「ナンペイ」八王子スーパー強殺|事件は間もなく発生から25年

スポンサーリンク
スポンサーリンク
モッピー!お金がたまるポイントサイト
事件

強盗は、パート女性を執拗に暴行しました。

襲撃目的の可能性も、視野に入れているのです。

八王子スーパー3人射殺事件

この事件は約25年前の、東京都八王子市大和田町のスーパー「ナンペイ大和田店」で平成7年7月30日に、アルバイトの女子高校生ら3人が射殺された強盗殺人事件です。

殺害されたパート従業員の、「稲垣則子さん当時47歳」が拳銃で殴られるなど執拗に暴行されて、チャカで撃たれた疑いがあることが7月20日に分かってます。

被害者

  • パート従業員の稲垣則子さん
  • 高校2年、前田寛美さん
  • 高校2年、矢吹恵さん

事件は間もなく発生から25年

この事件は、間もなく発生から25年です。

パート従業員だった、稲垣則子さんなどの襲撃が目的の可能性も浮上してきてるのです。

関係者によれば、稲垣則子さんの遺体には、上腕部に皮下出血があったのです。

拳銃のようなもので、頭部に殴り掛かられた際に腕で防ごうとした可能性もあったのです。

稲垣則子さんの上半身の一部に、皮下出血があり着衣のねじれと部位が一致することも判明してます。

上半身を引っ張られて、床に倒されたと推測できます。

スーパー2階事務所の犯行現場には、店の売上金約526万円が入った金庫がありました。

事務所の金庫に向けて、銃を発砲した形跡があったのです。

この金庫は、鍵とダイヤルロックの二重構造でした。

解錠方法が書いてあるメモは、事務机の目につきやすい場所に置かれていたと言います。

解錠の手順は稲垣さんらも知っていたらしいのですが、犯人は被害者3人を2分ほどの間に次々と射殺したのです。

関係者によると、事件当日は日曜日で、1週間のうち特に多額の売上金が金庫に保管される事が多かったのです。

犯人は内部情報などから、お金の保存を把握した上で侵入した疑いもあるのですが、3人を射殺したのに、現金を奪わずに逃走しているのです。

稲垣さんへの、執拗な暴行も浮上してます。

警視庁八王子署捜査本部は、強盗目的に加え、稲垣さん襲撃などが目的の犯人が強盗を装い犯行に及んだ疑いもあるとみて、捜査を進めているのですが、進んでません。

仮説は誰にでもできますね。

しかし、強盗殺人には変わりがないので、そんな余計な事は考えなくて良いから、早く捕まえたら良いと思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました