ブラックハットSEOで運営しても稼げない

SEO
mojalaki
mojalaki

検索順位を上げたいんだけど何かいい方法ない?

mojalaki
mojalaki

過去の産廃手法ブラックハットSEOがあったかな・・?
それはしない方が良いんですよ。

ブラックハットSEOとは「不正に検索順位を上げようとする行為」です。

それはGoogle検索エンジンの検索結果順位は、アルゴリズムと言う計算方法により決まってきます。

そのアルゴリズムの穴を見つけ、Google検索エンジンの評価を不正に受けようとする事です。

mojalaki
mojalaki

ハッキリ言えば、Google検索エンジンを騙す行為なのです

ブラックハットSEOとは逆にホワイトハットSEOがあります。

それは、サイトユーザー第一に考えて「良質な記事」が、正当な評価を得られる検索エンジンに、最適化できる正しい方法です。

mojalaki
mojalaki

「ホワイト=正しい」って意味合いなんだ。
ブラックハットSEOは「悪」なの?

mojalaki
mojalaki

ブラックハットSEOはオススメできないな~~
昔は横行してたけどね。

ブラックな行為

ブラックハットSEOは、その名の通りブラックな行為であって、サイトの検索順位を上げる方法です。

昔の検索エンジンは今よりも精度が良くなくて、簡単に検索順位を上げることができたんですね。

主な行為として「自作自演リンク」がありますね。

どーでもいいような記事が検索上位に表示するので、サイトユーザーさん達側から見たら迷惑なんです。

しょうもない行為や方法で、簡単に検索順位が上がるなら、皆、真面目に記事を書かなくなるでしょう!

mojalaki
mojalaki

そんな方法で「検索順位」を上げても意味ないし、「検索上位になれば良い」って訳でもないんだが・・・・・・・。

mojalaki
mojalaki

じゃあ「ゴミ」みたいな情報が上位を占めるんだね。
それはネットが崩壊してしまうかもね!

現在でも、あまり良いとは言えない記事が、検索結果上位に表示されてる事もありますけどね。

ペナルティを受ける?

そういえば昔の検索上位って「クソみたいなサイト」が横行してたような記憶があります。

知りたくて調べたいのに「肝心な記事」が中々出てこなかったりした記憶もあります。

mojalaki
mojalaki

だから検索上位に上がっててもユーザーに相手にされないし、読まれないから意味が無いんだよ。

しかし現在、ブラック手法は「ペナルティ」を受けるようになったんです。

インデックスされてても検索順位を下げられたり、検索結果に出てこなくなったりもします。

もちろん「ペナルティ」を受けた理由は不正したからです。

その不正を改善しGoogleさんに報告することでペナルティ解除できるのですが中々、順位は元通りにならなく期待できないでしょう。

Googleからペナルティを受けないように、しなければなりません。

現在では、Google検索エンジンも精度が高くなりすぎて、誤魔化しも通用しなくなってます。

現在のブラックハットSEO

先に結論から言うと、ブラックハットSEOは効果・効率(費用面)が悪く、ほぼ意味が無いんです!

mojalaki
mojalaki

結果、順位は下がるし「稼げないから」・・・・・・・

被リンク手法(費用面)で、「中古のドメイン」を売りに出してる会社もあります。

中古ドメイン自体は良いのですが、下記で紹介する「サテライトサイト」「自作自演サイト」の温床になる事が多いのです。

それは一時的には良いんですが、Googleが対策に動いてるのです、すぐに消滅してしまうんです。

だから意味が無いんです。

mojalaki
mojalaki

ドメイン業者から「中古ドメイン」書いませんか?ってメールが頻繁に来ますね。

ブラックハットSEOは効率が悪いんで、ホワイトハットSEOを目指す事です。

そんな事するより、時間を掛けて良い記事を作ることに集中した方が良いんです。

mojalaki
mojalaki

楽して稼げないし、何か記事を書けば良いと言う事でもありません

ブラックハットSEO一覧

ブラックハットSEOの方法がありますが・・

しかし普段の行為が、知らず知らずのうちに「ブラックハットSEO」だったのかもしれません。

隠しリンク・テキスト

訪問したページにユーザーには見えないように、SEO目的だけのリンクを、サイトにセットする事です。

文字色と背景色を同じにしてりして、隠してしまうのです。

昔は、横行してましたが現在では、Googleがスパム判定を下してしまうので意味が無いのです。

ちなみに、隠しリンク・隠しテキストの見つけ方は「Tab」キーで見つける事ができます。

その怪しいページで、「Tab」キーを押していくだけです。

コメントスパムメール

www.mojalaki

私のサイトには、半日で273件ものスパムメールが来ます。

ブログサイトを運営してたら分かると思いますが、コメントが送られてきます。

他のサイトに被リンク目的で「トラックバック」「コメント」の中に、自分のサイトのURLを送ってきて、貼り付けようとする行為です。

これは何らかのプログラムで、自動的に送られてくるのだと思います。

WordPressでは、自分のサイトに送られてきたメールは「手動で認証」しないと、コメント欄には載らないのです。

誤って、認証してサイトに載せてしまったら、自分のサイトの価値が下がるので気を付けましょう。

サテライトサイト自作自演リンク

自分のサイトが、他のサイトからリンクを貼られる事は、SEOに有効的なのです。

なら、「自分で何個か別サイトを作って、そのサイトにリンクを貼ればいい!」と思いますよね?

こんなサイトは、自作自演の為に作られるので、ペナルティ可能性大です。

集客のために本サイトとは別のサイトの事を「サテライトサイト」と言います。

自作自演サイトは本サイトとは、ほとんどが「関連性が薄い」ためにペナルティを受けるかもしれません。

それも、立派なブラックハットSEOですからね。

相互リンク

相互リンク、それは昔、多くのサイト名ばかり載せたサイトが横行してましたよね。

これを相互リンク集・リンクファームと言います。

しかし現在でも「相互リンク」サイトの数は、少なくなりましたが存在してます。

これもいけないんですね。

ほとんど関連性が無い為、これもペナルティの対象になる可能性大です。

未だに、相互リンクを斡旋してるサイトがあります。

私は他で知ったのですが、ブログサロンの中でも相互リンクの依頼など存在するみたいです。

無駄にお金を出して、被リンクを購入しないようにしましょう。

ブラックハットSEOなので、意味がありません。

アフィリエイトのみ目的

Googleの、ウェブマスター向けのガイドラインの中に、書いてありますよね。

十分な付加価値の無いアフィリエイトサイトに対する警告が記されている

記事などが「価値のない、価値の低い」サイトは駄目って事です。

もっと言えば、ユーザーの役に立たないサイトはNGって事です。

mojalaki
mojalaki

違反者にはメールで警告してくるんですね

Googleからの警告メールは、無視は絶対いけません。

無視をした場合は、ペナルティ対象となります。

キーワード

これは自分の記事内に不自然に「キーワード」を、不自然・不必要に詰め込み乱発する行為のことです。

手法としては単純で、前々から横行もしてましたよね。

当時はまだGoogle検索エンジンが、完璧ではなかったために「キーワード」を詰め込みすぎた低品質なサイトが、検索エンジンで上位に表示されてたんです。

現在では全くSEO効果なしで、初心者の人が記事に多く含ませてる失敗ブログも、読んだことがあります。

mojalaki
mojalaki

この行為も「ペナルティ」の対象になるんですね

キーワードの濫用は、スパムと見なされる可能性が高いので、リスクの有る行為です。

また、悪意が無くても一生懸命に記事を書いた結果、キーワードが多すぎる場合でも駄目です。

mojalaki
mojalaki

とにかくキーワードは、詰め込みすぎ「禁止」って事ですね

関係ないキーワードを使用する

検索結果で上位表示させるために、関係のないキーワードを使用するのはいけません。

例えば「SEO対策」の方法を紹介してる記事に、「動物が可愛い!」など「SEO」に全く関係のないキーワードを使って、PVを稼ぐ詐欺みたいな行為はいけません。

最悪な場合は、Google検索結果にも反映されません。

ワードサラダ

不正プログラムなどで、SEO目的の文章を自動育成する事をワードサラダと言います。

ユーザーにとって、全く役に立たない文章が育成される事が多いのです。

これは、一瞬で文章を作る事ができるのです。

そして、ブラックハットSEOとして認識されるので、意味の無い事なのです。

たまにですが、記事公開直後は効果がある場合があるので。

しかし、Googleボットに見つかってしまいますから、インデックス削除されてしまうのです。

記事をコピー

記事コピーコンテンツの事です。

結論から言うと、Googleから評価されません。

ペナルティの対象にはならないかもですが、Googleから相手にされないんです。

そもそも似すぎている記事は、検索エンジンに反映されませんし、インデックスもされないんです。

mojalaki
mojalaki

検索エンジンに、コピーコンテンツと判断される場合があるんです。

そもそも似た記事は「公開や更新」ができないようにすればいいと、私は思ってるんです。

クロ―キング

少し難しいですが、ユーザーに表示するものと異なる事を、Google検索エンジンに見せる行為の事をクロ―キングと言ってます。

スクレイピング

スクレイピングとは、削り取る行為の事です。

記事をまるまるコピーではなくて、他ブログの記事を多少削り取る方法の事です。

これも評価の対象外です。

それは、最近のGoogle検索エンジンは内容が重複してるページには評価を与えない仕組みになってます。

ドアウェイ

ドアウェイは、誘導ページと言われる事もあります。

Google検索エンジンから、ユーザーがサイトに訪問したら、別のページに誘導してしまう手法なのです。

サテライトサイトの、自作自演サイトに似てます。

有料リンク

有料リンクは別名「ペイドリンク」と呼ばれてます。

有料リンクとは名前で想像つくと思いますが、業者に金を払ってリンクを買って被リンクを増やすという方法です。

ハッキリ言えば「金を払い、リンクを買って不正に被リンクを増やす」事です。

mojalaki
mojalaki

これも関連性がないからGoogleさんからのペナルティの対象になるかもね

要するに、業者に金を払うだけ無駄です。

リンク先と記事の内容が、濃い関連性があれば良いかもしれませんが、止めといた方が良いと思います。

リンク先って、関連性が無い場合が多いのです。

mojalaki
mojalaki

リンク元サイトが検索エンジンに高評価を得てたらOKですね

ブラックハットSEOは止めておいた方がいい

ブラックハットSEOも、戦略の1つなんだけどリスクが高いですよね!

そして 「ペナルティ」と言うリスクは高すぎです!

失敗も成功のもと・・・?・・・・・覚悟が必要ですが、オススメはできません。

その戦略は時間の無駄ですね。

時間は無限だけど、1日の時間は限られてます。

mojalaki
mojalaki

せっかくの時間を無駄にせず「考えて良い記事」を書きましょうね。

言い忘れてましたが、「覚悟」「ペナルティ」と言うのは、Google検索結果に表示されなくなる事です。

ブラックハットSEOのまとめ

過去の手法である「ブラックハットSEO」より「ホワイトハットSEO」でコツコツGoogle検索結果の順位を上げて行った方が良いのです。

効果が出るまで、努力や時間が必要ですが「ホワイトハットSEO」でするべきです。

現時点で「ブラックハットSEO」は日本では、あまり見かけなくなりましたが、海外では当たり前に横行してます。

しかし現在、日本でも「ブラックハットSEOで運営する!」と主張する運営者もいます。

ブログサロンなどで、初心者にブログの記事を一時的にでも、検索結果上位に表示されれば自信も付くかもしれません。

しかしGoogle検索結果上位は一時的なもので、幻滅してしまうます。

  • 上位にランクされても、即、順位が下がってしまう
  • 上位にランクされても、収益は発生しない

上位にランクされても、収益が発生しないので、稼げセグ事はできないのです。

アルゴリズムの精度が良いので、こんなスパム行為は、Googleがすぐに見つけてしまいます。

Googleがupdateする度に、スパム記事はGoogle検索結果から消えてしまうのです。

ブログ運営は「ブラックハットSEO」では生き残る事ができなくなってるのです。

ブラックハットSEOを勧めるサイトがあったら、無視して下さい。

騙されてしまいますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました