安倍首相に難癖をつけた立憲の「石垣のりこ氏」が謝罪|面倒な批判

スポンサーリンク
ニュース

謝罪の発端は「大事な時に体を壊す癖がある危機管理能力のない人物」と石垣のりこ氏が発言した事でした。

mojalaki
mojalaki

まあ、一理ありますけどね

しかし世の中は、言って良い事と悪い事があります。

石垣のりこ参院議員の公式サイト

立憲民主党・石垣のりこ参院議員がTwitterに投稿した内容に、批判が相次いでいるのです。

2020年8月29日現在、投稿と合わせたツイートは10万以上リツイートされてますね。

そんな中、石垣氏を擁護する意見もあるのです。

話は戻りますが、安倍晋三首相は、2020年8月28日に辞任を表明したのです。

石垣のりこ参院議員は、「大事な時に体を壊す癖がある危機管理能力のない人物」と言ってしまいました。

「持病がある人を揶揄している」

これは1部ですが、このような指摘が寄せられたのです。

石垣のりこ参院議員は2020年8月28日夜、「配慮が足りなかった」と詫びたのです。

石垣のりこ氏のTwitter

  • 「健康を理由とした辞職は当然の権利。回復をお祈り致します」

体調を気遣ってるように思えますが

  • 大事な時に体を壊す癖がある危機管理能力のない人物を、総理総裁に担ぎ続けてきた自民党の『選任責任』は厳しく問われるべきです

と、投稿されてます。

  • 「第一次政権も体調不良でお辞めになり、この八年の間もなんども健康不良説が流れたわけです。なのに『安倍しかいない』と押しつけてきたわけです」
  • 「これほどブラックな職場もない」と弁明した。

こんな発言をしてしまったのですから、批判は殺到してしまいますね。

石垣のりこ氏のTwitterに批判

Twitter民は、発言の撤回を求めています。

石垣のりこ氏の謝罪

石垣のりこ氏は、「この箇所の表現に、疾病やそのリスクを抱え仕事をする人々に対する配慮が足りなかったと反省しお詫びします」と述べています。

石垣のりこ氏は、立憲民主党の綱領を引用しています。

「多様性を認めつつ互いに支え合い、すべての人に居場所がある『共に生きる社会』をつくります」

立憲民主党の綱領

更に、「私も党の一員として、『身体的特性や疾病で、本人の就労意思が阻害されない、強くたおやかな社会』『全ての差別を克服する社会』を構築するため、今後も引き続き職務に邁進して参ります」とも述べていますね。

枝野幸男代表も謝罪

当然ですが、枝野幸男代表も謝罪しています。

枝野幸男代表

だいたい同時刻に、立憲民主党の枝野幸男代表がTwitterを更新しています。

「申し訳ありません」

と、石垣のりこ氏のツイートについて謝罪しました。

「執行部として不適切であるとの認識を伝え然るべき対応を求めました」と述べてるのです。

自民党は持病を抱える人に重責を押し付けてきた

数年前から「安倍しかいない!」と、持病を抱える人に重責を押し付けてたのです。

石垣のりこ氏の問題のツイートは、2020年28日16時、安倍晋三氏が持病である潰瘍性大腸炎の悪化を理由に、辞任の意向を固めたと報じられた直後でしたね。

しかし、あの程度の発言でいちいち批判を浴びて発言を撤回するようでは、駄目ですね。

mojalaki
mojalaki

ツイートの削除はありませんが

炎上はやまず、ツイッター上では

「#石垣のりこ議員の辞職を求めます」

というハッシュタグが、一時トレンド入りしましたね。

しかし私は、石垣のりこ氏に発言を撤回しないよう求めます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました