【七不思議はロマン】古代世界の七不思議について【建造物編】

神話

七不思議と言うと、色々ありますが今回は建造物・構造物についてです。

古代には、「世界の七不思議」と呼ばれていた構造物が、消滅するとは信じられませんでした。

実際、1つを除いて、それらすべてが存在しなくなりました。

mojalaki
mojalaki

形あるものは、いつか壊れてしまいますからね

私は世界の七不思議は、神話に近いものだと思います。

余談かもですが先に、神話とは何なのでしょうか?

世界の神話

パンデミックの解決方法はギリシャ神話にヒントが!|yoya 経済を ...
イメージ

人はなぜ周りの世界が、本当の姿なのかを常に疑問に思っていました。

なぜ特定の現象が発生するのか、答えを見つけようとしたのか・・・

これで、宇宙で起こっている出来事を科学的に説明できます。

しかし古代には、人はそのような「答え・説明」を考え出さなければなりませんでした。

説明できなかった理解できない、現象がいくつあるか想像してみてください。

なぜ太陽はそのような頻度で昇り、沈むのですか?

なぜ季節があるのですか?

星とは何で、輝いているのですか?

このように疑問はたくさんあります。

古代の世界の人々は人生の中で、奇妙な出来事も起こってます。

なぜ予期しない出来事が、発生するのですか?

なぜ人は夢を見ますか?

なぜ人は病気ですか?

人々はどのように現れ、死後に彼らに何が起こりましたか?

世界はどのように作成され、それを構成するすべてのものですか?

古代の人々はこれらの質問を自問し、それらに答えを出そうとしました。

世界のさまざまな地域の、さまざまな部族が独自の説明を持っていました。

彼らはどういうわけか出来事を、全て説明しました。

そのような説明を含むカラフルな物語は神話と呼ばれます。

神話は世界の人々の、神話を研究します。

神話の助けを​​借りて、古代の人は自分の世界を「人間化」「個人化」しようとしました。

つまり、彼自身のように、彼の周りのすべてのオブジェクトは存在を考えていると信じていました。

そして、いくつかは途方もない力に恵まれていました。

すべてのオブジェクト、動物、植物、星、川、太陽と月は魔法の力を持つ神でした。

ほとんどの物・見えるものに、神様が宿ってます。

一部の神は善と見なされ、他の神は悪であり、痛み、空腹、死をもたらしました。

人はこれらの物体を神々と認識し、存在を考えると考えたので、彼は要求があればそれらに目を向けることができると信じていました。

太陽が心を持っていたら、その光線を植物に向けて成長させるように依頼することができます。

人々は、聞かれるのを期待して、雨のために雨の神に祈りました。

これらすべてが、さまざまな種類の儀式や儀式の登場につながりました。

神は特定の方法で対処されるべきでした。

そうでなければ、神は怒ったかもしれません。

mojalaki
mojalaki

一日一日、当たり前な日頃を感謝しましょう!

そのような儀式や儀式の目的は、人と神との間の良好な関係を維持することでした。

このようにして出来事を、管理および制御することができ、したがって彼の人生はより幸せになると信じていました。

世界の脅威とも言える七不思議

今、世界の七不思議はありますか?

では、世界の七不思議とは何か説明していきます。

ピラミッド

ギザの大ピラミッド - Wikipedia
ピラミッド

今日まで生き残った唯一の奇跡は、エジプトのクフ王のピラミッドです。

約5000年前に建てられ、ファラオとその妻の埋葬地です。

バビロンの城壁

バビロンの城壁 - Wikipedia
バビロンの城壁

現代イラクの跡地にあるバビロンの城壁は、世界で2番目の驚異七不思議と見なされています。

バビロンの城壁は、紀元前600年頃に建てられました。

有名な王ネブカドネザルの、意志によって建てられたのです。

レンガで作られた高さ100メートルの壁は、今や廃墟の山になっています。

ゼウス像

オリンピアのゼウス像 - Wikipedia
ゼウス像

ギリシャの彫刻家フィディアスによって、作成されたオリンピア(ギリシャ)の都市にあるゼウス像を認識しました。

彼女は高さ12 mの人物で、金のローブに身を包み、ゼウスの体は象牙から彫られており、彼女の目は宝石で作られていました。

この彫刻は私たちの時代まで、届きませんでした。

女神ダイアナの神殿

Merida, Spain | 月の女神ディアナの神殿。 Temple of Diana, Goddess ...
女神ダイアナの神殿

現代トルコ領の、エフェソスにある女神ダイアナの神殿です。

屋根は18メートルの柱状の、岩のモノリスで支えられています。

寺院の内部には、ギリシャの芸術家の最高の作品が収められていました。

262年、侵入してゴスが、女神ダイアナの神殿を放火してます。

皇帝陵の墓

Ruins of the Mausoleum at Halicarnassus, one of the Seven Wonders of the Ancient World.jpg
皇帝陵の墓

紀元前353年に亡くなった皇帝陵の墓でした。

現代トルコの領土のハリカルナッソスの街です。

建設はとても豪華で、とても高価だったのです。

今日私たちは、豊かに装飾された墓を霊廟と呼んでいます。

ロードス島の巨像

デカ過ぎ】かつてギリシアにあった150メートルの「ロードス島巨像」が ...
ロードス島の巨像

太陽神ヘリオスのブロンズ像である、ロードス島の巨像でした。

それは高さ32メートルに達し、ロードス島にありました。

紀元前224年の地震で、ロードス島の巨像は壊れてしまいました。

ファロスの灯台

ファロス灯台 - 世界史Civ事典
ファロスの灯台

世界の驚異の七不思議、最後はファロスの灯台です。

その建設は、紀元前283年頃に始まりました。

ファロス島、エジプト沖です。

灯台の高さはほぼ180メートルで、上部から火が燃えていました。

これは船が港に向かう道を示しています。

これもまた、地震で壊れてます。

灯台の光は地震で壊れるまで、1500年以上もの間使われていました。

ファロスの灯台

コメント

タイトルとURLをコピーしました