スポンサーリンク

【初心者】読まれる為のブログ記事・文章のシンプルな書き方

ブログの書き方
スポンサーリンク

ブログの基本は「記事内容」です。

書き方1つで良い記事・読みにくい記事・クソ記事になるんです。

そんな記事を読者は読みませんし、読みたくないバズです。

「早く解決」したいから、読者は検索して訪問してくれるんです。

良い記事を書こうとしたら「手間」が掛かるんです。

良い記事を書く・記事を上手く書く・簡潔に書くのは時間が掛かって良いんですが、忙しい人にとっては「時間は貴重」なものになるんです。

ブロガーも、人それぞれ文章に癖があるもんです。

それはオリジナリティーがあって良いと、私は思ってます。

私が他ブログを読んでて思ったことがあります。

中には文章が下手な人に見られる「悪い癖」があって、 それは私の事でもあるんです。

その悪い癖をいくつか紹介していこうと思ってます。

スポンサーリンク

私の記事の書き方

キモイ君

クソ記事書くな!ぼけ!

ろこ

クソコメントありがとうございます

コンタクトフォームを設置してたら必ず「嫌がらせ」のコメントを送信してくる人がいます。

送信する方は匿名・ニセアドレスですから何ともありませんよね。

確かに私の記事は「クソ記事」って思ってます。

指摘してくれるんなら、具体的にどこがクソ記事なのか、コメントが欲しいのですが。

コンタクトフォームは、文句や愚痴聴きの為に、設置してるんではありませんから。

書き方で決まる

書き方1つで「成功か失敗か」「アクセスが増えるか減るか」それは、記事の出来次第で大きく変わってきます。

もしブログで生計を立てていこうと思ったら「ブログ記事=生命線」になってしまうんです。

初心者は「成功やアクセス数」は気にしないで良いです。

初心者が、先に身につける事は「ブログ記事を書く・読まれる基本」なんです。

その基本を説明していきますね。

スポンサーリンク

つまらない・くだらない事を書かない

読者も色々な人がいますから、読んでみて受け取り方の問題なのかもしれません。

しかし「つまらない・くだらない事」ばかり実際に書いてる人が多く存在してるのは事実です。

ろこ

何?この記事・・・・・・

読者は疑問があるから、Google検索してくるのです。

解決できそうなキーワード・タイトルで検索してくるんです。

ただ文字数ばかり多く、ズルズルとくだらない事を書いてる文章は意味がありません。

それでは読者が解決できないし満足もしないんです。

読者さんの不満や悩み色々あると思います、それを解決できる文章を書く事を集中しないといかません。
冗談ばかりのつまらない文章で読者さんが満足するとは思えません。

無駄な顔文字・絵文字

スマイリー、絵文字、怒り、怒り、不安、感情

顔文字・絵文字は、オリジナリティーがあって良いとは思います。

しかし使い過ぎは無駄に幼稚に見えてくるんです。

ろこ

あくまでも私の意見ですが。

ギャグマンガやジョークマンガではないのですから、文章は明解でシンプルに限ります。

記号などの多さもですが絵文字・顔文字の濫用や連発されてる無駄さが目立っては駄目です。

読者に100%伝わらない可能性があります。

絵文字・顔文字は、あまり多用しないようにするべきです。

曖昧な事や嘘を書かない

読者は疑問を持って、Google検索してくるんです。

読者の解決の為にも、書く側は
言い切ったり断言しなくてはいけません。

  • ・・・だと思います
  • ・・・そうかもしれません
  • ・・・って、人が言ってました
  • 噂では・・・
  • で、最後にここを、クリックしたら良いのかもしれません

こんなマンガみたいな文章では信憑性がありません。

こんなのでは「クリック」するのも怖いですよね?

曖昧な文章なので、読んでて不安になってきます。

分からない事や自信が無い事は。記事に書かない事です。

要するに、書き側のデータの調査不足なんです。

書く側は間違いがないように、確証を得て書かないといけないんです。

もしかしたら調査が面倒なのかはわかりませんが、「曖昧に書いて」「と、思います」では駄目な文章ですね。

こんな自信の無い文章を読んだ時、皆さんはどう思いますか?

私なら、他を検索してみますね。

スポンサーリンク

なんとなく上から目線の文章

書き側は、悪気はないんでしょうが感情的になりすぎて「上から目線の文章」になってしまうのかもしれません。

自然に不快な文章になってしまうのかもしれませんが、変に感情的な文章は、読みたくありませんよね?

書く側の、強い想いを出すのは良いんです。

しかし「こういう風にしろ!」「教えてやってるんだから!」 みたいな

上から目線の書き方や、読者をバカにしたような書き方を、してるWEBサイトは二度と訪問したくないですよね。

読者は敏感ですから記事文章は不快な気持ちにさせず、満足してもらえる文章を書くのが大切ですよね。

ブログ勉強中・初心者レベルの人が読んだら、そんな記事の書き方を真似する人も出てくるかもしれません。

文章が上手い・下手とは違うレベルですよね。

スポンサーリンク

難しい表現・読めない漢字・句読点

読めない漢字

変換したら、たまたま難しく読めない漢字を使用した文章。

変換してみたら使用しようか?迷う事もあると思います。

結論は、読めない漢字は、読めないから困るんですよね。

変換しても自分でも読めない事もありますから。

読点・句読点

文章はバランスが大事です。

必要以上に「、。、。、。、。」の連発は、せっかくの文章を読みにくくしてしまいます。

句読点が無かってもいけません。

例えば。

今日はマクドナルドに行ってチーズバーガーとポテトを食べました

今日は、マクドナルドに、行って、チーズバーガーと、ポテトを、食べました 。

句読点が無い文章・句読点を使いすぎた文章なんかより

今日はマクドナルドに行って、チーズバーガーとポテトを、食べました。

バランスよく、「句読点が有る・無い」だけで、全然読みやすくなるんです。

難しい表現・言葉

難しい表現や言葉は、読むときに手間が掛かるんです。

良い事を書いてる、WEBサイトの記事なんですが、
「難しい表現や言葉の為に、検索しないといけない」
場合があるんです。

ろこ

それは読者にとって「手間」なんです。

易しく表現ができる単語は、分かりやすい文字に変えて、文章にするのが大切なんです。

元々、難しい単語なら、そのままでいいんですが。

読者の為に、自分で書いた記事文章を読み直しましょう。

「伝わりにくいかな?」と思った箇所は、手直しする必要があるからです。

難しい表現や言葉を使ったからと言って、文章が上手いとは限らないんです。

スポンサーリンク

【タイトル】テーマに沿ってない

文章が下手な記事は「タイトル・テーマ」に反れてて、無駄な文章が多いんです。

その結果、SEO効果も薄れてしまうんです。

「テーマ」が決まってるんだから、要点だけ書けば良いんです。

【記事タイトル】を意識して文章を書いたら、SEO効果も期待できますよ。

スポンサーリンク

長文は不要!結論を先に書く

Several white arrows pointing upwards on a wooden wall

書き側が、「結論」を先に書く事は、読者にとってメリットがあるんです。

読者は結論を求めて、検索して訪問してくるのです。

私もそうですが、
読者は「せっかち」なんです。

WEBサイトを訪問して、「無駄な文章は流し読み」して結論を探しているのです。

文章は読まれるのではなく、「見る」のです。

ハッキリ言って、じっくり読みませんからね。

「文章を見て結果・結論」を探してるのです。

「一行目から答えを求めてるんです!」

ろこ

知りたい答えが無いし、結論が無いじゃん・・・・

「答えが書いてありそうか?無さそうか?」無さそうなら「他サイト」をクリックします。

記事内容で伝えたい事は先に書いて、伝えたい重要な部分は箇条書きにしたり色を付けたりしたら読みやすく分かりやすいでしょうね。

スポンサーリンク

伝えたい事の6割で良い

0~100まで書いてたら、何が伝えたい文章なのか、分からなくなります。

伝えようと思ったら「キリがない」んですよね。

記事文章を手を抜かずに、伝えたい事だけ書く為には、「伝えたい事の60%程度」で良いんです。

それは必要最低限に書くって事なんです。

もし100%?書いたら?

  • 記事を書く時間が、無駄に長くなる
  • かなり長文になる
  • 分かりにくくなる
  • 誰にも読んでくれない
  • 文字数を稼いでるの?って思われる。

全力疾走は疲れますから「ホドホド」に。

スポンサーリンク

自己満足ではいけない

太陽、笑い、光線、運、幸せ、満足、ひまわり

記事を書いたからと言って、自己満足してたらいけないんです。

読者に読まれるのが前提で、記事は読者の為にあるんです。

自分の文章を読者さんが読んでくれた時、どんな気持ちになるんでしょうか?

読み側の、気持ちも考えながら記事を書けば、良い記事が書けるんではないですか?

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました