【コロナウイルスとテレワーク】労働者と企業は何に注意すべきか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
モッピー!お金がたまるポイントサイト
在宅勤務

私たち全員がオフィスで触れる場所は、危険な細菌がうつる可能性があります。

その為、世界的に会社に行かずに、在宅勤務する人が増えています。

「在宅を命じられてる」が正確かもしれません。

職場で最も汚染されている場所

職場で最も汚染されている場所。 危険な細菌を作る方法

それでは、オフィスで最も汚染されている4つのスポットは何ですか?

エレベーターボタンと階段手すり

エレベーターボタンと階段の手すりは、すべての訪問者が建物に入るときに触れるポイントです。

実際、トイレほどきれいではありません。

最近の調査によると、細菌の負荷があるボタンの割合は60%を超える可能性があります。

顔、特に口、鼻、目を捕まえると、エレベーターボタンからの細菌が伝染する可能性があります。

オフィスのドア

ドアノブは、深刻な感染症の原因となる可能性があります。

もちろん、これはそれらが作られている材料にも関係しています。

キーボード

多くの職場では、キーボードは1人の従業員だけが使用しているわけではありません。

最近の研究ではAmerican Journal of Microbiologyで、発表された「250キーボード」が研究され、すべてのキーボードに細菌が付着してたのです。

したがって、キーボードとマウスは、使い始める前に毎日消毒剤で洗浄することをお勧めします。

会議室の電話

調査によると、1台の電話に多くの危険な細菌が存在します。

これらは、電話デバイスの耐久性のあるブドウ球菌や大腸菌である可能性があります。

皆が電話を使うほど、細菌の負荷は大きくなります。

mojalaki
mojalaki

こんなのでは、感染が拡大してしまいますよね

そもそも、会社に出勤するまでも、コロナウイルスに感染してしまう可能性があります。

コロナウイルスとテレワーク

政府がCOVID-19 /コロナウイルスの蔓延を制限するために、教育施設職場を閉鎖する決定を下したのです。

私たちの多くは職場・学校のネットワークにリモートで接続し、オンラインリソースにさらに負担をかける必要があります。

また、企業/トレーニングネットワークによって、提供される保護に慣れている多くの人が初めて、リモートで作業することもわかります。

これは、人々の病気に対する恐怖を利用する、デジタル犯罪者による時折の攻撃と相まって、犯罪活動に「完全な嵐」を生み出す可能性があります。

初めて自宅で仕事をしたり教育したりすることは、特にデジタルセキュリティに責任を負うことに慣れていない人にとって、気が遠くなるように思えるかもしれません。

学校または職場のネットワークへのリモート接続は、私たちがどこでどのように働くかについて柔軟性を提供します。

いくつかの課題と潜在的なセキュリティリスクを、もたらす可能性もあります。

さらに、多くの組織はテレワーク指向ではないため、例外的な状況でリアルタイムに課題を理解しようとします。

しかし、企業システムへのリモートアクセスに関するセキュリティを、再検討する機会がより一般的である場合もあります。

デバイスが企業のネットワークインフラストラクチャから外れ、新しいネットワークとWIFIに接続されると、リスクはますます高まります。

リモート接続に関連するデジタルリスクを軽減するために、ユーザーと組織が実行できるいくつかの簡単な手順を次に示します。

抗菌薬耐性:私たちは子供たちから多くのヘルスケアを借りていますか?

ユーザーへのヒント

  • ポータブルデバイスを含む、信頼できるオンラインセキュリティ製品ですべてのデバイスを保護します。
  • オペレーティングシステムとアプリケーションが利用可能になったら、常に最新のアップデートを適用してください。
  • 信頼できるソースからのアプリケーションのみを使用してください。
    ユーザーが使用するGoogle Play、App Store、または信頼できる教育ポータル、または職場や教育機関が提供するポータル。
  • オンライン活動には信頼できるネットワークのみを使用してください。
    それがご使用のネットワークではなく、インターネットに接続する必要がある場合は、VPNを使用して接続を保護してください。
  • 常にWebアドレスを入力します。
    リンクや添付ファイルをクリックしたり、スパムに返信したりしないでください。
  • ジョブを失うことを避けるために、オフラインにしておくオフラインドライブに定期的にデータをバックアップします

組織へのアドバイス

 スタッフが企業ネットワークに安全に接続できるように、VPNを提供します。

 モバイルやラップトップを含むすべての企業デバイスは適切なセキュリティソフトウェアで保護する必要があります 。 (たとえば、紛失または盗難が報告されたデバイスからデータを削除できるようにし、個人データと仕事用データを分離し、制限するインストール可能なアプリケーション)

 オペレーティングシステムとアプリケーションには常に、最新の更新プログラムを適用してください。

 企業ネットワークに接続している人のアクセス権を制限します

スタッフがスパムに応答するリスクを、認識していることを確認してください。

現時点では、組織に特に注意を払い、長距離労働者が必要な注意を払うようにすることをお勧めします。

カスペルスキーの主要なセキュリティ研究者である、David Emmによるコメントが発表されてます。

組織は従業員と明確にコミュニケーションを取り、リスクを認識し、自宅から隔離または接続されている人々のテレワークを促進するためにできる限りのことを行う必要があります。

テレワークの増加に加えて、サイバー犯罪者がこのウイルスに関連すると思われるドキュメント内の悪意のあるファイルを隠蔽することにより、ウイルスを悪用しようとしていることもわかりました。

そのため、犯罪者によるこの日和見的なアプローチと、作業習慣の変化が相まって、企業は現時点で非常に注意する必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました