マルチメディア

画像・動画・その他のマルチメディア要素は、コンテンツ品質の信号として機能する場合があります。

ある業界の調査では、マルチメディアとランキングの間に相関関係がある事が分かってます。

46.ページを指す「内部リンク」の数

ページへの内部リンクの数は、サイトの他のページと比較した場合の重要性を示します。

mojalaki
mojalaki

内部リンクが多いほど重要なのです

48.リンク切れ

ページにリンク切れが多すぎると、サイトが放置されてるか放棄されてると認識される可能性があります。

Googleガイドラインでは1ホームページの品質を評価するとあったとして、壊れたリンクを使用してます。

49.リーディングレベル

Googleがウェブページのリーディングレベルを推定してる事は間違いがないのです。

Googleは、読者レベルの統計表を出してます。

しかし、その情報で何をするかは議論の余地がありますね。

基本的な読解レベルは、大衆にアピールするためにランクを上げるのに役だつという人もいます。

しかし、他の人は基本的な読解レベルを「Ezine Articles」のようなコンテンツミルに関連付けてますね。

50.アフィリエイトリンク

アフィリエイトリンク自体は、ランキングに影響を与えません。

しかし、数が多すぎる場合は、Googleのアルゴリズムが他の品質の信号に最新の注意を払い「シンアフィリエイトサイト」でない事を確認する場合があるのです。

51.HTMLエラー・W3C検証

多くのHTMLエラーまたは、ずさんなコーディングは、低品質のサイトの兆候である可能性があります。

物議か醸してる間、SEOの多くは適切にコーディングされたページが強く品質信号として使用されてると考えてるのです。

52.ドメインの権限

全てが同等であり権限の有るドメインのページは権限の少ないページよりも上位にランク付けされます。

53.ページのPageRank

完全には相関はしてません。

しかし多くの権限を持つページは、多くのリンク権限が無いページよりも上位にランクされる傾向がありますね。

54.URLの長さ

URLが長すぎると、ページの検索エンジンの可視性が損なわれる可能性があります。

実際に、いくつかの業界調査では短いURLはGoogleの検索結果で「わずかに」有利になる傾向がある事が分かってます。

55.URLパス

ホームページに近いページは、サイトのアーキテクチャの深部に埋め込まれたページと比較して、わずかに権限が強化される可能性があります。

56.編集者

まだ、確認はされたことはありません。

しかし、Googleは編集者がSERPに影響を与える事を可能にするシステムの特許を申請してますね。

57.ページのカテゴリ

ページが表示されるカテゴリは、関連性のシグナルです。

密接に関連するカテゴリの一部であるページは、関連の無いカテゴリで提出されたページと比較して、関連性が高まる可能性があります。

58.WordPressタグ

SEOを改善する唯一の方法は、コンテンツの一部を別のコンテンツのに関連付ける事、より具体的には投稿のグループに互いに関連付ける事です

Yoast.com

タグはWordPress固有の関連性信号です。

59.URLのキーワード

別の関連性シグナルですね。

Googleは「非常に小さなランキング要素」と言ってますが、それでもランキング要因には違いはありません。

60.URLの文字列

URLの文字列のカテゴリはGoogleによって読み取られて、ページの内容についての主題信号を提供してます。

61.箇条書き・番号付きリスト

箇条書き・番号付きリストは読者の為にコンテンツを分割し読みやすくします。

Googleはこれに同意してます。

mojalaki
mojalaki

Googleは「箇条書きと数字を含むコンテンツ」を好む可能性がありますね

62.参考文献と出典

研究論文のように引用文献と出典を引用することは、品質の表れかもしれません。

Google品質ガイドラインでは、特定のページを見るとき、レビューアは情報源に注意する必要があると述べてます。

「これは専門知識や信頼できる情報源が重要なトピックです」

しかし、Googleは外部リンクをランキング信号として使用することを否定しています。

63.サイトマップのページ

Sitemap.xmlファイルを介してページに与えられた優先順位はランキングに影響を与える可能性があります。

64.多すぎるアウトバウンドリンク

一部のページには道があり、リンクが多すぎてページが不明瞭になり、メインコンテンツの邪魔になっています

Google

65.他のキーワードからのUXシグナルページのランク付け

ページが他のいくつかのキーワードでランク付けされている場合、Googleに品質の内部的兆候がある可能性があります。実際、Googleの最近の「検索の仕組み」レポートには次のように記載されてます。

私たちは、多くのユーザーが同様のクエリを重視していると思われるサイトを探しています

Google

66.ページの年齢

 Googleは新しいコンテンツを好みますが、定期的に更新される古いページは新しいページよりも「パフォーマンスが優れている」場合があります。

67.ユーザーフレンドリーなレイアウト

最高品質のページのページレイアウトにより、メインコンテンツがすぐに表示されます

Google品質ガイドラインドキュメント

68.ドメインパーキング

2011年12月のGoogleのアップデートによって、ドメインパーキングの検索表示が減少してますね。

69.有用なコンテンツ

BacklinkoのリーダーのJared Carrizalesが指摘したように、Googleは「質の高いコンテンツ」と「有用なコンテンツ」を区別する場合があります。

サイトレベルの要素

70.コンテンツは価値・洞察を提供する

Googleは新しいまたは、有用なものをもたらさないサイト、特に薄いアフィリエイトサイトにペナルティを課して喜んでいると述べてますね。

71.お問い合わせページ

Google品質ドキュメントでは、「適切な量の連絡先情報」を備えたサイトを好むと述べています。

連絡先情報が「whois情報と一致している」ことを確認してください。

72.ドメインの信頼・TrustRank

多くのSEOは、「TrustRank」が非常に重要なランキング要素であると信じています。

そして、「信頼に基づく検索結果のランキング」というタイトルのGoogle特許が、これを裏付けてるようです。

73.サイトアーキテクチャ

よくまとめられたサイトアーキテクチャは、Googleがコンテンツをテーマ別に整理するのに役立ちます。

また、Googlebotがサイトのすべてのページにアクセスして、インデックスを作成するのにも役立ちます。

74.サイトの更新

多くのSEOは、Webサイトの更新(特に新しいコンテンツがサイトに追加された場合)がサイト全体の新しさの要因になると信じています。

Googleは最近、アルゴリズムに「公開頻度」を使用する事を否定してますね。

75.サイトマップの存在

サイトマップは、検索エンジンがページをより簡単かつ徹底的にインデックス化するのに役立ち、視認性が向上します。

ただし、Googleは最近「HTMLサイトマップ」はSEOに「有用」ではないと述べています。

76.サイトの稼働時間

サイトのメンテナンスや、サーバーの問題によるダウンタイムが多いと、ランキングに悪影響を与える可能性があります。

mojalaki
mojalaki

修正しないと「インデックス解除」される事もあります

77.サーバーの場所

サーバーの場所は、サイトがさまざまな地理的領域でランク付けされる場所に影響します。

地域固有の検索で特に重要です。

78.SSL証明書

Googleは「HTTPS]をランキング信号として、使用する事を確認してます。

ただしGoogleによると、HTTPSは「タイブレーカー」としてのみ機能します。

79.利用規約とプライバシーページ

これらの2つのページは、サイトがインターネットの信頼できるメンバーであることをGoogleに伝えるのに役立ちます。

また、サイトの「EAT」の改善にも役に立つのです。

  • 利用規約
  • プライバシーポリシー

80.オンサイトでメタ情報が重複してる

サイト全体でメタ情報が重複していると、ページの表示がすべて低下する可能性があります。

81.ブレッドクラムナビゲーション

これは、ユーザー(および検索エンジン)がサイトのどこにいるかを知るのに役立つ、ユーザーフレンドリーなサイトアーキテクチャのスタイルです。

Googleは次のように述べてます。

Google検索では、ウェブページの本文にパンくずマークアップを使用して、検索結果のページからの情報を分類しています

Google

82.モバイル最適化

検索の半分以上が、モバイルデバイスからと分かってます。

その為、Googleはサイトがモバイルユーザー向けに最適化される事を考えてるのです。

現在Googleは、モバイルフレンドリーでないWEBサイトにペナルティを課してます。

83.YouTube

YouTubeの動画が、SERPで優先的に扱われてる事には間違いはありません。

実際に検索エンジンは、YouTubeのトラフィックがGoogleの後、大幅に増加した事を発見してますね。

84.サイトの使いやすさ

使用や移動が難しいサイトは、サイト滞在時間、観覧ページ、直帰率を削減する事で、間接的にランキングに悪い影響を与える可能性があります。

85.Google AnalyticsとGoogle Search Consoleの使用

これらの2つのプログラムをサイトにインストールすると、ページのインデックス作成が改善されると考える人もいます。

また、Googleが処理するデータを増やすことで、ランキングに直接影響を与える可能性があります。

しかしGoogleは、これを「神話」として否定してます。

86.ユーザーレビュー・サイトの評判

Yelp.comなどのサイトに対するサイトの評判は、Googleのアルゴリズムで重要な役割を果たす可能性があります。

Googleは、あるサイトがプレスやリンクを得るために、顧客を騙し取った後にオンラインレビューを使用する方法の、稀な率直な概念さえ投稿しましたね。

バックリンク要因・要素

87.ドメインの年齢リンク

古いドメインからのバックリンクは、新しいドメインよりも強力な場合があります。

88.リンクしているルートドメインの数

100万件のGoogle検索結果に関する、この業界の調査から分かるように、参照ドメインの数はGoogleのアルゴリズムにおける最も重要なランキング要素の1つです。

89.個別のCクラスIPからのリンクの数

個別のクラスC、IPアドレスからのリンクは、リンクするサイトの幅が広いことを示唆しておりランキングに役に対ます。

90.リンクページの数

同じドメインからのリンクページの総数は、ランキングに影響を与えてしまいます。

91.バックリンクアンカーテキスト

上記で、Googleのオリジナルアルゴリズムの説明をしてます。

ワンポイント

最初に、アンカーは多くの場合ページ自体よりもWebページのより正確な説明を提供します

明らかにアンカーテキストは、以前より重要ではありません。

※最適化したら、Webスパムシグナルとして機能します。

しかし、キーワードは豊富なアンカーテキストは、少量でも強い関連性のシグナルを送信します。

Altタグ(画像リンク用)

Altテキストは画像のアンカーテキストとして機能してますね。

93. .edu・.govドメインからのリンク

Googleのカッツ氏(Matt Cutts)は、TLDはサイトの重要性を考慮に入れないと述べてます。

そしてGoogleは多くのEduリンクを「無視する」と言いました。

ただし、これは「SEOが.govおよび.eduTLDのアルゴリズム」に特別な場所があると考える事を防げるものではありません。

94.リンクページの権限

参照元であるページの権限(Pegerank)は、Googleの初期の頃から非常に重要なランキング要素であり、現在のそうなのです。

95.リンクドメインの権限

参照ドメインの権限は、リンクの値において独立した役割を果たす可能性があるのです。

96.競合他社からのリンク

同じSERPでランク付けされてる他のページからのリンクは、その特定のキーワードに対するページの、ランキングにとってより価値が有る場合があります。

97.【予測される】Webサイトからのリンク

投機的ですが、一部のSEOは業界内の一連の「予測される」サイトからのリンクされるまで、Googleは皆さんのWEBサイトを完全に信頼しないと信じてるのです。

98.評価の悪いサイトからのリンク

有名なSEO要素ですが、評価の悪いサイトからのリンクは、自分のWEBサイトに悪影響を与えます。

※又は、そうなる可能性もある。

99.ゲスト投稿のリンク

ゲストさんの投稿リンクですが、以前として「価値」はありますが、実際の編集リンク程協力でない可能性があります。

※大規模なゲスト投稿は、サイトに問題を引き起こす可能性もありますので注意が必要です。

100.広告からのリンク

Googleによると、広告からのリンクは禁止されてるのです。

しかしGoogleが広告からフォローされてるリンクを識別して除外できる可能性があります。

101.ホームページの権限

参照元ページのホームページのリンクは、サイトの評価、つまりリンクの重要性を評価する上で、特に重要な役割を果たす場合があります。

102.Nofollow Links

この要素は、SEOでもっとも物議をかもしてるトピックの1つなのです。

問題に関するGoogleの公式での発言があります。

ワンポイント

一般的に私たちはそれらを追跡しません

少なくとも特定の場合にはGoogleが、そうする事を示唆してますね。

Nofollow Linksの特定の割合がある事も、自然なリンクプロファイルと不自然なリンクプロファイルを示してる可能性があります。

103.リンクの種類の多様性

リンクの不自然な割合が単一のソース(フォーラムのプロフィール、ブログのコメントなど)からのものである場合は、ウェブスパムの兆候である可能性があります。

一方、さまざまなソースからのリンクは、自然なリンクプロファイルの兆候なのです。

104.「スポンサー付き」または「UGC」タグ

「rel=sponsored」または「rel=UGC」としてタグ付けされたリンクは、通常の「followed」またはrel=Nofollowリンクト事なる方法で処理されます。

105.コンテキストリンク

ページのコンテンツ内に埋め込まれたリンクは、空のページまたはページの他の場所にあるリンクよりも、強力であると見なされます。

106.ページへの過度の301リダイレクト

301リダイレクトからのバックリンクは、一部のPageRankを希釈してしまいます。

107.内部リンクアンカーテキスト

内部リンクアンカーテキストは、別の関連性シグナルです。

そうとは言え、内部リンクの重みは、外部サイトからのアンカーテキストよりも、はるかに少ない可能性があります。

108.リンクタイトルの帰属

リンクタイトルも、弱い関連性の信号として使用できます。

109.参照ドメインの国固有のTLD

国固有のトップレベルドメイン拡張子の事です。

  • .de
  • .cn
  • .co.uk

これらからリンクを取得すると、その国でのランク付けに役立つ場合があります。

110.コンテンツ内のリンクの場所

コンテンツの最初のリンクは、コンテンツの最後に配置されたリンクよりも僅かに重くなります。

111.ページ上のリンクの場所

ページ上のリンクが表示される場所は重要です。

一般に、ページのコンテンツに埋め込まれたリンクは、フッター・サイドバー領域のリンクよりも強力です。

112.ドメインの関連性リンク

同様のニッチなサイトからのリンクは、完全に無関係なサイトからのリンクよりも、はるかに強力です。

113.ページレベルの関連性

関連ページからのリンクも、より多くの価値をもたらします。

114.タイトルのキーワード

Googleは、タイトルにページのキーワードを含むページからのリンクに特別な恩恵を与えますね。

115.ポジティブリンク速度

ポジティブリンク速度の有るサイトは、サイトに人気がか構ってる事を示しているため、通常であればSERPが向上するのです。

116.遅いリンク速度(負のリンク速度)

負のリンク速度は、人気低下のシグナルであるため、ランキングを大幅に下げる可能性があります。

117.「ハブ」ページからのリンク

特定のトピックの、トップリソース(ハブ)と見なされるページからリンクを取得する場合は、特別な扱いをする事を提案します。

118.典拠サイトからのリンク

「典拠サイト」と見なされるサイトからのリンクは、小規模で比較的不明なサイトからのリンクよりも、多く通過する可能性があります。

119.Wikipediaとしてリンクされている出典

リンクはフォローされていませんが、Wikipediaからリンクを取得すると、検索エンジンの目には少しの信頼と権限が与えられると、多くの人が考えているのです。

120.Co-occurrence(共起)

共起とは、ある単語がある文章中に出た時、その文章中に別の限られた単語が頻繁に出現する事です。

バックリンクの周りに表示される傾向のある単語は、そのページが何であるかをGoogleに伝えっるのに役立ちます。

121.バックリンクの年齢

Googleによると、古いリンクは新しく作成されたバックリンクよりもランキングパワーが高くなっているのです。

122.実際のサイトと「スプログ」からのリンク

ブログネットワークの急増により、Googleは偽のブログよりも「実際のサイト」からのリンクに重点を置いています。

おそらく、ブランドとユーザーインタラクションのシグナルを使用して、この2つを区別します。

123.ナチュラルリンクプロファイル

「ナチュラル」なリンクプロファイルを持つサイトは、リンクを構築するために明らかにブラックハット戦略を使用しているサイトよりもランクが高いのです。

mojalaki
mojalaki

更新に対してより耐久性があります

124.相互リンク

Googleのリンクスキームページには、回避すべきリンクスキームとして「過度のリンク交換」がリストされてます。

125.ユーザー育成コンテンツリンク

Googleは実際のサイト所有者が、発行したコンテンツとUGCを識別する事ができます。

例えば、公式のWordPress.comブログからのリンクは、besttoasterreviews.wordpress.comからのリンクとは大きく異なることを知っているのです。

126. 301からのリンク

301露ダイレクトからのリンクは、直接リンクと比較して少し失ってしまうかもしれません。

しかしGoogleのMatt氏は、301は直接リンクに似てると言ってますね。

127.Schema.orgの使用

microformatsをサポートするページは、microformatsがないページより上位にランク付けされる場合があります。

これは直接ブーストであるか、マイクロフォーマットのページのSERPクリック率が、高いという事実である可能性があります。

128.リンクサイトのTrustRank

あなたにリンクしているサイトの信頼性により、「TrustRank」が、どれだけあなたに渡されるかが決まります。

129.ページ上のアウトバウンドリンクの数

mojalaki
mojalaki

PageRankは有限なのです

何百もの外部リンクを持つページ上のリンクは、少数の外部リンクを持つページよりも少ないPageRankを渡しますんね。

130.フォーラムリンク

産業レベルスパム行為の為、Googleはフォーラムからのリンクを、大幅に切り下げる場合があります。

131.リンクするコンテンツのワード数

通常、1000ワードの投稿からのリンクは、25ワードのスニペット内のリンクよりも価値があります。

132.リンクコンテンツの品質

不十分に記述または、スピンされたコンテンツからのリンクは、適切に記述されたコンテンツからのリンクほどの価値はありません。

133.サイト全体のリンク

GoogleのMatt氏は、サイト全体のリンクが単一のリンクとしてカウントされるように「圧縮」されている事を確認してます。

ユーザーインタラクション

インタラクションとは、ゆざーが特定の操作を行った時、システムがその操作に応じた反応を返すことです。

134.RankBrain

RankBrainとは、GoogleのAIアルゴリズムです。

多くの人は、その主な目的は、ユーザーが検索結果をどのように操作するかを測定することであると考えています。

※それに応じて結果をランク付けします

135.キーワードのオーガニッククリックスルー率

Googleによると、CTRでより多くクリックされたページは、その特定のキーワードのSERPブーストを受ける可能性があります。

136.すべてのキーワードのオーガニックCTR

サイトがランク付けするすべてのキーワードのサイトのオーガニックCTRは、人間ベースのユーザーインタラクションシグナルである可能性があります。

137.直帰率

SEO関係のすべての人が、直帰率の問題に同意するわけではありません。

ユーザーを品質テスターとして、使用することはGoogleの1つの良い方法かもしれません。

mojalaki
mojalaki

高い直帰率のページは、おそらくそのキーワードの優れた結果ではありません

また、SEMRUSHによる最近の調査では、直帰率とGoogleランキングとの間に相関関係が見つかってます。

138.ノーリファラー

GoogleがGoogle Chromeのデータを使用してサイトにアクセスする人数を決定してる事が確認されてます。

直接トラフィックが非常に少ないサイトよりも高品質のサイトである可能性があります。

実際に私が引用したSEMRUSHの調査では、ノーリファラーとGoogleのランキングの間に有意な相関関係がある事がぁ分かってるのです。

139.リピートトラフィック

リピーターがいるサイトでは、Googleランキングが向上する可能性があります。

140.Pogosticking

Pogostickingは特別なタイプのバウンスです。

この場合、ユーザーは他の検索結果をクリックして、自分のクエリに対する答えを見つけようとします。

Pogostickingからの結果は、ランキングが大幅に低下する可能性があります。

141.ブロックされたサイト

mojalaki
mojalaki

GoogleはChromeでこの機能を廃止してます

ただし、この機能を品質信号をして使用しましたね。

Googleは、そのバリエーションを引き継ぎ使用してる可能性があります。

142.Chromeブックマーク

GoogleはChromeのブラウザの使用状況データを収集してますね。

chromeでブックマークが付けられたページが、後押しされる可能性があります。

143.コメント数

コメントの多いページは、ユーザーインタラクションと品質の兆候である可能性があります。

実際にGoogleの関係者が、コメントはランキングに大いに影響があると述べてます。

144.滞在時間

Googleは「滞在時間」に非常に最新の注意を払ってます。

つまり、Google検索からのアクセス時間の事です。

これは、「ロングクリックvsショートクリック」とも呼ばれます。

要約すると、GoogleはGoogleの検索ユーザーがページに、滞在した時間を測定します。

費やす時間が長いほど良いのです。

Googleの特別なアルゴリズムルール

145.クリエは鮮明に値します

Googleは、新しいページに特定の検索を後押しします。

146.クエリは多様性に値します

Googleは「Ted」「WWF」「ruby」などの曖昧なキーワードのSERPに多様性を追加する場合があります。

147.ユーザーの閲覧履歴

これは気づいたと思いますが、頻繁にアクセスするWEBサイトは検索のSERPを高めるのです。

148.ユーザー検索履歴

検索チェーンは、後の検索の検索結果に影響するのです。

例えば「レビュー」を検索してから「トースター」を検索すると、GoogleはSERPでトースターレビューサイトを上位にランク付けする可能性を高めます。

149.注目スぺニット

SEMRUSHの調査によれば、Googleはコンテンツの長さ、フォーマット、ページの認証、HTTPSの使用の組み合わせに基づいて、注目のスニペットコンテンツを選択します。

150.地域ターゲティング

GoogleはローカルサーバーIPと、国固有のドメイン名拡張子を持つサイトを優先します。

151.セーフサーチ

例えば呪いの言葉・アダルトコンテンツを含む検索結果は、セーフサーチをオンにしてるユーザーには表示されません。

152.Google+サークル

Google+は間もなく無くなります。

GoogleはGoogle+サークルに追加した著者やサイトにたいして、より高い結果を表示します。

153.「YMYL]キーワード

「ユアマネーオアユアライフ」キーワードについては、Googleのコンテンツ品質基準が高くなってます。

154.DMCAの申し立て

正当なDMCAの申し立てがあるGoogleのページを「ランクダウン」するのです。

155.ドメインの多様性

所謂「ビッグフットアップデート」にやって、各SERPページにドメインが追加されたと考えられます。

156.トランザクション検索

フライト検索など、ショッピング関連のキーワードに対してGoogleが事なる結果を表示する事があるのです。

157.ローカル検索

ローカル検索の場合、Googleはローカル検索結果を「通常の」オーガニックSERPより上に配置する事がよくあります。

158.トップストーリーボックス

特定のキーワードが、トップストーリーボックスをトリガーします。

159.大きいブランドを贔屓する

Vince Update後、Googleは大きいブランドに特定のキーワードを後押しし始めたのです。

160.ショッピング結果

GoogleはオーガニックSERPで、Googleショッピングの結果を表示する事があります。

161.イースターエッグの結果

Googleには「ダース」ほどのイースターエッグの結果があります。

例えば、Googleの画像検索で「Atari Breakout」を検索すると、検索結果がプレイ可能なゲーム(!)に変わります。

163.ブランドの単一サイトの結果

ドメイン・ブランド指向のキーワードは、同じサイトから複数の結果をもたらします。

164.Payday Loans Update

これは、「非常にスパムの多いクエリ」をクリーンアップするために設計された、特別なアルゴリズムなのです。

ブランド信号

165.ブランド名のアンカーテキスト

ブランド名のアンカーテキストはシンプルですが、強いブランドシグナルです。

166.ブランド検索

人々はブランドを検索します。

ユーザーがGoogleであなたのブランドを検索した場合、これはあなたのサイトが本物のブランドであることをGoogleに示します。

167.ブランド+キーワード検索

人々はあなたのブランドと共に、特定のキーワードを検索しますか?

その場合、Googleでブランドのないバージョンのキーワードを検索すると、ランキングが上昇する可能性があります。

168.サイトに「良いね!」がある

ブランドはFacebookページに、たくさん「いいね!」があると良い傾向があります。

169.サイトにTwitterを載せてる

フォロワーの多いTwitterプロフィールは、人気のブランドであることを示しています。

170.Linkedinの公式ホームページ

ほとんどの実際の企業にはLinkedinの会社ページがあります。

171.既知の著者

2013年2月にGoogleのCEOであるエリック氏は、次のように主張してます。

GoogleのCEO

検索結果の範囲内で、確認済みのオンラインプロフィールに関連付けられた情報は、そのような確認なしのコンテンツよりも上位にランク付けされるため、ほとんどのユーザーは自然に上部の(確認済み)結果をクリックします

172.ソーシャルメディアアカウントの正当性

フォロワー数が10,000、投稿数が2のソーシャルメディアアカウントは、相互作用の多い別の10,000フォロワーの強力なアカウントとは大きく異なる解釈になる可能性があります。

実際にGoogleは、ソーシャルメディアアカウントが本物か偽物化を判断するために、特許を申請してます。

173.トップストーリーでのブランドの言及

本当に大きなブランドは、トップストーリーのサイトで常に言及されます。

実際、一部のブランドでは、最初のページに独自のWebサイトからのニュースのフィードさえあります。

174.リンクされてないブランドの言及

リンクされてないブランドは言及されるのです。

Googleは、ハイパーリンクされてないブランドの言及を、ブランドシグナルと見なしてる可能性があります。

175.レンガとモルタルの場所

実際のビジネスにはオフィスがあります。

Googleが場所データを検索して、サイトが大きなブランドであるかどうかを判断している可能性があります。

オンサイトWEBスパム要因

176.パンダペナルティ

低品質のコンテンツを含むサイトは、パンダペナルティに見舞われた後、検索結果に表示されなくなります。

177.悪い地区へのリンク

スパム薬局やペイデイローンサイトなどの「悪い地区」へのリンクは、検索の可視性を損なう可能性があります。

178.リダイレクト

卑劣なリダイレクトは、Googleでの禁止事項です。

キャッチされた場合ペナルティが課せられるだけでなく、インデックスが削除される可能性もあります。

179.ポップアップまたは「注意散漫な広告」

Googleのガイドラインでは、ポップアップと注意散漫な広告は質の低いサイトの兆候であると述べています。

180.インタースティシャルポップアップ

 Googleは、モバイルユーザーに全ページの「インタースティシャル」ポップアップを表示するサイトにペナルティを課す場合があります。

インタースティシャル

181.サイト過度な最適化

Googleは、サイトを過度に最適化した事で、ペナルティが課せられてます。

これは、キーワードの詰め込みすぎ・ヘッダータグの詰め込み・過度なキーワード装飾が含まれます。

182.意味不明なコンテンツ

Googleが「意味不明な」コンテンツを特定する方法を概説しています。

これは、スピンされたコンテンツや自動生成されたコンテンツを、インデックスから除外するのに役立ちます。

183.誘導ページ

 Googleは、Googleに表示するページを、ユーザーが最終的に表示するページにしたいと考えています。

あなたのページが人々を別のページにリダイレクトする場合、それは「ドアページ」です。

Googleは、ドアページを使用するサイトは好んでないのです。

184.スクロールせずに見える範囲の広告

スクロールせずに見える範囲の広告

「ページレイアウトアルゴリズム」は、スクロールせずに見える範囲に大量の広告がある(コンテンツが少ない)サイトにペナルティを課します。

185.アフィリエイトリンクの非表示

アフィリエイトリンクを非表示にしようとすると、特に遠くに移動・クローキングを使用したら、ペナルティが発生する可能性があります。

186.フレッド

2017年に開始された、一連のGoogleアップデートに付けられたニックネームの事です。

検索エンジンによると、フレッドは、ユーザーの支援よりも収益を重視する、価値の低いコンテンツサイトをターゲットにしています。

187.アフィリエイトサイト

Googleが、アフィリエイトの最大のファンではない事は公開されてます。

アフィリエイプログラムで収益化してるサイトは、更に細かく監視されてると考えられます。

188.自動育成されたコンテンツ

 Googleは、自動生成されたコンテンツを嫌ってますね。

サイトがコンピューター生成コンテンツを汲み上げていると彼らが疑う場合、それはペナルティ・デインデックスの原因となる可能性があります。

189.過剰のPageRankスカルプティング

すべてのアウトバウンドリンクを、nofollowingでシステムゲーミングの徴候である可能性があります。

190.スパムとしてフラグが付けられたIPアドレス

サーバーのIPアドレスにスパムのフラグが付けられてる場合、そのサーバー上の全てのサイトに影響を与える可能性があります。

191.メタタグのスパム

キーワードの詰め込みは、メタタグでも発生する可能性があります。

アルゴをプレイするために、タイトルと説明のタグにキーワードを追加しているとGoogleが判断した場合は、サイトにペナルティが課される可能性があります。

オフサイトのWEBスパム要因

192.ハッキングされたサイト

サイトがハッキングされた場合、検索結果から削除される場合があります。

実際に検索エンジンランドでは、Googleがハッキングされたと考えた後、インデックスの削除を完了させてます。

193.不自然なリンクの流入

突然の不自然なリンクの流入は、ニセのリンクの確実な兆候です。

194.ペンギンのペナルティ

Googleペンギンに見舞われたサイトは、検索ではあまり目立ちません。

どうやら、ペンギンは今では悪いリンクのフィルタリングよりも、WEBサイト全体のペナルティに重点を置いてます。

195.低品質のリンクの割合が高いリンクプロファイル

ブラックハットSEOで一般的に使用されるソースからのリンクがたくさんあることは、不正をしている兆候である可能性があります。

  • ブログのコメント
  • フォーラムプロファイル

196.不自然なリンクの警告

 Googleは何千もの「検出された不自然なリンクに関するGoogle Search Consoleの通知」メッセージを送信してますね。

これは通常100%の確率ではありませんが、ランキングの低下の原因になります。

197.無関係なWebサイトからのリンク

局所的に無関係なサイトからのバックリンクの割合が高いと、手動によるペナルティの確率が高くなります。

198.低品質のデェレクトリンク

Googleによると、低品質のディレクトリからのバックリンクはペナルティにつながる可能性があります。

199.ウィジェットリンク

Googleはユーザーが自分のサイトに「ウィジェット」を埋め込むと、自動的に育成されるリンクに不快を感じるのです。

mojalaki
mojalaki

その為、ペナルティを頂く事になりますね

200.同じクラスC IPからのリンク

同じサーバーIP上のサイトから不自然な量のリンクを取得すると、リンクがブログネットワークからのものであるとGoogleが判断するのに役立ちますね。

201.アンカーテキスト「毒性」

アンカーテキスト「毒性」が、サイトを指している場合、スパムまたはハッキングされたサイトの兆候である可能性があります。

どちらにしても、それはあなたのサイトのランキングを傷つける可能性があります。

mojalaki
mojalaki

検索結果に反映されないかもです

202.不自然なリンクスパイク

2013年Googleは、ページへのリンクの流入が正当であるかどうかをGoogleが特定する方法を説明しています。

それらの不自然なリンクは、切り下げられる可能性があります。

203.記事およびプレスリリースからのリンク

 Googleが多くの場合これら2つのリンク構築戦略を「リンクスキーム」と見なすようになるまで、記事ディレクトリおよびプレスリリースが悪用されてました。

204.手動アクション

これらはいくつかのタイプがありますが、ほとんどがブラックハットSEO(リンク)の構築に関連してます。

205.リンクの販売

販売リンクは、検索の可視性が損なわれる可能性があります。

206.Googleサンドボックス

突然リンクが流入する新しいサイトが、Googleサンドボックスに配置される事があり、検索の表示が一時的に制限されます。

207.Googleダンス

Googleダンスは、一時的にランキングを揺さぶることがあります。

これは、サイトがアルゴリズムをゲームしようとしてるのかどうかを、判断する為の方法です。

Googleダンス

208.Disavow Tool

Disavow Toolを使用すると、否定的なSEOの被害を受けたサイトの手動または、アルゴリズムによるペナルティが削除される場合があります。

209.再審査リクエスト

再審査リクエストが成功すると、ペナルティが引き上げられる可能性があります。

210.一時的なリンクスキーム

Googleはスパムリンクを作成し、すぐに削除する人々を捕らえました。

それを、一時リンクスキームとも呼ばれます。

結論

SEOの要素は、かなり多いのです。

まとめてみたら

  • 参照ドメイン
  • オーガニッククリック率
  • ドメイン権限
  • モバイルの使いやすさ
  • 滞留時間
  • バックリンクの総数
  • コンテンツの品質
  • オンページSEO

しかし、この8つも重要なのですが、それ以外、大なり小なり210項目の要素もGoogle検索結果順位に関連してるのです。

コメント

  1. […] SEOの要素アルゴリズム210項目の重要なポイント(2020)Googleがアルゴリズムで2… […]

タイトルとURLをコピーしました