【コロナ感染拡大中】神奈川県が神奈川アラートを発令した

スポンサーリンク
スポンサーリンク
モッピー!お金がたまるポイントサイト
コロナウイルス

「感染防止対策取組書が張っていないところに行かないでください」

黒岩祐治知事

このように、神奈川県民にこう呼び掛けました。

出歩けば、誰が新型コロナウイルスに感染するか分からないのです。

黒岩祐治知事は、直近の県内新規感染者数が県独自の基準を上回ったとして、7月17日に神奈川警戒アラートを発令したのです。

新型コロナウイルス感染者が増え続ける中、「まさに正念場」と危機感も示し、「外出自粛要請」との表現は封印て経済活動を停滞しないように配慮してます。 

事業者には、テレワーク・時差通勤の取り組み・同取組書の掲示などの徹底を要請してます。

キリが無いのですが、神奈川県はこれまで、アラート発令により県民に「外出自粛を要請する」としていました。

しかし、この日の対策本部会議で対処方針からこの表現をしないようにし、事業所が取り組む感染防止策を列挙した

「感染防止対策取組書が掲げられていない場所に行かないことを要請す」

とトーンダウンしてます。

神奈川県の黒岩知事は「外出自粛だと、緊急事態宣言時の『ステイホーム』などを思い起こさせてしまう」と説明してます。

アラート解除の基準は今後検討するが、2週間は解除しないのです。

大規模イベントの開催制限緩和など、県立の学校の対応については変更しない方針です。

医療提供体制の拡充については、感染者数は増えているものの入院患者数が抑えられているとして見送ってます。

4~5月は60代以上の高齢者が多かったのです。

しかし、6月以降は30代の若年層が多くて、無症状や軽症で入院が必要のない感染者が多いため、新型コロナウイルス陽性者の入院数は7月16日時点で101人で、150人程度になったときに病床拡大を検討するのです。

「コロナの病床は確保できており、必要時には再度増やす。今は、必要な通常医療をちゃんと受けていただきたい」

阿南英明

と述べてます。

黒岩祐治知事は
「一時は感染者数がゼロになり、終息に近づいたかと思ったが、残念ながらアラートを発動することになった。まさに正念場。これ以上患者を増やさないよう、しっかりと対応したい」
と言ってます。

mojalaki
mojalaki

実に考えが、甘いですね

コメント

タイトルとURLをコピーしました