ロングテールキーワードとは何?WEBで使用する必要があるのか?

SEO

知っての通り、ターゲットニッチには、多くの競争があります。

ブログでの、ロングテールキーワード戦略は、SEOにとって不可欠です。

SEOの要素は200以上ありますね。

下記の関連サイトで、「SEO要素210項目」まとめてます。

ヘビーヒッターの多くは、あなたもランク付けしたいと思うかもしれない大量のキーワードをターゲットにしてランク付けしています。

しかし、競争が激しいためにランク付けできません。

ほとんどの企業やブログは、非常に特定の検索目的でユーザーを引き付けることができるため、ロングテールキーワードアプローチの恩恵を受けてます。

ロングテールキーワードとは何か?

それと、Webサイトのロングテールキーワード戦略を確立する方法に関する、今から説明する最新のガイドをお読みください。

ロングテールキーワードの定義とは?

出典:ニッチサイトプロジェクト

ロングテールキーワードは、ユーザーがコンバージョンに近づいたとき、または音声検索を使用したときに検索する、より長く、より説明的なキーワードフレーズです。

※または目標到達プロセスが低いとき

これらのタイプのキーワードは、検索ボリュームと競争が少なくなります。

また、3語よりも長いです。

中華人民共和国のドラゴンについて考えてみてください。

「頭」は、長さが短い「頭の用語」の検索で構成されますが、検索ボリュームの大部分がここにあります。

検索クエリの長​​さが長いほど、これらのタイプの用語のボリュームは少なくなります。

競争が少なくなるため、それらの用語で上位にランク付けされる可能性が高くなります。

あなたのサイトの1つの主要なトピック!

ほとんどのブログには、1つの主要なテーマがあります。

これは、ヘッダーフレーズまたはショートテールキーワードと呼ばれます。

たとえば、このWebサイトはSEOを中心としています。

ほとんどの投稿は、SEOまたはSEO関連のトピックに関するものです。

初めはそうでしたが‥‥

あなたのヘッダーフレーズは、検索者に自分のサイトを見つけてもらいたいものです。

私の場合、キーワードは特にSEOをターゲットにしています。

いくつかの「テール」トピックする

SEOの世界では、すべてのページを最適化して同じ用語をターゲットにすることはできません。

その為には、SEOのベストプラクティスなどのSEOの概念を中心に、GoogleアナリティクスやGoogleなどのSEOツールを設定するコンテンツを多数作成しています。

Search Console、SEOツールのレビューなどありますね。

包括的なSEO戦略の作成!

さまざまなロングテールキーワード用にブログ投稿を最適化する場合は、「ヘッド」ページと相互リンクする必要があります。

これらのページから「ピラー」ページ、またはWebサイトの主要な素材にリンクする必要があります。

自分のWEBサイト・ページは、常に「頭」を「尻尾」からリンクしたいと思います。

そうすることで、ウェブの構造がどのように見えるか?

どのページが最も関連性が高いか?

それらを、Googleに示すことができます。

なぜロングテールキーワードを使用する必要があるのですか?

ロングテールキーワードを使用することには、多くの利点があります。

これについては以下で説明します。

ロングテールキーワードは競争力が低い

簡単に言えば、ロングテールキーワードは競争力が低くなります。

ドメインパワーが低い時には有効的です。

下記のサイトで「ドメインパワー」を調べる事が可能です。

私のサイトのドメインパワーです。

下記のように表示されます。

例えば、中国のドラゴンについて考えてみてください。

検索の大部分は「頭」の用語から来るかもしれませんが、これらの用語は最も競争力があり、ランク付けするのが難しいでしょう。

ロングテールキーワードは検索ボリュームが少なくなりますが、これらの用語でランク付けされる可能性ははるかに高くなります。

より高いコンバージョン率

ロングテール検索はより具体的であるため、ユーザーがその特定の検索用語からコンバージョンに至る可能性が高くなります。

ロングテールタームを探している人は、通常、ヘッダータームを探している人と比較して、購入サイクルのはるか下にあるのです。

ショートテールキーワードの一例は「SEO」です。

SEOを求めている人は、それが何であるか?

または、それがどのように機能するかを理解したいだけですが、必ずしも何かを購入する準備ができているわけではありません。

単語のより長いバリエーション「近くのSEOサービス」や「SEOに最適なキーワードサービス」を検索しているユーザーにとって、これはコンバージョンに非常に近いことを示しています。

ロングテールキーワードの例

少し前に1つの例を示しましたが、ここで、いくつかのロングテールキーワードの例を示します。

自動車産業

ロングテールキーワードは、購入を特定のブランド・車両モデルに絞り込んだため、「近くのLEXUSのディーラー」または「2021年東京都の新宿で販売されているLS」である可能性がありますね。

不動産

ロングテールキーワードは?

「住宅ローンの事前承認を取得する」

「東京都新宿で販売されている住宅1億円」の場合があります。

繰り返しになりますが、ユーザーは検索を特定の価格帯と地域に絞り込んだか、住宅ローンの事前承認を得るために次のステップを踏み出そうとしているのです。

フィットネス

ロングテールのキーワードは、「販売されている最も安価なトレッドミル」または「東京都渋谷区の安いジム会員」である可能性があります。

繰り返しになりますが、これは、検索を特定の場所・価格などのポイントに絞り込んだか?

個人用の安価な、トレッドミルを購入しようとしていることを示しています。

ロングテールキーワードにはいくつの単語が含まれていますか?

前に述べたように、ロングテールキーワードは通常、検索フレーズの3つ以上の単語で構成されます。

1〜2個のキーワードフレーズはショートテールです。

2〜3個はミッドテール。

3個以上を超えるものは「ロングテールキーワード」と見なされます。

ロングテールとショートテールのキーワード

ロングテールとショートテールのキーワードを説明するときに、中国のドラゴンを簡単に例えました。

ロングテールキーワードと、ショートテールキーワードの主な違いは次のとおりです。

ロングテール

3語以上。

検索意図が低い。

競争と検索ボリュームは低くなる。

セールスファネルでコンバージョンする可能性は高くなります。

短い尾

1〜2語。

より高い検索意図。

競争と検索量は多い。

セールスファネルで、コンバージョンする可能性は低いですね。

ロングテールキーワードを見つける方法

ロングテールキーワードの基本について説明したので、SEO戦略でそれらを見つけて使用する方法を説明します。

Googleの「関連する検索」セクション

まず、Googleの「関連する検索」セクションを使用して、ロングテールのキーワードを考案できます。

Google関連キーワード

あなたのウェブサイトに、ランク付けさせたい見出し語を入力してください。

グーグルの下部に、あなたのウェブサイトのためにターゲットにすることができるたくさんのロングテールキーワードを得れる事ができます。

また、これらのロングテール用語をGoogleに接続して、「関連する検索」をさらに表示することもできますね。

パブリックツールに答える

これは、プラグインする特定のヘッドタームの質問のリストを生成する優れたツールです。

質問関連の検索は長くなるため、このツールが特定のクエリに提供する質問のリストから、ロングテールのキーワードのアイデアを多数生成できます。

掲示板とフォーラム

掲示板やフォーラムは、質問をしたり答えたりする人の数が多いため、新しいキーワードを見つけるための素晴らしい方法です。

特定のトピックについて話している掲示板や、フォーラムを見つける方法はいくつかあります。

Googleにアクセスして、次の検索フレーズを使用します。

  1. 「キーワード」+「フォーラム」
  2. 「キーワード」+「ボード」
  3. 「キーワード」+「ディスカッション」

RedditとQuoraは、キーワードのアイデアに活用できる優れたユーザー生成スレッドでもあります。

Googleオートコンプリート

Googleオートコンプリートは、検索しようとしているものに基づいてさまざまな検索のリストを推奨するため、ロングテールキーワードのアイデアのもう1つの優れたオプションです。

私の唯一の不満は、この方法でキーワードの提案を検索するのに時間がかかる可能性があることです。

そのため、実際のキーワード調査ツールを使用することをお勧めします。

Google検索窓

キーワードツール.ioまたはUbersuggest

キーワードツールの「io」またはUbersuggestは、Googleオートコンプリートを介して、インポートするキーワード候補を自動的にキュレートする2つの優れた無料オプションです。

ターゲットキーワードを入力するだけです。

これらのツールは、コンテンツがオーガニックトラフィックを生成することを保証するために、実際の検索ボリュームでターゲットにするための何百もの推奨キーワードを提供します。

SEMRushとKeysearchは、ロングテールキーワードのアイデアを生み出すための優れた有料キーワードリサーチツールでもあります。

Soovle

Soovleは、YouTube、Amazon、Ask.comなどの他のタイプのプロバイダー/検索エンジンからのキーワード提案をキュレートするもう1つの無料ツールです。

Soovle

Google Search Console

Google Search Console、このサイトは皆さんは知ってますよね。知らなかったらモグリですね。

Google SearchConsole

デフォルトでは、Google SearchConsoleはウェブサイトへのトラフィックを促進しているクエリのリストを提供します。

パフォーマンスレポートに移動し、クエリのリストを調べます。

リストをふるいにかけ、意図的にターゲティングしていない可能性のあるキーワードを特定することで、新しいロングテールの機会を見つけることができます。

次に、それらをSEMRushUbersuggestなどのキーワード調査ツールに接続して、検索ボリュームがあるかどうかを確認できます。

Googleトレンド

Googleトレンドで、ランクにしたいというキーワードを検索します。

Googleトレンドでは、その期間内の特定の検索数に基づいて、ユーザーの検索インタレストが時間の経過とともに表示されます。

また、特定の業界のSERPで注目を集めている「ホットトピック」や、人気が高まっている「関連クエリ」も示しています。

ロングテールキーワードはどのように使用すればよいですか?

ロングテールキーワードを見つける方法を示したので、次のステップは、それらがSEO戦略にどのように適合するかを理解することです。

これについても以下で説明します。

その期間のコンテンツを作成する

まず、その用語を中心としたコンテンツを簡単に作成できます。

このアプローチの欠点の1つは、ヘッドタームで上位にランク付けされている場合と比較して、ほんの一握りのコンバージョン/トラフィックしか表示されない可能性のある数百の記事を、クランキングしてしまう可能性があることです。

ロング/ミディアムテールキーワードに焦点を当てた記事を最適化する

2番目のオプションは、「ショートテール」または「ミディアムテール」キーワードを中心にコンテンツを最適化します。

その部分にロングテールキーワードを含めて、ロングテール用語とより高度な検索の両方でランキングされる可能性を高めることです。

トピッククラスター戦略

3番目のオプションは、トピッククラスター戦略(私の個人的なお気に入り)を作成することです。

トピッククラスターは、相互にリンクされたWebページのコミュニティです。

これらは、ショートテールキーワードをターゲットとする1つの「ピラーコンテンツ」を中心に設計されています。

ロングテールキーワードをターゲットとする、多くの類似しているが焦点を絞ったコンテンツと相互に関連しています。

トピッククラスターは、密接に関連するコンテンツのために、特定のニッチでより多くの権威としてWebサイトを確立するだけではありません。

相互リンク戦略は、柱のページと柱の権威を介してそれらのショートテール用語をランク付けするのに役立ちます。

WEBページは、すべてのロングテールコンテンツに渡されます。

これにより、単独で使用する場合よりもランクが高くなります。

コメント