孤独感は寂しさのあまり不安の恐怖が襲ってくる

スポンサーリンク
スポンサーリンク
モッピー!お金がたまるポイントサイト
孤独

一人の時は何をして、何を考えてますか?

1人、それは孤独な人の事です。

たまには、一人になりたい時もあるかもしれません。

しかし一人の期間が長すぎると、孤独感の不安が襲い掛かってくるときもあります。

時には、病気になる事もあります。

そんな人の弱みに付け込んで、他人事のように寂しさの対処法を書いてるブロガーがいますが、そんなのでは絶対に解決しません。

意味の無い記事の一例ですが・・・・(少しタイトル名を、ずらしてます)

  • 孤独や不安を紛らわす秘策
  • 寂しい気持ちを解消する方法
  • 孤独が不安でつらい気持ちになった時の対処法
  • 孤独感に襲われた時の対処法を徹底解説
  • 孤独の不安と恐怖が消える意外な方法

こんな記事で、孤独感・寂しさ・恐怖が解消されるなら苦労しません。

全ては時間が解決します。

mojalaki
mojalaki

この記事は、解決法ではありません・・・・・

人生の孤独・孤独感は恐怖

孤独感はすべての年齢層で発生し、私たちがどれだけの時間を持っているかを考えると非常に悲しいのです。

私たちは、これだけでは決して一人ではないことを覚えておく価値があります。

しかし、治療する必要があり、明らかに私たちの手の中にあります。

それに直面してしまいます。

すべてが困難で、山のように見える日もあります。

最近、私たちは強い欲求不満と思い通りの動きを、妨げる恐れを感じています。

近年の孤独感は高まっているようで、残念ながら全年齢層に影響を及ぼしているものです。

この感情に対処することは難しい場合がありますが、不可能ではないことは注目に値します。

それは、変わることができるものです。

しかし、この感情は人を成長させ、人をより強い人にすることができます。

あなたが何者であるかを、常に生きている誰かがいます。

あなたを理解できる人が常にいます。

あなたはこのすべての中で一人ではありません、そしてこれを理解するとあなたは物事を別様に見るようになります。

覚えておく必要がある事

あなたは一人ではなく、そのように感じる唯一の人でもありません。

逆に孤独を感じる人が多すぎます。

すべての人は、自分自身の物語を作り上げます。

あなたが知らないかもしれませんが、それは難しい、暗くて苦しい話かもしれません。

あなただけが困難に直面していると思うなら、私はそうではないことをあなたに伝えなければなりません。

多分あなたは他の人を理解し、別の視点から物事を見ようとしないといけません。

悲惨さは、エネルギーと時間の浪費です。

自分の手に命を取り、あなたを台無しにするものを排除すべきです。

だから、あなたが望む方向にステップを踏み、動き始めるのに役立つ戦略を作成してください。

あなたは、他の人のように完璧ではありません。

制御できない侮辱で、自分を撃たないでください。

いつもあなたは最善の方法で、何か違うものになります。

あなたの味方を受け入れ、彼らがあなたに提供するあらゆる経験を楽しんでください。

誰かが、あなたを必要としています。

否定性を排除し、最悪の日でも生産的になることができることを確認してください。

これが目を覚ます方法です。

「悲しみを遠ざけるために、私たちの周りに築く壁は喜びを遠ざける」

ジム・ローン

私は、良い言葉だと思います。

この感情を受け入れることで、拒否や非受け入れから解放されます。

孤独感は、私たちの人生のある時点で私たち全員が感じるものです。

これは悪いことではなく、仕方ない事です。

あなた自身の自己改善の道を始め、あなたの感情を考えて解読してください。

それらがアルゴリズムであるかのように、それらを見てみてください。

見知らぬ人と話す

そのアイデアはあなたを少し怖がらせ、そうするために必要な自信がないと感じるかもしれませんが、実際にはそれは非常に単純な動きです。

他の人は、交際を必要とするかもしれないと思います。

これらすべてが、大きな関心のある議論につながると仮定します。

インターネット

ボランティア活動について調べ、グループ活動を探し、参加してください。

YouTubeには、無数のチャンネルがあります。

すべてをそれほど真剣に、受け止めないでください。

人生では、少しユーモアを持つ必要があります。

書く

書くことは混乱する考えを整え、ある意味で悲しみと戦うことができます。

それはあなたを、傷つけるものを和らげるのに役立ちます。

「人生は大胆な冒険か、他に何もない」

ヘレン・ケラー

どうですか?

落ち着いて、少し考えてみてください。

生涯の旅で、自分自身を発見する事です。

私が恐れる孤独

私が恐れる孤独

孤独は現代人の、最も重要な問題の1つと考えられています。

私が一人で過ごす時間は、無限大に見えます。

私の周りに他の人がいないと、私は心は空っぽになり、一人でいるという考えは私を怖がらせたり不安にさせたりします。

したがって、私たちは孤独を紛らわす方法を考えました。

私たちは孤独を恐れています
私たちは人生を恐れています

オニール

アーヴィン・D・ヤーロム

アーヴィン・D・ヤーロムは対人分離と実存的孤独、つまり孤独の2種類について語ってます。

対人分離

関連する対人分離、誰もが持っている個人的な問題です。

私たちの内側のニーズ、恐れ、ジレンマを管理できないことは、他人に対する私たちの個人的な問題を無意識のうちに「反映」することを余儀なくさせています。

だから私たちは健康的な関係を作るのに苦労し、私たちは一人にされています。

実存的孤独

実存孤独は、代わりに自分自身を表現する創造的なスペースです。

それは本質的に私たち自身へのターンであり、私たちの欲望を処理して整理し、私たちの目標を設定し、したがって私たち自身と私たちの人生のコースを決定します。

この時点で、孤独は私たちが自分自身の隠された側面を発見し、さらには自分自身を再作成するのに役立ちます。

エーリッヒ・フロム

エーリッヒ・フロムによると、一般的に私たちの孤独の実現はストレスの源です。

自由を伴うとしても、私たち自身の重要な問題を決定することは安全ではありません。

私たちの決定に対する責任を取ることは危険であり、正しいか間違った選択をするリスクです。

多くの場合、孤独は私たちを怖がらせませんが、それは私たちの人生が鏡で捉えたイメージを怖がらせます。

しかし、変更の唯一の機会があります。

その場面に直面すると、それを処理し私たちの欲望に基づいて評価し、それを維持するか変更することができます。

神経科医・精神科医のニコスE.デグレリス博士

神経科医・精神科医のニコスE.デグレリス博士は、彼らの多くにとって、孤独は彼らの私生活で起こっていることを反映しているのではありません。

彼らの魂で秘密に、そして暗黙のうちに起こっていることを反映している。

彼らが知っている人々と一緒にいるとき、彼らは幸せで外向的で楽観的であるふりをします。

実際彼らは価値がなくて不安であり、深い恥の感情を持っています。

これらはすべて、私たち一人ひとりの思考の糧です。

彼女を捨てて、次に進む時が来ました。

孤独は私たち自身との健全な接触ですが、孤独は私たちの体、そしてとりわけ私たちの魂を萎縮させます。

孤独・孤独感の副作用

孤独の副作用は何ですか?

東洋のライフスタイル・生活は、社会的孤立と孤独に直接関係しています。

孤独感は、ほとんどの人がおそらく私たちの一生の間に経験する経験です。

成人の約1人が孤独感をかなり頻繁に経験し、その割合は青年および若年成人で急速に増加しています。

特に、孤独感を痛感する年齢層は年配の女性です。

東洋の生活様式は、地域から都市への多数の人々の内部移動と相まってますね。

人々の相互関係の数と、持続時間の両方に直接的かつ決定的に影響を与えます。

密接な関係は、依存症の兆候と見なされることが多いのです。

絶対的な自給自足などの東洋文化によって、作成されたステレオタイプの人は問題をさらに悪化させます。

人々の孤独感を、高める要因はたくさんあります。

離婚、未亡人、愛する人の死などの人生の出来事は、孤独感の痛みを伴うことがあります。

孤独感は、肉体的にも精神的にも健康上の問題を引き起こします。

免疫系の機能的変化

内分泌系の変化

平均余命の短縮

ストレスを増やす

血圧の上昇

うつ病

自尊心の低下

アルツハイマー病の出現

休息と睡眠の欠如

意志と忍耐力の低下

目標の放棄

身体運動の減少

脂肪分の多い食品の摂取量の増加

アルコール消費量の増加

上記に加えて、孤独によって引き起こされる副作用によれば、それはいくつかの深刻な精神障害の結果でもあります。

このタイプの障害を持つ人々は、関係を形成して維持することが困難であると感じ、社会的グループに参加するのに苦労し、一般的に彼らの社会的環境に受け入れられています。

そのような障害に苦しんでいる人も、多くいるのです。

原因またはさまざまな状況の結果としての孤独は、一人一人のライフスタイルと人格を変える痛みを伴う状態です。

私たちの周りの人々の兆候を認識し、彼らの社会的孤立をできるだけ減らすようにしなければいけません。

孤独は味方か敵か考えてみる

私たちが住んでいる現代では、リズムが急速に加速し、ますます多くの人々が社会化の感覚を失い、自分自身を孤立させています。

結局のところ、孤独は友達ですか?それとも敵ですか?

通常、自分の心を開くことを恐れているので、他人に対する自分の気持ちを知ってもらう事が必要です。

その結果、人は傷つくことを恐れ、人の孤独は永続していきます。

人が孤独と和解するとき、私は内なる探求と自己理解の魔法の旅が始まると思います。

孤独は、友人と創造と進化の軌跡のパスに私たちを導きます。

しかし、孤独が敵である場合もあります。

周りにたくさんの人がいる間、たくさんの人が孤独を感じます。

この孤独は、個人だけでなく、社会にも敵対的なのです。

孤独は、人が彼の最も深い自我を探す必要がある時間を、人に与えることができます。

その人は彼が本当は誰であるか、そして彼が彼の人生で何をしたいかを知る事ができます。

絶対的な孤独の場合にのみ、人間は彼の絶対的な力を理解できると思います。

多くの場合、群衆や社交の集まりは、個人を精神的な存在として弱めます。

mojalaki
mojalaki

アイデアはユニットとして個人から生まれ、全体によって拡大されます

しかし、私が信じていることを超えて、孤独は個人の敵です。

なぜなら人間は社会的存在です。

多くの人は、孤独感と自分自身のどちらかと和解できないため、孤独感に耐えることができません。

孤独は、暗い道、絶望と狂気の道に何度も人を導いてしまってます。

私の願いは、すべての人が彼の望むように自分の人生を生きることです。

結論

孤独は、自分の敵か、味方か自分で判断しなければいけません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました