愛知の大村知事の緊急事態宣言は良い判断ですね

スポンサーリンク
スポンサーリンク
モッピー!お金がたまるポイントサイト
新型コロナウイルス

愛知県の大村知事は、2020年8月5日に記者会見しました。

新型コロナウイルスの感染拡大を阻止するために、「独自の緊急事態宣言」を出すことを発表したのです。

「愛知県の現在の厳しい状況に鑑み、新型コロナウイルス感染症につきまして、愛知県独自の緊急事態宣言を発出させて頂きたいと存じます」

愛知県 大村秀章 知事

これは他県に無い、良い判断ですね。

自粛要請期間

期間は8月6日から8月24日までで、お盆期間の帰省で県を跨ぐ移動などの自粛を求めるのです。

また8月5日はこれまでに、147人に新たに感染が確認されているのです。

愛知県では、名古屋市中区の錦三丁目などで、クラスターが発生するなど7月以降、新型コロナウイルスの感染者が急増していていました。

8月5日からは、一部の地域・業種に限定した営業時間の短縮や休業の要請を始めているのです7。

愛知県の大村知事は、8月5日に記者会見をし、「独自の緊急事態宣言」を出すことを発表してます。

上記でも説明しましたが、期間は8月6日から8月24日までです。

お盆休み期間の行動や、県を跨ぐ不要不急の移動と、大人数での会食などにつき、自粛を求めるということなのです。

愛知県が「独自の緊急事態宣言」を出すのは、2020年4月に続いて2度目ですね。

また8月5日に、これまでに判明した県内の新型コロナウイルス感染者の人数は147人となっています。

このうち、内訳は名古屋市が67人です。

愛知県で新規の感染者が100人を超えるのは、9日連続なのです。

8月6日からの「緊急事態宣言」詳しい内容

独自の緊急事態宣言
  • 県をまたぐ不要不急の移動自粛
  • お盆休み期間中の不要不急の行動自粛
  • 5人以上の会食や宴会の自粛
  • 感染防止対策の徹底

愛知県独自の「緊急事態宣言」に伴う要請です

愛知の大村知事の訴え

「会社や学校が休みになるお盆期間は、感染症を封じる機会でもある。お盆休みを前に、県民に明確なメッセージを出す必要がある」

「(お盆休みの)期間中の旅行、特に帰省については家族と今一度相談し、適切な行動をお願いしたい」

「宣言に合わせて休業要請の対象を拡大する考えはない」

愛知県 大村秀章 知事

お盆休みの帰省はもう一度検討を!

お盆休み中の帰省については、家族と検討しましょう!って事ですね。

また、5~6人以上の大人数での会食や宴会の自粛を呼びかけています。

時短営業や休業の要請は、愛知県内全域ではないのです。

それは、名古屋市の錦・栄地区だけです。

今年4月の緊急事態宣言とは違う点

今回で「緊急事態宣言」は2回目ですが、違う点があります。

2020年8月の愛知県独自の緊急事態宣言は、4月に出されたものとは異なる点があります。

緊急事態宣言の異なる点
  • 県内全域には営業時間の短縮や、休業要請を行わない
  • ただし、8月5日から始まった名古屋市の錦・栄地区に限定した飲食店への要請は継続される
  • 学校の休校については、要請はされていません

自粛のまとめ

お盆期間中の実家への帰省について、慎重に考えた方が良いのです。

田舎のおじいちゃん、おばあちゃんがいる場合にどのような行動をとるのですか?

これは、それぞれの立場で考えればと思います。

愛知県の大村知事が、自粛を求める意向を示しているのに、国はGoToキャンペーンをやめるべきだと思います。

自粛は自己判断ができるようにしよう!

旅行と一緒だと思っているし、実家に戻る前の体調管理をしっかりやればいいのです。

少しでも、熱の症状など体の異変があれば、控えれば済む事です。

体調管理、感染症対策もしっかりやって、実家とやり取りをし、帰省すること自体に問題は無いと思います。

親族間の話に対して、役所がやめてくださいというのはちょっと違うも思います。

いちいち言わなければ分からない国民・県民も、どうかしてますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました