スポンサーリンク

最初は下手でいい!記事を継続して書いてれば上手くなれるんです

ブログの書き方
スポンサーリンク

始めに。

記事を書くって事は、上手い下手は別として「何とかなる」もんです。

「ブログを始めたい」って考えてる人は「記事を上手く書く自信がない」「どうすれば上手く書けるのか?」などの不安があると思います。

私もそうでしたからね。

私は書こうと思っても「テーマも何も決まってませんでした」からね。

Google検索してみたら「まずは100記事書こう!」「とにかく書く事だけ考えろ!」みたいな記事を目にすると思います。

ろこ

そんなのは気にしなくていいです。

まずは「練習」だと思って数記事、書いてみればいいんです。

「失敗し修正し」の繰り返しで上手く書けるようになります。

普段やらない事を始めようとしてるんですから「不安や心配」があるのは当然の事なのです。

スポンサーリンク

とにかく書いてみる

当然の事なんですが「とにかく書いてみる!」って事です。

先ほども書きましたが、「初めは書く練習」です。

実践です!

何でもそうですが練習すれば、自分なりに上手くなるもんです。

はっきり言いますが記事を書くのに「コツ」はありません。

Q 「記事作成に才能やセンスがいりますか?」

A 「要りません!」が答えなんです。

書いてれば「記事の書き方や構成」が分かってきます。

才能無くても書けるのがブログ記事

私の友人に「売れない小説家」がいますが、一応「プロ」なので文章だけは上手いんです。

プロは才能が必須になります。

しかし、当ブログ「永遠のテーマ」、管理人「ろこ」は才能なんかありません。

あまり記憶にないですが、初めは100字程度しか書けなかったものです。

これでは小学校の日記ですね。

それは私にも「心配や不安」しか、なかったからです。

初めから上手く書けないのが普通

コメントが受信されてても読まないので、私はハッキリ言って読者さんには、どういう風に読まれてるのか分かりません。

でも、私は「実践と継続と独学」「上手い下手」は別として、少しは書けるようになったと思ってます。

そもそも「ブログ」自体も、分からなかったんですから。

初めは皆、自信が無いんです。

「実践の経験で上手くなる!」って事です。

ほとんどの人は未経験から、ブログを始めてるんですから大丈夫です。

上手く書けないのが風通なんです。

初めから書ければ苦労しません。

不安に思うのが普通

どのブログサイトも「初めがあったから、今がある!」んです。

初めから、出来上がってたブログサイトはありません。

皆、0からのスタートなんです。

初めは、たくさんの不安があり悩んで解決して、壁を乗り越えての繰り返しなんです。

今でもそうかもしれません。

悩んで解決するからこそ上手くなるんです。

「努力は経験」で「経験は才能」になって行くのかもしれませんね。

ろこ

才能はいらないんですがね。

たまに他サイトブログを読んでますが「皆、勉強してるし努力してるな~」と思います。

初めは、ほとんどの人が「書けなかった!」と記してあります。

とにかく書く事を、継続し経験するのです。

頑張れば上手く継続して書けるようになりますよ。

スポンサーリンク

何を書けばいいのか分からない

「さて、ブログを始めるぞ!」

「よし!書いてみよう!」

「?・・・何を書けばいいの?・・・?・・・」

ハッキリ言って「これが問題」なんです。

実際に書こうと決めても「何を書けばいいのか分からない」んです。

皆、そうなんですね。

要するに「書きたいテーマ」が決まってないんです。

記事を書ける「コツ」は存在しませんが、少し「方法」はありますので、書いていこうと思います。

スポンサーリンク

キーワードでGoogle検索してみる

分かりやすく説明します。

キーワードは質問 質問の答えを記事に書く

「痩せたい」ってキーワードで検索してみて下さい。

上記に検索結果が表示されますよね。

検索結果「答え」なんです!

その質問の答えをブロガーは「記事に書いている」んです。

「キーワード(痩せたい)」はGoogle検索するユーザーの「知りたい悩み」なんです。

そのユーザーの「知りたい悩み」「解決する文章」を書けばいいんです。

検索結果に表示された「解決法」をユーザーはクリックするんですね。

読んでみてユーザーが「満足」する事を書かないといけません。

ユーザーは「痩せたいから」検索するんです。

その「痩せる方法」詳細に、書いていけば良いんです。

ユーザーは【答え】が知りたい

ユーザーが「キーワード」から何を知りたいのか?

考えてみたら分かると思います。

自分もそうなんです、知りたいから検索するんです。

知りたい事の「答え」が欲しいんです。

【詳しく】詳細に記事を書く

「答えを記事に書く」と説明しました。

Google検索結果は、アンケート結果ではありません。

「答え」は詳細に書かないといけないんです。

例えば。

ろこ

「痩せたい」な~と検索してみよ!

A

「食うもの減らせ!」
減らせば痩せます。

Q ユーザーが「痩せたい」と検索した結果が

A 「食うもの減らせ!」減らせば痩せます。

www・・・ 「答え」は、ある意味、正論ではありますが、こんな答えでは絶対にダメです。

ダメ記事認定されてしまいます。

そもそも、こんな記事は「Google検索結果」に絶対表示されません。

「痩せ方を詳細」に書かないといけないんです。

ろこ

文字数も必要となってきます。

文字数を稼ぐ目的で、「多く書けば良い」ってものでもありません。

詳細に書けば文字数も増えますから。

これは記事の質に関わってきますので、ユーザーが「知りたい内容」でないといけません。

ユーザーがは「知りたい事の答えを求めて検索」してるのです。

知りたい内容以外は書いてはいけない

ユーザーが「痩せたい」と検索してるのに、記事の内容が痩せる方法ではなく「焼肉を食べたい!」では駄目なんです。

ユーザーは「痩せたい答え」を求めてるのに「体重増加な事」を書いては意味がありません。

ただ、記事タイトルが
【10kg減量して焼肉を食べに行こう!】
なら記事内容は一致してOKなんですが。

ろこ

痩せたいのに太る事を書いてはいけません。

痩せる方法を一生懸命書く事なんです。

少々、文章が下手でもユーザーに伝わればOKです。

スポンサーリンク

【最後に】

私たちは芸能人と違い「無名」なんです。

芸能人ブログなら「ファン」がいますから何を書いても、「アクセス」は集まるんです。

例えば

私たちが芸能人の真似をして、
「今日は北海道で海鮮丼を食べに行ってきました!」って記事に書いても、誰にも相手にしてくれません。

私たちが日記的な事を書いても「意味無いし駄目」って事なんです。

私たちが書かないといけない内容は、
「ユーザーが満足・納得する事・知りたい情報」を書かないといけないんです。

気にせず書く事です

最初も最後も、文章は下手でも良いんです!

上達はしていかないと、いけませんがね。

継続して書き続けていくと、初めに書いた記事が恥ずかしいくらい「下手」なんですね。

ろこ

現在は消去してますが・・・・・

下手に書いても「修正」はできますから、気にしない事です。

記事を書き続けていったら「Wordpress」も使いこなせるようにもなります。

「分かっているんだけど書けない現実」かもしれませんが、とにかく「書いていくか?書かないか?」のどっちかで、先が決まってきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました