【検索エンジンの機能・役割】どのように機能するかを理解する

スポンサーリンク
Google

普段の生活で、あなたはグーグルやヤフーのような検索エンジンに精通しているかもしれません。

しかし、検索エンジンが何を意味し、どのように機能するのかわからないかもしれません。

検索エンジンは、人々が情報を検索する方法を変えた最大の発明の1つです。

検索エンジン自体の動作は非常に複雑で、巨大なデジタルインフラストラクチャが関係しています。

しかし、心配しないでください。

この記事では、検索エンジンとは何か?

良質な検索エンジンである「Bing」「DuckDuckGo」ついでにGoogle・Yahooが、検索結果をどのように表示するかを明確に示しています。

検索エンジンを理解する

検索エンジンは、インターネット上のウェブサイトから情報を見つけるためのプログラムとして設計されたサイトです。

検索エンジンは、ユーザーが入力したキーワードに関連、または関連するサイトのリストを表示できます。

検索エンジンには特別なアルゴリズムがあるため、検索結果または検索エンジン結果ページ(SERP)には、可能な限り最良かつ最も関連性の高い情報が表示されます。

「SERP」は下記のサイトで説明してます。

このプログラムには、世界中の何十億ものWebサイト情報データベースがあり、ほんの一瞬で表示する準備ができています。

検索エンジンの歴史

新しい検索エンジンは、1990年代に普及しました。

Archie(Telunjuk Image)と呼ばれるプログラムは、検索エンジンの先駆けとなることが予測されています。

このプログラムを使用すると、ユーザーはWebページのファイル名を検索できます。

1994年、スタンフォード大学のJerryWangとDavidFiloという2人の学生が、興味深いWebサイトのディレクトリの一種であるYahooを作成しました。

Search Engine Journalによって報告されているように、Web所有者は、インデックスを作成するために自分のサイトをYahooに送信する必要があります。

送信しないと検索結果に表示されません!!

2年後、スタンフォード大学のPageとBrinは、サイトの関連性と人気に基づいて検索結果を作成する検索エンジン、Backrubを作成しました。

Backrubは、最終的にGoogleになり、今日世界で最も使用されている検索エンジンです。

検索エンジンの機能や情報を見つける手段

検索エンジンは、人々が必要な情報を見つけるための手段になっています。

Edelmanが世界中の33,000人を対象に実施した調査によると、63%の人がGoogleを信頼して情報やニュースを見つけています。

多分、あなたはそれらの1つです。

ウェブサイトページインデックス

2018年には、インターネット上に約12.4億のWebサイトがありました。

検索エンジンがなかったとしたら、必要な情報を見つけるために一度に1つのWebサイトを開く必要があるかもしれません。

検索エンジンは、ウェブサイトのページを簡単に見つけられるように、インデックスを作成する上で重要な役割を果たします。

検索エンジンは、基本的なWeb情報を収集することにより、世界中のWebサイトにインデックスを付けることができます。

マーケティングツール

検索エンジンを利用する人の数は、ビジネスを含むさまざまなことにチャンスをもたらします。

したがって、デジタルマーケティングでは、検索エンジンは見逃してはならない1つのプラットフォームです。

ビジネスアクター機関は、インターネット上で自己紹介することができます。

検索エンジン最適化またはSEOを行うことにより、当サイトをGoogleの最初のページに表示し、多くの訪問者にリーチすることができます。

これは、製品の販売促進または販売の手段として使用できます。

検索エンジンのしくみ

検索エンジンが機能する方法は、実際には、図書館員が図書館で本や文書を検索する方法と似ています。

何千冊もの既存の本から検索される本を見つけるために、図書館員はタイトル、著者名、年などの基本的な情報のみを必要とします。

次に、彼はその情報を、場所を見つけるために必要な本のリストと照合するだけで済みます。

現在、検索エンジンはそれを毎日、毎秒行っています。

Mozからの情報を参照すると、検索エンジンの仕組みには、クロール、インデックス作成、ランキングが含まれます。

クロール

クロールは、インターネットに接続された何百万ものWebサイトから情報を収集するために、検索エンジンによって実行される初期段階です。

このプロセスでは、あるWebサイトページから別のWebサイトページに情報を収集するために、Spiderと呼ばれるソフトウェアが必要です。

描かれている場合、このプロセスは、すべてのWebサイトで互いに接続されているかのように蜘蛛の巣のようになります。

インデックス作成

情報収集プロセスの後、Googleはインデックス作成を実行して、すべてのWebサイトページのデータをデータベースインデックスに保存します。

実際、Googleはウェブサイトのすべてのページを保存しているわけではありません。

Googleが保存するのは、URL・タイトル・キーワード・説明などの基本的なWebサイト情報です。

この情報はGoogleによって常に更新されているため、大規模なWebサイトデータベースがあります。

ランキング

ユーザーがキーワードを入力すると、何千もの検索結果が表示されます。

Googleは、ユーザーが探しているものに答えるために、最も関連性が高く、可能な限り最良の検索結果を表示しようとしてるとは述べてます。

したがって、Googleは、最高のコンテンツを持ち、ユーザー検索に関連するWebサイトをランク付けする必要があります。

Googleは何百もの指標を使用して、誰が上位の検索に適格であるかを自動的に判断します。

しかし、この方法が依怙贔屓を生んでしまう結果になりましたね。

検索エンジンの種類【良質or劣化】

グーグル「Google」

グーグルは、今日最も使用されている検索エンジンです。

Stat Counterからの情報に基づいて、Googleは世界の検索エンジン市場シェアの92.05%を管理しています。

管理しすぎて、キーワード検索に対して満足できない検索結果が表示されます。

Googleは、DA(ドメインオーソリティ)とページオーソリティを使用して、Webサイトの品質を評価します。

次に、これらの種類のサイトからの情報を「依怙贔屓」して検索結果として優先します。

Bing

Bing

Bingは、Microsoftによって開発された良質かつ平等な検索エンジンです。

2.83%の市場シェアです。

Bing自体は、Windowsオペレーティングシステムのデフォルトの検索エンジンです。

DuckDuckGo

DuckDuckGo

DuckDuckGoは、良質かつ平等検索エンジンの1つです。

またDuckDuckGoは、インターネットが「薄気味悪い」ものであってはならないと信じている!と述べてます。

ユーザーがオンライン上でプライバシーを守ることは、部屋のブラインドを閉めるのと同じぐらい簡単であるべきだとか・・・・・

Yahoo!

Yahooは、2000年代初頭に全盛期を迎えました。

当時、メールやチャットなどのさまざまなサービスがネチズンの関心を集めていましたね。

しかし、その人気は、検索エンジン業界におけるグーグルの支配による優位性とともに、低下し続けています。

検索エンジンの仕組みは、Googleと同じだと言われてます。

現在、Yahooは約1.65%の市場シェアしか管理していません。

Baidu

Baiduは、中国製の検索エンジンです。

地方自治体は確かにグーグルをブロックし、その市民に国内の検索エンジンを使用することを奨励しました。

結果は、それだけの価値がありました・・・・

Baiduは、中国で最も人気のある検索エンジンになりました。

しかし、世界レベルでは、Baiduは0.98パーセントしか管理していません。

それは、検索結果を中国国家に管理されてるからです。

結論

検索エンジンまたは検索エンジンは、インターネット上の何十億ものWebサイトで情報検索プログラムとして設計されたサイトです。

クロール、インデックス作成、ランク付けの方法を使用することにより、検索エンジンは可能な限り最良かつ最も関連性の高い情報を表示できます。

検索エンジンは、製品を販売または宣伝するビジネスチャンスを開きます。

秘訣はSEOを最大化することです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました