【現実逃避のオススメは寝る事】それは悩みや問題を解決できるから

スポンサーリンク
スポンサーリンク
モッピー!お金がたまるポイントサイト
現実逃避
mojalaki
mojalaki

毎日カラ元気mojalakiです。

現実逃避は「現実な現状から目を背けてる!」「ネガティブ!」と思い浮かべてる人は少なくはありません。

現実逃避は、人間にとって不可欠な行為です。

ちなみに、現実逃避とは心身・身体の負担の軽減をする為の物です。

そこで現実逃避には「良い現実逃避」と「悪い現実逃避」があると言われてます。

例えば、お酒を飲んで現実逃避する事は「悪い現実逃避方法」だと言われてますが、私は飲みすぎなければ「良い現実逃避方法」だと言ってます。

飲みすぎが続いたら、アルコール依存症になってしまうから悪いと言われてるだけです。

mojalaki

そこで私は、良い・悪いは関係無いと思ってるので、自分に合った現実逃避方法を実践すべきだと思ってます。

私が実践した事のある、現実逃避の方法がいくつかあるので紹介していきます。

現実逃避したいなら、明日にでも休日にでも実践してみて下さい。

辛い事は簡単には忘れる事はできませんが、実践してる間だけでも意外に忘れたりするもんです。

一瞬でも忘れる事ができれば、気分も違ってきます。

生きていれば心と身体が、病んでいくような悩みってあります。

ここでは、心と身体が一致しない人為の、健康のセラピーを紹介してます。

人それぞれだと思いますが、悩みって恋愛・仕事・友人関係などがほとんどです。

私もそうですが、色々な悩みがあると思います。

人生、生きていれば良い事ばかりではありません。

悪い事や辛い事の、悩みの方が多いんですね。

私みたいに無理やり作り笑顔は難しいかもしれませんが、自分に素直になって笑顔でいる必要性も無いと思います。

全部は書ききれませんので、私が実践した色んな現実逃避方法がありますので、一部紹介します。

寝る・寝逃げ(追想法、レミニセンス)

起きてたら色々考えてしまいますので、「寝逃げ」「寝る」方法が1番効果的なのです。

しかし、先に言っておきますが、寝たからと言って問題が解決するわけではないのです。

でも一番効果的で、一番簡単な現実逃避方法と言えるでしょう。

mojalaki
mojalaki

寝れないと意味無いんですが・・・

私も一時期、寝れない事もありました。

寝れないので、良質な布団を購入したのです。

良い寝具を使用すると、良く寝れますね。

そして、悲しみ・ムカつき・辛い事は、起きてたら色んな現実が待ってます。

悩みや問題を抱えてしまった時って、思い切って寝る!寝逃げが良いのです。

これは専門用語で「追想法」「レミニセンス」と言います。

良い事が思いついたり、閃いたりする時って寝て起きた後が多いのです。

何故かと言うと、寝てる時に脳が整理されて頭がスッキリするためだからです。

mojalaki
mojalaki

例えたらパソコンの最適化ですね

寝てる間は考えなくていいので、その間は無になれるんです。

睡眠がとれて起きたら頭もスッキリして、それまでの現実逃避したい欲望が少し和らいできます。

また寝る時にやってはいけない事があって、臭いお香・アロマなど効果的だと言われてますが駄目です。

香りは余計に気分が、悪くなってしまたり「頭痛の原因」になってしまう場合がありますので体に毒なんです。

mojalaki
mojalaki

アロマは、臭いだけですからね

音楽をかけて寝る行為も駄目です。

うるさいので、頭痛で目が覚めます。

たっぷり長時間寝るのも駄目です。

起きたら体が痛くダルくなります。

寝るのは体や心を休めたり・・・・・

目的は現実逃避ですから、「臭い・うるさい」では絶対休まらないし現実逃避できません。

おすすめは、静かな部屋で6時間位寝ることです。

ヨガ

世の中が便利になり過ぎた反面、さまざまなストレスも生まれてくるのです。

ストレスが高まると現実逃避したくなるのは、十分に分かってます。

自分の前の事に向き合う事が、困難にもなってきてるのです。

向き合うには、勇気も必要になってきます。

そこで現実逃避したくなった時に「ヨガ」も効果的なのです。

何故、ヨガが効果的かと言うと、「ヨガ」は決して難しくなく、人間が生きて行く日常を丁寧に楽しく過ごしていくための「ヒント」を教えてくれるからです。

その「ヒント」とは、人間が現実と向き合おうとする時に、そっと後押ししてくれるからです。

ヨガによって自分がいる環境が整うと、これが不思議なのですが気持ちまで整理され、不健全な思考のパターンに気づいて、それらを手放す事ができるのです。

旅・観光地・山などを汗を流して歩く

mojalaki
mojalaki

家の近所に観光地的な場所はありませんか?

一泊でもいいので、知らない隣県に行ってみてはどうですか?

私の、勧めで実践してる人もいます。

「旅」は、かなり効果的で色んな人や物に触れ合えて楽しい気分になれるんです。

ただし帰るのが少し億劫ですが、気の持ちようと考え方です。

人は、変えられませんからね。

自分が色々触れ合って考え方を変えていくしかないんです。

観光地

人が行きかう駅前の商店街・店が並ぶ○○通り・アーケード・観光地的な山でも構いません。

できれば知人が来そうにない場所が良いかもしれませんね。

何も考えずに歩くのは駄目で意味ありませし、辛いのに何も考えない事は絶対できません。

目的は現実逃避なので、何も考えずに歩くのではなくて、視界に入るものを感動しながら歩くと良いでしょう。

そうすることで、今までの辛い事や悩みが少し和らいできて、気分が向上するんですね。

商店街のお店の人と、会話をするのも良いんです。

その間、嫌な事・辛い事を忘れる事ができますからね。

山や自然のある観光地

mojalaki
mojalaki

自然の中を歩く事は良い事なんです

人間は自然があるから、生きていけるんです。

私は人間の原点は、そこにあると思ってます。

山から見る夜空の星も、綺麗で癒されるのです。

自然の力は未知なもので、人の生きる為にパワーをくれるんです。

そこで木・風・山・雲などを眺めたりします。

大きく息を吸ったりしたら、リラックスできリフレッシュできるんです。

mojalaki
mojalaki

癒されるんですよ!

とにかく行ってみて自分で実感するしかないんですね。

その自然の中で、汗をかいて歩いてみて下さい。

絶対に身体に良いですから。

あえて運動して汗をかく

普段、汗を書かない人には効果的なんです。

現実逃避の方法で、運動して汗をかく事もオススメです。

mojalaki
mojalaki

私は毎日汗をかいてるよ。

普段頑張りすぎて、疲労がたまってるので時間の取れる時に部屋でダラダラ、スマートフォンを触ったりする行為は、オススメしない現実逃避の1つなのです。

私の実体験ですが、疲れが溜まってる時ほど、アクティブに体を動かして過ごした方が良いのです。

汗をかきながら歩くとストレスを発散するだけでなく、辛い事・嫌な事を忘れて夢中になれるんです。

自宅の近くでも、運動はできます。

もっと言えば、工夫すれば仕事中にも、運動はできます。

例えばウオーキングしてみたら、普段とは違った景色も見る事ができた気分転換にもなります。

特別に、お金がかかるジムなど行かなくても、十分運動して汗を書く事ができます。

その後、シャワーして汗を流してみて下さい。

疲れてるんですがサッパリして気持ちも楽になりますよ。

部屋にひきこもる

年中無休の「ひきこもり」とは違いますよ。

mojalaki
mojalaki

会社から帰った後は好きに過ごすんです

ラフな格好で好きな飲みもの食べ物を飲食しながら、レンタルDVDやアニメを視たり好きな音楽を聴いたりします。

休日前なら最高ですね。

家に帰っても、何もしないは駄目です。

何かした方が気が晴れます。

しかし、パフォーマンスを上げるために、家族や友人と過ごす事を推奨してる人もいますが、その行為は駄目ですね。

良い結果を引き出す事は、できないでしょうね。

そして、悪い現実逃避の方法の1つに、挙げられてます。

理由は2つあって、一つは、余計に現実が見えすぎてきて、無意味なのです。

もう一つの理由は、人と和気藹々できるなら現実逃避は必要ありません。

買い物

一着でもいいんで服を買ったり、欲しいものを買ったりするのはどうでしょうか?

買い物癖がついたらいけませんがね。

衝動買いは、駄目で病気です。

中古の物より新品ですよ。

自分の財布と相談してみて買って下さいね。

他には?

他には、何があるのでしょうか?

mojalaki
mojalaki

ホント色々あるんですが

インドア趣味・アウトドア趣味、もしかしたら「やる気」は起きないかもですが実行してみる。

やっぱ趣味は楽しいので。

カラオケ

カラオケは、歌う事で体力を使うのでストレスの発散になるんです。

パソコン・ネットやスマホ

パソコン・ネットやスマホ、これは駄目です!

これらは会社を思い出すんです。

嫌な上司とかの、顔が浮かんできます。

現実逃避しすぎは駄目

現実逃避をしすぎは禁止です。

心と身体が一致しない場合、避ける・逃げるのは駄目です。

現実にも向き合わないと、廃人になってしまい切り返しができなくなります。

この紹介した現実逃避法の、健康のセラピーで治しながら前向きに、向き合う事が必須になるんですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました