RankBrainがアルゴリズムに与える影響とは?

SEO

RankBrainとは機械学習ベースの、検索エンジンアルゴリズムの事です。

それは2015年10月に、Googleにより確認されてます。

Googleがアルゴリズムにより検索結果・順位などを考え、より関連性の高い結果をユーザーに提供するものです。

mojalaki
mojalaki

しかし残念なのが「キーワード」に反した検索結果が出る事です

世界トップのGoogleの検索エンジンの、主要なランキング要素です。

反面、WEBサイトを運営する運営者にとっては面倒臭い事にもなってるのです。

年々、厳しくなってるのが実感できます。

私にとって、機械学習の概念は、テクノロジー・高価でかさばった機械・複雑なロボットのイメージを引き出してしまいます。

しかし、今日のネット時代では、常にそうなるとは限りません。

いくつかの研究とまでは言えませんが、色々考えた結果、機械学習は理解するよりも、はるかにアクセスはしやすいのです。

身近な機械学習の例

  • Uberのようなライドシェアサービス
  • ロボット掃除機
  • メールのスパムフィルター
  • 銀行のモバイル小切手入金機能
  • ソーシャルメディアの顔認識とタグ付けの推奨事項
  • お気に入りのオンライン小売店からの、最近の検索に関連する製品の推奨事項

まあ、簡単に言えば機械学習とは、コンピュータが最初からタスクを実行するように事前にプログラムされてるのではなく、コンピュータが時間をかけて何かを行う方法を自分自身に教える時です。

それは知識のベースから始まるかもしれませんが、それはゆっくりと一種の人工知能のような、一種のそれが知っているものの上に構築されるのです。

これはテクノロジーの進歩が、オンラインで見つけられるビジネスの能力を妨げてる、最新の方法の1つです。

オンラインで見つけられる方法

多くの要因が、オンラインで見つけてもらうのに役に立ちますが、それは良い事も悪い事もあるのです。

プラス面

ビジネスを支援するための、ほぼ無限の機会があります

マイナス面

利用可能なすべてのデジタルチャンスを活用していなければ、に逃してる可能性があります

よくよく考えてみたら、誰かがGoogle・Bing・Yahooなどの、最も人気のある検索エンジンを介してビジネスを検索してみたら、どうなのでしょうか??

検索エンジン最適化(SEO)に、「良い面と悪い面」の両方に影響を与える要素が、いくつかあるかもしれませんね。

SEOに影響を与える要因

  • オンラインビジネスリスティング
  • ソーシャルメディアの存在
  • ウェブサイト
mojalaki
mojalaki

忘れがちな事は、Googleの刻々と変化していくアルゴリズムのような検索エンジンです・・・・・

GoogleのRankBrainの説明

Googleのメインアルゴリズムは「Hummingbird」と呼ばれてます。

これは、ユーザーが探しているものに常に精通している事を確認するために、時間の経過とともに定期的にオーバーホールするアルゴリズムですね。

GoogleにはBackRankの概念に焦点を合わせた「Pagerank」のようなHummingbirdを構成しプラグインする200を超えるアドオン・部品・パーツがありますね。

※これは別の時間のSEOトピックです。

Googleの検索アルゴリズムに影響を与える最新の要因は、ランクブレインです。

既に述べましたが、Googleは定期的に迷惑なほどアルゴリズムを更新し、新しく、より優れたバージョンに調整してます。

しかし、ランクBrainはそうでは無いのです。

代わりにGoogleが「第3のトップランキングシグナル」とよんでいるものであり、コンテンツとリンクにのみ遅れをとってます。

PageRankと同様に、独自のアルゴリズムではありません。

Googleのアルゴリズムが、どのように機能するかどうかについて最大のインフルエンサーの1つです。

以前?数年前でしょうか、Googleのエンジニアはある事態を100%手動でコーディングしてたのです。

検索エンジンが消費者に提供する結果を改善し、それらをテストしました。

ユーザーエクスペリエンスに、最もプラスの影響を与えた変更を、実装できる様々な方法を考えて頭を悩ませました。

ただし、GoogleのRankBrainを使用すると、検索エンジンは機械学習をしようしてアルゴリズムを調整できるようになり、Googleの優秀なエンジニアから直接入力する必要が無くなります。

面白い事実

GoogleはRankBrainの機能を自社のエンジニアと比較し、RankBrainは実際に正確な結果を提供する事で、平均して10%優れたパフォーマンスを発揮したと見積もってます。

ランクブレインの仕組み

RankBrainは、機械やコードの一部のようにではなく、人間のように検索語句を解釈するように構築されています。

これは、Googleがこれまでに見たことのないキーワードと、Googleがすでに知っているキーワードとの関係を、作成しようとすることで実現します。

GoogleのRankBrainは単純なキーワードマッチングを超えたものです。検索用語を概念に変換し、その概念をカバーするページを見つけようとします。

Backlinko

舞台裏での作業が完了すると、RankBrainは、検索者が提案した結果をどのように操作しているかの分析を開始します。

それは、次のようなものです。

  • 推奨ページへのクリックスルーの割合(クリックスルー率)
  • これらの推奨ページに費やされた時間
  • ユーザーがそこから移動する場所

pogo-stickingの詳細

これは、検索用語を入力して結果をクリックするときです。

しかし、ページを開いて詳細を読むのではなく、結果が探しているものとはまったく違うことに気づきます。

したがって、「戻る」ボタンをクリックして、リストの下の次のリンクを試します。

「多分それは空想にも、全く似合わないかもしれないので、実際に働くページに到達し、しばらくたむろするまで、あなたは再び戻って行く・・・」などと続きます。

これはSEOの世界では「ポゴスティック」と呼ばれてます。

検索エンジンはこのアクティビティを測定し、ユーザーが「pogo」(バウンス)するページを罰し、訪問者がより長い時間消化するページを後押しするために使用します。

とにかく、上記のような信号は、Googleがその検索結果がユーザーにとって貴重であるかどうかを判断するのに役立ちます。

それらが価値のあるものである場合、RankBrainは背中を軽くたたき、ページに、分析していた検索語句のランキングを押し上げます。

推奨事項に価値がないと判断した場合は、多少不自然になってしまい、結果のページがさらに表示されます。

RankBrainで友達を作る

RankBrainがどのように機能するかがわかったので、Web戦略を適切に調整するのは自分です。

RankBrainに、固有のSEO作業を調整する方法はいくつかあります。

これらの手法が、Googleでのみ機能するとは限りません。

幸いにも、ほとんどの検索エンジンはアルゴリズムを調整して、時間の経過とともに同様の進歩を取り入れています。

したがって、このアドバイスは複数の方法であなたを助けるはずです。

RankBrainでSEOを改善する

ロングテールのキーワード

ロングテールのキーワードは、非常に具体的な検索フレーズを見つけるのに役立ちました。

しかし、RankBrainが概念を理解し、それ自体で接続を確立できる場合、一歩下がって、より広範な概念について再度書くことができます。

5語または6語のフレーズではなく、3語の用語を考えてください。

Webページ

より魅力的なタイトルは、一般的なタイトルよりも多くのクリックを獲得します。

また、RankBrainを使用すると、クリック数が増えるだけで簡単に勝つことができます。

「証明済み」や「限定」などの魅力的な言葉を使用します。

メタの説明

メタの説明を無視しないでください。

Webサイトでページを作成するとき、Webサイトビルダーは、各ページと各ページ要素の内容を説明する機会を提供します。

必須ではありませんが、この説明は検索結果のタイトルの下に表示されるため、コンテンツに対するユーザーの認識に影響を与えます。

タイトルとメタ

タイトルとそのメタ説明に、ランク付けしようとしているキーワードを、組み込むことを忘れないでください。

ページパフォーマンス

ウェブサイトのページパフォーマンスを調べ、パフォーマンスの低いページを修正または削除します。

Googleを信頼する事

SEOについて、アドバイスをしているのは私たちだけではありません。

Googleは、たまにですが私たちを助けるために最善を尽くしています。

RankBrainと、機械学習を使用して検索語と結果を結び付ける方法を理解する上で、これまで以上に重要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました