大阪・関西万博ロゴマークが怖いしトイレの落書きみたい

スポンサーリンク
スポンサーリンク
モッピー!お金がたまるポイントサイト
ニュース

経済産業省が2020年8月25日に、「大阪・関西万博ロゴマーク」を発表したのです。

2025年の大阪・関西万博のロゴマークが8月25日、決まったのです。

採用されたロゴは、寄せられた5894作品中から選ばれたものです。

大小さまざまな形の赤い円がリング状につながっていて、5つの円の中に白と青の円が入り込んだ、デザインとなっていますね。

選考委員会が、レベルが低いためなのか、こんなユーモアや奇抜さを評価したのです。

セル(細胞)をコンセプトとし「いのちの輝き」を表現している作品です。

これは、万博の運営主体「日本国際博覧会協会」が発表しました。

今後、万博のプロモーションなどで広く使う予定です。

こんなの誰が作ったの?

大阪府大阪市浪速区で、デザイン事務所を経営するシマダタモツさん(TEAM INARI)が考案したのです。

mojalaki
mojalaki

ん・・・・・・何て言っていいか分からない「ロゴ」ですね

チームイナリ考案のデザイン案が採用されたのですが、「怖いものに見える」とネット上で話題になってますね。

シマダタモツさんは、ロゴ発表の会見で1970年の大阪万博を訪れ、太陽の塔に衝撃を受けたエピソードを披露しました。

「岡本太郎さんのようなパンチやオリジナリティーのあるものをつくりたいとずっと思っていた。万博の顔になっていくのが最高にうれしい」

と述べたのです。

mojalaki
mojalaki

確かに、オリジナリティー?満載ですね

私が過剰に評価すると、悲しい結果になってしまいますので、これ以上は言えませんが。

最終候補に選ばれた5作品

無論、採用されてしまったのは、右下の「E」ですね。

「E」以外も、何処かで取って付けたようなロゴで、似たり寄ったりなので、今回の細胞「E」は良かったかなあと思います。

ロゴは怖いほど話題になった

このロゴは、「怖いものに見える」とネット上で話題になっています。

見方によっては「つながった肉塊から目玉がのぞいている」ように感じてしまうみたいです。

経済産業省のデザイン発表ツイートでは「怖い」などの感想がリプライ欄に書き込まれています。

色んなゲームやアニメに出てくる「肉塊から芽が生えたキャラ画像」が大量に貼られていますね。

Twitterでは「コロシテ」くんが、トレンド入りしてしまいました。

これは非人道的な改造などにより肉塊にされたキャラがつぶやく定番のせりふ「コロシテ……」からきています。

このデザインから聞こえてきそうといった意味で、多くつぶやかれているのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました