SEOに含まれるショートテールキーワードとその使用理由

SEO

ブログをするなら「SEO」は避けて通れません。

2021年度版も更新しないといけませんが、200以上のSEO要素・項目があると言われてます。

それは私のWEBサイトの関連記事で、210項目全て読めます。

SEO戦略を立てるときは、ユーザーファネルのすべての段階を検討します。

そして、それらのクライアントを変換するために、Webサイトが適切にランク付けされていることを確認することが重要なのです。

今回のテーマである「ショートテールキーワード」は、目標到達プロセスの最上位にいるクライアントをターゲットにします。

自分のWEBサイトに、大量のオーガニックトラフィックを誘導するのに最適です。

アホな私が、最新の記事を読んで勉強してみました。

ショートテールキーワードとは何か?

なぜ、それらを使用する必要があるのか​​?

そして、キーワード調査を実行し、サイトでそれらを見つける方法を学ぶべきです。

ショートテールキーワードとは何ですか?

ショートテールキーワードは、1〜3語で構成される検索フレーズです。

これらのタイプのキーワードは、幅広い焦点を当てています。

ショートテールキーワードの例は「SEO」または「Cars」です。

ショートテールキーワードは、いくつかの長い検索用語のバリエーションを見つけるために、使用できる「シード」としても使用できます。

ショートテールキーワードの、他の名前は次のとおりです。

  1. フォーカス用語
  2. 広義の用語
  3. ヘッドフレーズ
  4. シードフレーズ

また、ユーザージャーニーの開始時に、誰もがこれらのタイプのフレーズを検索しているため、通常、検索ボリュームが大きくなり、競争が激しくなります。

こんな事は、皆さんも分かってる事ですね。

なぜショートテールキーワードを使用する必要があるのですか?

上記でも述べたように、ショートテールキーワードは検索ボリュームが最も多いのです。

これらのヘッドフレーズをランク付けできれば、WEBサイトへのオーガニックトラフィックを大幅に増やすことができます。

私の調査によると、WEB上で頻繁に検索されるキーワードは数百万もあります。

それは、10,000のキーワードが全検索の約20%を占めているのです。

ショートテールキーワードの欠点

ショートテールキーワードをターゲットにすることで、多くの可能性があります。

しかし、注意すべきいくつかの欠点があります。

ショートテールキーワードは、ランク付けするのに非常に競争力があります。

あなたのWEBサイトまたはブランドが、あなたのニッチで最も権威のあるものの1つでない場合、ショートテールフレーズをターゲットにするときに、うまくランク付けするのは非常に難しいかもしれません。

フレーズ内の単語数とは、直接的な相関関係があります。

分かり切った事ですが、単語が多いほどボリュームは少なくなります。

競争も少なくなるため、ウェブサイトに誘導されるオーガニックトラフィックが少なくなる代わりに、ランク付けされる可能性が高くなります。

見出しの用語も広範です。

その結果、これらのタイプのフレーズで上位にランク付けされたとしても、Webサイトに大量のトラフィックが誘導されているにもかかわらず、必ずしもコンバージョンが保証されるとは限りません。

まあ、そうは言っても、ウェブサイトページのランキングの可能性を最大化するには、どうすればいいのか?

それはコンテンツに、ロングテールとショートテールのキーワードを組み合わせることが重要だと私は思ってます。

ショートテールキーワードの例

ショートテールキーワードが、どのように見えるかのいくつかの例を次に示します。

SEOキーワード

SEOキーワードから始めましょう。

ショートテールキーワードの例は次のとおりです。

  1. SEO
  2. SEOサービス
  3. SEOガイド

これらはすべて長さが短く、競争が激しく、検索ボリュームが大きくなります。

これを、いくつかのロングテールキーワードと比較してください。

  1. ウェブサイトでテクニカルSEOを行う方法
  2. SEOのためのコアWebバイタル
  3. SEOのクロール予算の最適化

これらのタイプのフレーズは、より具体的で検索ボリュームが少なくなります。

しかし、ユーザーがWebサイトに対して特定のことを実行しようとしているため、ユーザーを変換する可能性が高くなります。

自動車のキーワード

次に、ショートテールである自動車のキーワードに移りましょう。

  1. カーディーラー
  2. 自動車部品

それでは、ロングテールのバリエーションをいくつか見てみましょう。

  1. 私の近くで販売されているLEXUS車
  2. 東京都新宿のレクサス自動車販売店
  3. 東京都○○の車体ショップ

住宅ローンのキーワード

最後に、住宅ローンのショートテールキーワードを見ていきます。

  1. モーゲージ
  2. 住宅ローン金利
  3. 住宅ローンの事前承認

そして、ここに私たちの住宅ローンシード用語の、いくつかのロングテールフレーズがあります。

  1. 住宅ローンの承認を得る方法
  2. 住宅ローン金利はどのように決定されますか?
  3. どうすれば住宅ローンの事前承認を得ることができますか?
モーゲージとは?

譲渡抵当とは、物的財産に対する担保権です。

譲渡抵当付き債権はモーゲージと呼ばれてます。

抵当不動産の占有と果実の帰属に特色がありますね。

貸付などを原因とする抵当不動産は、借入人たる債務者が引き渡し、貸付人たる原債権者が占有します。

抵当不動産の果実は、元本支払に充てられることなく占有者の所有・所得となるのです。

ロングテールキーワードとショートテールキーワードの違い

ショートテールとロングテールの両方のキーワードを見てきましたが、ロングテールとショートテールの用語の違いについて疑問に思われるかもしれません。

これについては、以下で説明します。

ショートテールキーワードの長所

  1. 検索ボリュームが多い
  2. Googleからのウェブサイトトラフィックの高い機会
  3. 単一のキーワードからのより多くのコンバージョン量

ショートテールキーワードの短所

  1. 激しい競争
  2. 幅広い検索意図・・・非常に広い場合、意図を一致させるのは困難です
  3. 変換する可能性が低い

ロングテールキーワードの長所

  1. 競争が少ない
  2. より狭い・・・特定の検索意図
  3. 検索意図との一致が容易
  4. 検索の種類に基づいて顧客を変換する可能性が高い

ロングテールキーワードの短所

  1. 検索ボリュームが少ない
  2. ショートテールタームと比較して同じレベルのROIを得るには、何千ものロングテールタームをランク付けする必要があります
  3. すべてのロングテールタームの、キュレーションされたコンテンツを作成するために、より多くの時間がかかる

ショートテールキーワードを見つける方法

ショートテールキーワードを見つける最も簡単な方法は、ニッチ/業界を捉えるキーワードの種類を想像することです。

たとえば、私のWebサイトの主な用語は一応「SEO」です。

不動産業者の場合は、彼らの主な用語は「不動産」です。

可能な用語のリストを思い付く事、あなたがそれらを書き留めしたら、それらをプラグインすることができます。

そのようなKeysearchなどのキーワード調査ツール・ SEMRushUbersuggest検索ボリュームが、それらの用語のためにあるかを確認します。

他にも調査サイトがありますが、競合他社の調査も実行できます。

前述のキーワード調査ツールの1つに、URLを入力します。

競合他社がランク付けしたキーワードを、単語数でフィルタリングできるはずです。

ランク付けされたキーワードのリストを取得すると、ウェブサイトの最適化を試みることができる大量の短いテールフレーズを特定する別の機会が得られます。

ショートテールキーワードを特定したら、次のステップはランキング戦略のロングテールキーワードを考案することです。

ロングテールキーワードとは何か?

それと、Webサイトでそれらを見つける方法について詳しくは、また書きます。

コメント