シングルマザー本名麻里の刺殺事件|川田広幸の悲劇とは?

スポンサーリンク
事件

シングルマザーと交際した結果、刺殺事件が起きてしまいました。

ここで、先に最新ニュース記事です。

mojalaki
mojalaki

私は今まで視てきた経験上シングルとの交際は反対派です

この記事のポイント
  • 働く45歳のシングルマザー本名麻里が、川田広幸に刺される
  • 刺殺した川田広幸は、自殺した
  • 働く45歳のシングルマザー本名麻里は、警察に相談してた

シングルマザー本名麻里が刃物で・・・・

この刺殺事件の現場は、栃木県・JR宇都宮駅から2㎞くらい離れた、コンビニエンスストア(ローソン)です。

刺殺事件の現場

栃木県の宇都宮市の、45歳の本名麻里は「ローソン」で川田広幸に刃物で刺され死亡したのです。

働く45歳のシングルマザー本名麻里に、一体何が起きたのでしょうか?

働く45歳のシングルマザー本名麻里の顔写真

働く45歳のシングルマザー本名麻里の顔は、Facebookからの引用です。

働く45歳のシングルマザー本名麻里の顔

働く45歳のシングルマザー本名麻里の勤務先

45歳のシングルマザー本名麻里は、事件現場「ローソン」のアルバイト従業員です。

45歳のシングルマザー本名麻里の性格

本名麻里​の知人

「一言で言うと明るいサバサバした感じで」

「女性に使う言葉ではないかもしれないが、江戸っ子みたいな、すごくちゃきちゃきして接しやすいと」

交際相手の川田広幸

本名麻里を襲った相手は、栃木県宇都宮市内に住む職業不詳の川田広幸41歳です。

mojalaki
mojalaki

あらら男の大厄、厄年ですね

川田広幸41歳と本名麻里は、共通の知人を通じて知り合って、去年から交際していたのです。

川田広幸の自宅から、刺殺事件現場のローソンまでは、車両で10分位かかる距離です。

川田広幸は本名麻里を刺した後に、自分の腹を複数回刺して自殺したのです。

近隣住民

【ちょっとうるさくしてると怒鳴り声が聞こえたりとか、「うるせー」とか「静かにしろ」とか威嚇してくるみたいのがあったみたいで】

川田広幸が威嚇したかどうかは、分かりませんが注意だったかもしれません。

mojalaki
mojalaki

騒音は近隣に迷惑ですから、注意は必要かと思います

本名麻里は警察に相談していた

本名麻里は、警察に2回、相談してたのです。

両者とも、命を落としてしまった事件です。

  • 男と別れ話で口論になった
  • これから家に来ると言っていて怖い
本名麻里

本名麻里と川田広幸の間に、別れ話が持ち上がると、川田広幸は本名麻里に意味不明な?メールを約15通送信してたらしいです。

「意味不明なメール」と言うのが意味不明ですね。

mojalaki
mojalaki

どちらが、別れ話を出したのか分かりませんが

恐怖を感じた本名麻里は、2020年8月9日・11日の2回に分けて警察に相談したのですが、川田広幸へ警告などの具体的な対処は望まなかったのです。

mojalaki
mojalaki

「望まなかった」のは怪しいですね・引っかかりますね

私は、本名麻里がよっぽどのことを川田広幸に、してしまったのだと見ています。

私もそうですが、特に女性は「自分が悪かった」とか絶対に言いませんからね。

自分が蒔いた種が、綺麗に実らなかった結果でしょうね。

mojalaki
mojalaki

騙したか?裏切ったか?

シングルの人って、こんな傾向がありますからね。

結果、巻き込まれ事故で、川田広幸が死んでしまったと言う事です。

mojalaki
mojalaki

特に本厄時には、シングルマザーと付き合ってないけません!

そもそもシングルマザーとの交際は、金は掛かる・良い事は少ない・リスクだらけなので、止めといた方が良いです。

男性側からみて、良い事と言ったらシングルは「スグヤラ〇テクレル」くらいです。

まあ、これ以上の情報は、出ないし、公表・発表もしないでしょうから、この事件の内容は「闇」と言う事で。

コメント

タイトルとURLをコピーしました