【低糖質に作ってみた】自家製プロテインバーのおすすめレシピ

ダイエット食

プロテインバーの効果・特徴として、良質なタンパク質が手軽に取れる、お菓子に似たプロテインの事です。

プロテインは、飲むだけなので満腹感が得られにくいのもです。

しかしプロテインバーは、食べる事で満腹感や充実感も得れるので、ダイエットしながらビルドアップする人に親しまれてます。

日本国内でも、日本製のプロテインバーがあります。

これら日本製のプロテインバーは、脂質と糖質が多く含まれていてます。

そうする事で、食べやすさ重視なのです。

その為、コンビニでも売られてて、気軽に食べられる日本製のプロテインバーは約200キロカロリーあります。


【Amazon.co.jp 限定】inバー プロテイン グラノーラ ココア (14本入×1箱) ココアとバナナの風味を楽しむグラノーラタイプ 高タンパク10g 低脂肪

私は、市販のプロテインバーは買いません。

何が言いたいかと言ったら、甘いしカロリーの高さが気になるのです。

mojalaki
mojalaki

ダイエットする場合、カロリーの高さには、気を付けた方が良いのです

だから私は、カロリーに気を付けて、低糖質に作ってみたのです。

自家製プロテインバーの、おすすめレシピを紹介していきます。

自家製クエストプロテインバーを5分で作る

プロテインバー・クエストバーですが、私は自家製のプロテインバーにこだわってます。

何故かと言ったら、カロリーの低さにあります。

ちなみに、マカダミアベースのプロテインバーは、糖質や脂質がほとんど入ってないので、1本が147kcalです。

かなり、低糖質です。

初めて作って食べた時、美味しいと思いました。

美味しいですが、過度に摂取する事や、食べすぎには注意です。

推奨は1日に、2本(2バー)までです。

それは、ダイエット中はクエストバー1本でも、タンパク質が多すぎる可能性があるからです。

ここでは、焼かずに食べるプロテインバーの作り方を紹介します。

※レンジで温めても、食べる事ができます。

自家製プロテインバーのメリット

  • 材料ですが、プロテインパウダーの種類を選択します。
    それは、成分を制御し、好ましくない甘味料を避ける為です。
  • 脂肪の量を増やして、自分に合ったタンパク質の量を減少させる事ができます。
  • 小麦粉・ミールのタイプを選択します。
    私の場合は、マカダミアミール・細かく刻んだココナッツを使用してます。
  • 自分に合った大きさのバーを、作る事ができます。

自家製プロテインバーの、基本的な2つのレシピを紹介します。

  • 1つ目は、マカダミアの味に仕上げます。
  • 2つ目は、ココナッツ味にします。

アーモンド・ナッツバターとミールを使用する事も可能ですが、主要栄養素の値がかなり変わります。

また付属で、ダークチョコレートビット・砕いたナッツも追加できるんです。

好みによりますが、他には、抹茶と緑茶の粉末や・シナモン・カルダモン・ヤッファチョコレートバターなども使用できます。

自分の想像力で、好みのプロテインバーを作ることができます。

マカダミアベースのプロテインバー

マカダミアベースのプロテインバーは、1本147kcalです。

脂肪は、10.8g(飽和1.8g・一価不飽和脂肪酸8.6g)

総炭水化物は、11・1g

繊維は、9.2g

正味の炭水化物は、1.9g

タンパク質は、6.4g

ココナッツベースのプロテインバー

ココナッツベースのプロテインバーは、159kcalです。

少しカロリーが多めですが、私の推奨範囲内です。

脂肪は、10.3g(飽和5.5g・一価不飽和脂肪酸4.4g)

総炭水化物は、16.3g

繊維は、13.3g

正味炭水化物は、3g

タンパク質は、7.1g

準備時間

準備時間は5分です。

デザート・スナック菓子の部類に入ります。

プロテインバー1本につき、147~159キロカロリーで、炭水化物サービングです。

プロテインバー・クエストバーの材料

マカダミア・ココナッツ味の、材料を紹介します。

少しだけ、重さが細かいですが目安です。

マカダミアベースのプロテインバーの材料

  • 芋シロップ 11.34g
  • マカダミアパウダー 大さじ0.5
  • ホエイプロテイン 7.1g(バ二ラ味)
  • マカダミアミール 7.1g

ココナッツベースのプロテインバーの材料

  • 芋シロップ 14.17g
  • マカダミアパウダー 大さじ0.5
  • ホエイプロテイン 7.1g(ストロベリーバニラ味)
  • ココナッツ粉 4.25g

材料参照


みの屋 無塩ロースト マカダミアナッツ 500g 製造直売

材料は、そこまで高くは無いです。


あめんどろ アメンドロスイートポテトシロップ安納芋蜜 150g

※高い材料でなくてもOKです。


明治 ザバス ホエイプロテイン100 バニラ味【18食分】 378g

私は近所のスーパーで、入手できないような材料は通販で買ってます。


ココナッツロング 1kg 無添加 無漂白 便利なチャック袋入り

プロテインバーを作ってみる

mojalaki
mojalaki

画像は、汚いですが我慢して下さい・・・・

1.食材を準備します。

2.小さなボウルに、小麦粉(ミール)とプロテインパウダーを混ぜ合わせます。

3.大さじ1のバターも、用意して下さい。

4.芋シロップを、小さな電子レンジ対応のボウルに注ぎます。

5.電子レンジで、芋シロップを20秒間温めます。

6.熱い芋シロップの入ったボウルを電子レンジから取り出し、すぐにナッツバターを混ぜます。
(この混合されたものが熱いうちに、小麦粉とタンパク質の混合されたものを混ぜる)

※この時に、自分の好みの味(抹茶パウダーなど)を、追加します。

7.まだ、粘着性があるはずです。
キッチンホイルの上に置いて、ホイルで覆い手を使ってプロテインバーの形に成形します。

8.必要最小限、ダークチョコレートビット・砕いたナッツを追加します。
※入れすぎに注意して下さい。

手作り感が満載です・・・・・

9.基本的に焼かないプロテインバーなので冷蔵庫に入れて、冷やして食べます。
それか、電子レンジを使用する場合は、20秒間温めます。
(電子レンジを使用した場合は、少し膨らんで柔らかくなります)

ホイップクリームなどを付けて、プロテインバーをデザートとして食べる事もできます。

栄養

栄養は上部でも書きましたが、おさらいです。

マカダミアベースのプロテインバー

147kcalです。

ココナッツベースのプロテインバー

159kcalです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました