【承認手続きを進めています】○○で簡単に解決!

スポンサーリンク
GoogleAdSense

アドセンスの審査が、進まなかった理由が分かりました。

結論は、広告ユニットで作成した新しいコードを、広告を貼りたいページに先にセットしておくだけでした。

解決法

広告ユニットを作成して貼り付ける

mojalaki
mojalaki

自動広告コードとは違うのです

過去を振り返ってみると・・・・・・・

新サイトを追加したので「Googleアドセンス」に審査の手続きを、お願いしてたんです。

審査の要請をしてたのを、すっかり忘れてて見てみたら、まだ審査の途中みたいだったので放置してたのです。

mojalaki
mojalaki

おかしい!認証手続きが2週間以上も掛かる?

私は字を読むのが面倒なので「承認」「2週間」の単語しか読むと言うか、見てなかったんです。

サイトに広告を表示する全てのページに・・・

丁寧に、一字一句読んでみました。

mojalaki
mojalaki

お待ちの間に、広告を表示する全てのページにコード!?

「コードを配置!?」おかしいな~

つい最近「コード」を貼った記憶があるんだけど。

しかも「表示する広告のフォーマット!?」何の事なのか!?

いつもの、Google特有の分かりにくい表現なんですね。

アドセンスの審査基準

ちなみにアドセンス審査は簡単です。

あらかじめ審査用の記事を、用意しておきましょう。

アドセンス審査基準
  • プライバシーポリシーは設置
  • 問い合わせContactFoamは設置
  • 記事数は5記事以上
  • 記事は真面目に書く
  • 記事数が1000字程度
  • ドメインは有料
  • WordPress
  • ドメインパワーもある
  • プロフィールもある
  • 今回のプロフィール顔写真はマンガ画像
他の嘘情報
  • 文字数が「4,000字」「5,000字」
  • 多いと「10,000字」内と駄目
mojalaki
mojalaki

この情報は大袈裟すぎますね

審査用の文字数は「1,000字程度」で十分です

何かを書けば、すぐに「1,000字」はいきます

私の他サイトの時は、確か50記事位は書いてましたから、記事数が少なかったかな?と思ったりしました。

いや!文字数が足りないか!?と思ったりも。

文字数は少なすぎてはダメですが、多ければ良いってもんでもないのです。

「年末だしGoogleは忙しいから審査結果はまだなんだ」と要らぬ心配をしたりもしたりしました。

仮に審査が通らないのなら恐怖の「やり直してください!」って通知されるはず!と思い込んでました。

mojalaki
mojalaki

Googleも私を放置してるなら、私も放置しておこうと思いました

「表示する広告のフォーマット!?」

これが重要だったんです!!

「表示する広告のフォーマット」 これが気になってきたんですよね。

「コードを配置 」も、大いに気になってきてしまったんです。

コードを貼ったのに「コードを配置?」っておかしいな~って、かなり考えさせられました。

mojalaki
mojalaki

分かりにくすぎて

多分、50回くらいは同じ文章を読み直しました。

mojalaki
mojalaki

サイト内を、あちこちクリックしても分からないし

しかし、気にし始めたら、だんだん分かってきて「広告のコードを新しく作って貼っておくこと!」だったんです。

それでも

mojalaki
mojalaki

先に広告を貼っても良いの?

mojalaki
mojalaki

コードは<head>~</head>に貼ってるし・・・

って思うしかなかったのです。

自動広告コードとは違います

自動広告コードとは違って鈍い頭の中が変に変換されてしまって、勘違いしてたんです。

先にGoogleアドセンスから表示された「自動広告のコード」を貼ってて私の勘違いだったんですね。

この自動広告コードとは違ってたんです。

私的には「自動広告」は、勝手に6~7個ぐらい広告が表示されるんで好きではないんですがね。

ユーザーからしたら、ごちゃごちゃしてて分かりにくく、読みにくいんです。

新たに広告ユニットでコード作成

新たにGoogleアドセンスで「広告ユニットコードを作成」して、自分が広告を貼りたい箇所に、そのコードを貼るって事だったんですね。

それでアドセンスの、承認手続きが進まなかったんですね。

mojalaki
mojalaki

こんなのでは分からないし、昔とは違うのですね

当たり前の事ですが、昔の規約とは違うのです。

新規約

2018年10月以降
Google AdSenseに、サイトを追加する際は、新しいサイトも審査してもらう必要がある

2018年10月以前は、最初の1サイトの審査が通れば、自分の複数サイト以降(2個目以降)は、サイトアドレスをGoogle AdSenseに追加するだけで、新しいサイトにも広告が表示できたのです。

しかし、2018年10月以降、現在は審査が必要です。

アドセンスクリック悪用の一例

絶対にしてはいけないアドセンスの裏技

【画像置き換え】
アドセンスは簡単なスクリプトなので画像の置き換えは簡単にできます。例えば『続きはこちら』というテキストや画像に置き換えたり、アプリ内のボタンに置き換えたりすればクリック数は飛躍的にアップします。しかしこんな単純な手はグーグル様には通用しません。すぐにブラウザバックをすれば無効クリックとして1円の報酬になりますし、1円報酬が多くなればグーグルアイが飛んできます。発覚すればもちろん、1発アウトです。

他にも裏技がありますが、7,800円で「note」で【口外は絶対に禁止】と謳って販売してる人がいます

口外は絶対に禁止なのに調べれば、いくらでも情報は検索結果に表示されます。

mojalaki
mojalaki

この裏技を使用したら、ペナルティを受ける可能性があります

mojalaki
mojalaki

このように、規約を悪用してしまう運営者がいるので、新規約が追加されてルールが厳しくなっていくのです

手順は2段階

話を戻して、流れとしては2段階あるんですね。

mojalaki
mojalaki

自動広告コードを仮審査して、広告ユニットコードで本審査するのです

次回から、しっかり読むようにします。

追記

追記です。

貼り忘れてた画像

これも疑問なのですが毎回、合格通知の画像が表示が「✖」なんです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました