【東京女子医大のボーナス0】理不尽な夏のボーナスカット

スポンサーリンク
スポンサーリンク
モッピー!お金がたまるポイントサイト
医療

新型コロナウイルスの影響もあり、医療現場で経営の危機が起きています。

そもそもコロナ以前の問題で、看護師の夏のボーナス(夏の一時金)を2019年より引き下げた医療機関が、およそ3割にのぼることが分かってます。

全国338の医療機関のうち、およそ3割にあたる115の医療機関が、看護師などの、この夏のボーナスを2019年より引き下げた

日本医療労働組合連合会の調査

東京女子医科大学病院

東京女子医科大学病院が、夏の一時金を支給しないと労働組合側に伝えています。

mojalaki
mojalaki

月の給料も減っていたのです

その原因は、新型コロナウイルスの感染拡大で経営が厳しくなり、医療従事者がしわ寄せを受けているのです。

看護師らが数百人単位で退職する可能性もあり、地域医療に影響が出ることが懸念されているのです。

関係者によると、東京女子医大病院ではコロナ禍で大幅に収入が減ったなどとして、6月半ばに夏のボーナスを支給しない事が決定されてます。

東京女子医大労働組合は、理事会に再検討を求めています。

待遇の悪化を受けて、退職を検討している看護師らが多数いると思います。

関係者によると、退職する意向の看護師は、都内の系列病院も含めて全体の約2割に相当する400人規模になるとみられるのです。

東京女子医大の規模

東京女子医大学病院は、東京都新宿区にあります。

1千超の病床があり、東京都が指定する救急搬送先の一つになっています。

今年の12月で、創立120年になる名門中の病院です。

東京女子医大のボーナス平均額

看護師の昨年の実績は、1人あたり平均で約55万円です。

東京女子医大の現場の声

東京女子医大で約2000人いると言われてる看護師400人強が、ボーナス0で最前線では働けないと言い、希望退職が急増してます。

mojalaki
mojalaki

看護師5人に1人が退職の意志を示してるのです

「コロナ禍でも看護師たちは毎日出勤し、リスクに怯えながら仕事しています。ところが、私たちの病院では、病院の財政悪化を軽減するためという理由で、医療スタッフの給料も減ったのです。さらに先日、夏季ボーナスが支給されないことが発表され、看護師たちの我慢は限界を越えています。本当に悔しいです」

20代女性看護師A

「国から医療従事者に対しての慰労金が1人当たり最大20万給付されることになりましたが、そのお金は病院に入った後に個人に支払われる。学校側は、8月に何らかの手当の支給を考えているとしていますが、詳細は分からない。職員たちは『国の慰労金を病院からの手当として払うのでは』とか、『病院はその20万円も渡さないのではないか』と疑心暗鬼になっています」

看護師B

看護師Aだけでなく、多くの看護師が「すぐにでも辞めたい」と言ってるのです。

mojalaki
mojalaki

医療機関は、異常事態が起きているのです

東京女子医大は感染症指定病院外だった

本来、東京女子医大は感染症指定病院外だったので、「コロナ患者」は受け入れは行ってませんでした。

mojalaki
mojalaki

その前から、経営難が指摘されてたのです

コロナ患者を受け入れると、更に経営の圧迫が予想される為、病院としては断るつもりだったのですが・・・

東京の偉い人

新型コロナウイルスの感染拡大の為、東京都からの要請を、しつこく受けた結果、新型コロナウイルス患者をの「受け入れ」が決定してしまったのです。

mojalaki
mojalaki

これが夏のボーナス0の原因です

コロナ患者の病棟で勤務

そこで、死のリスクである「コロナ患者の病棟」で勤務する看護師を病院の各部署から選ばなくてはいけません。

コロナ患者の病棟に、行ってもいいと答える看護師は皆無でしょう。

しかし最終的には、仕方なしにコロナ患者の病棟に行くと申し出たのは、数名の看護師です。

mojalaki
mojalaki

行かなくていいなら、誰も行かないですよね

コロナ患者の受け入れ開始

コロナ患者の病棟に看護師が分かれるので、普段の勤務より忙しくなるのは目に見えてます。

特に負担がかかったのは、コロナ患者の病棟の看護師ですね。

不慣れな勤務で、大変だったことが想像されます。

コロナ病棟
  • 入院する患者はPCR検査を受けます
  • 陰性を確認します
  • 緊急外来はPCR検査ができません
  • コロナかもしれない患者は「コロナ病棟に入院」
  • 実際のコロナ患者数より入院患者は多い
  • 防護服のせいで体温が上がる
  • 呼吸がしにくいマスクを着用
  • 体力の消耗が早い
  • 心労が非常に大きい

月の給料も引き下げられていた

問題は、人手不足の中の一時帰休です。

月に2日は必ず休む事。

「一時帰休」とは、経営の悪化などの理由で会社側の指示し従業員を一時的に休ませる事です。

その場合は60%です。

矛盾点は、新型コロナウイルスで人手不足なのに休む事です。

もちろん「一時帰休」した場合は、給料が下がってしまいます。

それプラス、ボーナス全額カットですから、苦境に追い打ちをかけられてますね。

毎日苦しい思いをしながら必死に働いて、コロナエリアにも駆り出されることになったにも関わらず、ボーナスは1円も支給はなしだと言われました。それに関する説明も紙切れ一枚で済まされ、ボーナス支給がないことが当然であるかのように言われ、到底納得ができません

看護師

夏季賞与の件、コロナのことがあるので今までのような額の支給は期待していませんでしたし、それでもしょうがないと思っていましたが、まさか支給なしになるとは思いませんでした。病院や患者さんのためだと思って一生懸命働いてきたつもりです。時間外労働も昨年までに比べて減るよう努力し、一時帰休だって受け入れて、収入は減る一方です。なのに、この仕打ちはひどいと思いました。独身で一人暮らし・就職してからたった数年ですが、生活できません

看護師

病院経営の無駄を削ってる??

  • 最近、教育棟が建設された
  • 理事長室の部屋を改修したらしい(金額は省略)

2020年4月22日の、コロナ真っ只中に従事者に報告されてます。

多くの病院の最前線で、新型コロナウイルスと闘ってる看護師たちは、報われる日は来るのでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました