モチベーションを上げる5つの方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
モッピー!お金がたまるポイントサイト
心と身体

その日は疲れが溜まってて、早く寝て起きたのに「今日も仕事か~・・・行きたくない~たいぎいな~」って時があったんです。

それは「モチベーション」が低いんです。

2度寝してやろう!会社休んでやろう!とか思いませんか?

仕事が楽しすぎて今日も頑張るぞ!って人は少ないと思います。

要するに「やる気」が無いか、出ない、が正解だと思います。

ろこ

私は休みの日以外は、毎日やる気が出ないし。

最近、仕事が長時間すぎて記事が書けてないし、ホント「書く時間が無い!」って事もよくあるのです。

毎日「ブログ」の事ばかり考えながら生活してるので、書き忘れるって事は無いんです。

しかし仕事から帰っても家事はあるし、家事が終わったら寝る時間しかないんですね。

書く時間・元気が無い・頭が回らないと言う日々を送ってます。

それは寝不足なんです。

寝不足なのでモチベーションが上がらない=やる気が無い

となってしまうんです。

そんな時に私が実践してる「モチベーションを上げる・やる気を出す」実践方法を紹介していきますね。

休日は部屋に引きこもる

日曜日や休みの日は外へ出ず、部屋の中で過ごす方法があります。

ろこ

たまには外を見たりしてますよ

365日の引きこもりは最悪ですが、今日(1日)だけ部屋に引きこもるんです。

部屋の中は危険も無いし安全なんです。

朝になっても起きず、ゴロゴロしたりトイレに行っても「布団に戻る」例えば起きてても何もしない日を作るんです。

そうすると結果的に、何もしないから逆に罪悪感が出るんです。

休みの日でも家の事で「やる事はたくさんある」んです。

そんな事をほったらかしにしてるので後悔の念が出てくるんです。

次の休みの日は「有効的に使お!」「やらなければ!」ってやる気が出るんですね。

ろこ

何もしないってホント体力使わないんですよね。

動物でもそうですが、しんどい時って家でジッとしとくのが良いんです。

何もしない!布団でゴロゴロしてるとデメリットがあるんです。

昼間に寝てるので夜、寝たい時に寝れないと言う事なんです。

ろこ

やる気が出てきたかも!

ん~・・・やる気か・・・
「モチベーション」「やる気」は似た言葉の様ですが、違うんですよね。

また「テンション」を上げるのとは違うんですね。

モチベーションとテンション・やる気混合してるのかもしれませんね。

テンションとモチベーション

モチベーションとテンションが、ごちゃ混ぜになってるのかもしてません。

一緒にして考えたらダメなんです。

ろこ

テンションとモチベーション ・・・・

テンション

テンションって言うのは、ただの気分の上下なんです。

頭の中が祭り気分なんです。

「ノリ」「祭り」「飲み会」みたいな楽しい行事の時の気分なんです。

現実逃避的な。

その楽しい行事の後は「グッと気分が下がりますよね?」

家に帰ると、また現実が・・・・・・って思いませんか?

テンションって頭の中の周波みたいなもので、上がったら早期に下がるんです。

テンションは、その繰り返しなんです。

モチベーション

モチベーションは強い目的や意志があってこそ、出てくるもの何ですね。

それと意義や目的を深める事なんです。

だからテンションとモチベーションは根本的に違うんです。

しかし怠け癖やダラダラしてたら、せっかくのモチベーションも下がってしまいます。

休憩中には目を閉じる

仕事中にはサボれませんし寝れません。

だから休憩時間に椅子に座って、何も考えずに5分でもいいから、目を閉じとくんです。

これで少し寝れた気になって、かなり頭がスッキリするんです。

休憩中の短時間でも、目を閉じるって効果的なんですよ!

頭が「スーーー」っとして「リセット・リフレッシュ」された気分になるんです。

ろこ

私の時間が無い時の気分転換の1つなんです。

この方法はモチベーションを取り戻した気分にもなれて、持続もできるんです。

維持も大切ですがモチベーションの回復にも効果的なんです。

目を閉じる事で、何度も原点復帰する事ができ、自分のモチベーションが揺るがないものになって行くんです。

テンションでは仕事をしない方が良いんです。

それはメンタル崩壊の危険性もありますから。

ろこ

私みたいな真面目人間が陥るワナですね。

・・・・・・・・・・・・・・汗

テンションって自分の気分の為に「周りの人を振り回す」んですよね。

競走馬じゃないんだからテンション全開で仕事をしたら駄目なんです。

それは周りから見たら迷惑以外の何もないですね。

人と会話してみる

人と会話する事は重要な事なんですが、会話する人を選ばないといけません。

  • 話の内容を共感できる人
  • 自分と同じような境遇の人

実際に話をしてみないと分からない事もありますが、だいたいが「ふ~ん」で終わります。

共感できないとモチベーションが下がってしまうんです。

共感できてモチベーションを保たなければいけません。

一度上がったモチベーションは、一定時間や期間が過ぎてもたもたれますからね。

ホント意外なんですが、身近に同じような境遇の人がいるもんなんです。

そんな人と会話してみて「辛いのは私だけじゃないんだ!」ってなるとモチベーションも保たれるんです。

ろこ

仕事も生活もモチベーションを下げずにいられるんですね。

定位置に座ってみる

やる気が起きなかったりする時は、とりあえず定位置に座ってみましょう。

ホント座ってみないと何も始まらないんですから。

机の上のパソコン周りを整理整頓してみてり。

外を見ながら「よし!やろっか!」って自分に言い聞かせるんです。

ろこ

これも効果があるんです

これも意外と「やる気」が出てくるんです。

モチベーションが下がってるんでは?っと思ったら、忘れかけてたことを思い出してみて下さい。

ろこ

自分がやるべき事の目的や理由は何ですか?

心の中の大切な事って、平和ボケしてて、忘れやすいのかもしれませんね。

趣味はありますか?

自分の趣味・好きな事をやってみるのも良いのです。

ろこ

やる気の無い時って・・趣味をやる気が起きないかも。

自分の好きな店に行ってみる。

本屋・ホームセンター・レンタル屋など。

自分の好きな物を、見に行ったりしたら意外に生活のヒントが得れるんです。

無理にはいかない方が良いかもですが。

しかし時間って何を使用が同じように過ぎていきますから、よっぽどのことが無い限り、決して無駄な時間って無いんですね。

中途半端な気持ちで、物事に取り組んでも良い事はありませんからね。

モチベーションを上げる事なんです。

ろこ

気分や体力の回復にどうですか?って提案させてもらいました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました