美咲ちゃん殺人犯人は両親ではないかもしれないが逮捕されない場合

misaki

美咲ちゃんを殺した犯人は、捕まってないし、分かってないのです。

いちいち騒いでるサイトがありますが、意味がありませんね。

mojalaki
mojalaki

不思議ですね~~~~w

いじめを受けて誰も助けてくれない!どうしようもない!

今にも相手を殺してしまいそうになる

夜も眠れず 職場 学校にも行けず 誰にも相談できない

そんな心の闇を背負っている人は、いるはずです

そんな奴には制裁を加えてやればいい!

mojalaki

日本をはじめ、多くの先進国の現代刑法は、オカルト現象を否定しています。

科学的かつ合理的な方法でなければ、いくら殺意があっても相手を殺した証明ができないのです。

しかし、実際には呪いで急死したり事故死する事故は多発しています。

病気では脳溢血や心筋梗塞で、あっというまに死亡しています。

呪われた家族は、まさか呪い殺されたと思う人はいないが、依頼者は分かっているのです。

  • 昨日まで元気だった人が心臓麻痺で急死
  • 会社に行ったらなぜか電車で飛び込み自殺をした
  • 遺書もなく首吊り自殺した

自殺した理由は、後付けでいくらでも理由はつけられます。

強い念波を送り付け、人を殺しても殺人罪では捕まらないのです。

司法の世界では、これを不能犯と呼んでます。

科学的に不可能だとされる方法で、相手を殺したと言い張る者がいた場合も、

「それは恨んでいた相手が、たまたま死んだだけ」

という解釈をされるのです。

じっさいに家族が呪い殺された、と警察に訴えることは多いそうだが、警察では取り合わないでしょうね。

しかし

「お前を呪っているぞ」

と告げると、脅迫罪が適用されます

mojalaki

呪い殺さなければならない親達

自分には理解できない種類の人たちが、目を覆いたくなるような行為ばかり繰り広げる内容と思われるかもしれないのです。

だがその予想は、大きく裏切られることになるでしょう。

最初はよくある感情の行き違い程度なのだが、それが引き寄せられるようにいくつも重なり合い、気付けば取り返しのつかないことになっている、そんな印象です。

ネグレクト、DV、嬰児殺し。

この手の事件が起これば、その親たちは「鬼畜」と呼ばれ、その非道な行為は瞬く間に広まっていきます。

しかし、犯人たちは、いずれも法廷でこう述べるのです。

「愛していたけど、殺してしまいました」

と。

それはある意味において真実であり、量刑を軽くするための言い逃れからくるだけの言葉ではなかったのです。

彼らは方法も感覚も大きく間違えていたが、心の底からそう思っていたフシも伺えるから話は複雑なのでしょう。

なぜ両親は虐待を続け、そして子共たちは命を奪われることになったのでしょうか。

親に復讐するために生まれてくる子供

夫婦関係の多くは、前世で敵討ちどうしだったのでトラブルが絶えません。

結婚相手になる人や生まれてくる子供は、決して偶然ではありません。

親に復讐するために生まれてくる子供がいます。

親が子供を、殺したりするとい親が非難されます。

最近子殺し事件が、報道されます。

親が子どもを殺す。

それも理由にならない言い訳を並べます。

これほど痛ましいことはない。

子殺しの事件は、今年に入ってからだけでも約5件以上が起きています。

だが、ろくに報道されることもなく、すぐに忘れ去られてしまいます。

「いたずらを注意したが聞かなかったから」
「言うことを聞かず、泣きやまなかったのでやった」
「イライラして払いのけた」

これは、加害者となった親たちの言い分は?

たったこれだけの理由で、殴ったり首を絞めたりして命を奪ってしまう。

橋の上から、子どもを川に落とした母親もいた。

「食べ物の好き嫌いが激しかったから死んだのではないか?」

食事を与えずに、3歳の娘を餓死させた19歳の母親は、そう弁明してます。

もちろん子育ての大変さは、経験した者でなければわからないでしょう。

育児に疲れ果てて、子どもとともに無理心中を遂げた例も少なくないのです。

親が子を殺す、この行為は前世まで遡らなければ分かりません。

親に復讐するために、生まれた子供がいる。

前世の因縁は現世にも影響します。

前世で結婚の約束を果たせない場合、現世で再会しますが結婚できません。

前世で馬の合わない人は、現世でも合いません。

前世で深い因縁のある人には現世で必ず再会しますし、今回の場合も前世と同じ結果になるでしょう。

前世で殺し合いになってたら・・・・最悪です。

例えば、多分ですが、こんな事件が起こります。

子供が親に暴力

最近特に多いのが、子供が親に対する暴力です。

長男に多いのが家庭内暴力が原因です。

写真を見ると、ふつう人当りの良い人に見えます。

外面が良く内面が悪いのでしよう。

人は誰でも、友人が欲しいし、人から愛されたり、尊敬されたいと思います。

しかし、そんなわがままな人間では、良い友人関係などできません。

みんなが我慢できることでも、自分はできません。

そうして、人生が上手くいかなくなり初め、そこになにかきっかけとなるような挫折体験などをすると、家庭内暴力が始まります。

上手く生きていくことができない怒りや悲しみを暴力という形で表してしまうのです。

本当は、苦しい感情を悩みながら自分の心の中で処理したり、不平不満をきちんと言葉で表したり、少なくとも社社会的に認められる形でストレス発散ができると良いのですが、そこまで心が成長していないのです。

苦しい感情を反社会的な暴力という行動に表してしまいます。

これを行動化(アクティングアウト)と言います。

一般的な家庭内暴力では、過保護、過干渉は母親、存在感のない父親の家庭で発生します。

子ども自身が、小さいころに親からの体罰を受けていたことも少なくありません。

思春期までは優等生だった子どもが、突然荒れる例もあります。

家庭内暴力は家の中の弱者を標的にします。犠牲者はたいてい母親です。

彼らは、母親を殴りながら、「みんなお前が悪いんだあ!」「謝れ!謝れ!」などど叫ぶことがあります。

こんなダメな自分にしてしまった親を責めているのです。

もちろん、だからと言って親を殴るのは理屈に合いませんが、彼らの心の叫びとしての親への暴力です。

彼らは親を殴りながら、さらに自分の心を傷つけていきます。

すると、ますます感情的に不安定になり、家庭内暴力が悪化するという悪循環になります。

 家庭内暴力は、直接親への暴力だけではなく、家財道具を壊すこともありますし、また親に命令して自分の召使のように使ってしまう場合もあります。

今回の男性も、何もかも母親にやらせていたようです。

ただし、この男性の暴力がこのような心理による家庭内暴力なのかどうかは、現時点では良くわかりません。

普通の家庭内暴力は、10代から長く続いても30代前後までですから、30代後半になっても母親に激しい暴力を振るうとすれば、別の心の病などがあるのかもしれません。

家庭内暴力の対策は簡単ではありません。

同じ家庭内暴力と言っても、様々な原因があります。

その原因や暴力の進行具合によって、子どもを受容することが重視されたり、逆に毅然とした態度が重視されたりします。

あまりひどいのは精神病の疑いがあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました