SEOページスピードツールWebPageTestをお勧めする理由

スポンサーリンク
SEO

速いウェブページのレンダリング時間は、SEOの成功の鍵です。

グーグルは、何度も何度も何度もスピードが重要であると述べています。

しかし、ツールを使用してページ速度を測定しない限り、自分が速いかどうか、または何に対処して速くするかを知ることはできません。

WEBサイトのスピード速度は、SEO要素200項目の内の1つの過ぎません。

では、どのツールを使用する必要がありますか?

もちろん、私の選択は「無料一択」です!

ほとんどのオンラインアクティビティが、モバイルデバイス上で行われるようになった今、レンダリング時間の短縮はさらに重要です。

これは、ネットワーク接続が遅く、信頼性が低く、CPUが遅いことを意味します。

調査によると、モバイルデバイスではデスクトップよりもページの読み込みが速くなることを期待する消費者が増えています。

なぜスピードがそれほど重要なのですか?

誰も待つのが好きではありません。

研究によると、人がレンダリングするためにWebページを待たなければならない場合、不安レベルが上昇します。

時間がかかりすぎると、質問に対する別の答えや解決策が見つかります。

Googleはこの直帰率を呼び出しており、直帰率が悪いとランク付けの能力に悪影響を及ぼします。

読み込みが速いとはどういう意味ですか?

また、ページの速度を測定して、サイトのパフォーマンスを確認するにはどうすればよいですか?

これらのツールが、WEBページをスコアリングするので、私はそれらをスコアリングすることにしました。

それらがどのように機能するか、そして他のすべてのツールよりも使用することをお勧めするツールを見てみましょう。

Pingdom

Pingdom

レポートは見栄えがよく、すべてですが、実際の価値を提供するほどの測定値はありません。

それはあなたのサーバーが本当に、本当に悪いのでなければです。

無料のオンラインツールにURLを入力できます。

世界中のいくつかの場所から選択して、コンテンツがクライアントに到達するまでにかかる時間を確認できます。

そしてそれが手がかりであり、バイトがクライアントコンピュータに到達するのにかかる時間です。

Pingdomは、最初のバイトまでの時間のみを測定します。

これは、ページ速度の範囲では、パフォーマンスメトリックの5%以下を占めます。

Google Analyticsやその他のトラッキングピクセルリクエストにより、このサイトのスコアは86%になります。

これらはすべて外部ドメインからのものであり、キャッシュヘッダーは適用されていません。

そうでなければ、私は100点を獲得します。

それらはあなたにうまくフォーマットされたネットワークウォーターフォールを与えます。

そして、私のプロフィールからわかるように、ファビコンリクエストを含めても、私のページのアセットは約500ミリ秒でブラウザに到達します。

私のアドバイスは、このツールをスキップすることです。

より良い無料のオプションがあります。

Pingdom

このウェブサイト速度テストは、ウェブサイトの読み込み速度の分析に役立つように作成されています。
このテストは、Webページの速度が速い、遅い、大きすぎるなどを特定することで、サイトを高速化するように設計されています。
私たちは、専門家と初心者の両方に役立つように努めました。
つまり、あらゆる場所のWebマスターやWeb開発者がWebサイトのパフォーマンスを最適化できるように構築された使いやすいツールにしたかったのです。

Pingdom
mojalaki
mojalaki

これはオンラインマーケターに人気のあるツールですが、正直言って悪い、本当に悪いです

GTMetrix

GTMetrixは、検索エンジンオプティマイザーに人気のあるもう1つのツールです。

これはもう1つの無料ツールであり、Pingdomと同様に、テーブルに多くのことを残します。

GTMetrix

このツールはもう少し洞察を提供しますが、それほど多くはありません。

GTMetrixは、ページ上のベストプラクティスの基本的な監査を実行します。

これは素晴らしいことですね。

これらはすべて優れたパフォーマンスのベストプラクティスであり、ほとんどの場合、ぶら下がっている果物として分類されます。

PageSpeedアイテムのスコアが悪い場合は、サーバーまたは展開プロセスに構成上の問題がある可能性があります。

それはあなたのサイトのテーマでもあるかもしれないので、改善するためにこれらすべての領域を見てください。

次のタブは私の意見では悪い兆候です。

誤解しないでくださいね。

「YSlow」は当時は素晴らしかったです。

しかし、技術が進歩するにつれて、プロジェクトは数年間非推奨になりました。

YSlowは、Yahooのチームによって作成されました。

その会社は、ページのパフォーマンスを評価するために使用できるFireFoxプラグインとして、私たち全員が忘れていました。

それらは、2007年の時間枠でSteveSouderのチームが主導した調査に基づいていました。

それ以来、HTTP / 2やその他のWebへの変更が行われ、YSlowの推奨事項の一部が廃止されました。

たとえば、ドメインシャーディングでは、シャーディングを行わないで、HTTP / 2を使用する必要があります。

また、キャッシュをきめ細かく制御できるように、小さいファイルを使用する必要があります。

Pingdomと同様に、このツールは実際には、ページのリソースがブラウザに到達するまでにかかる時間を測定するだけです。

Googleページスピードインサイト

これは、人気のあるSEOツールに行く最後のものです。

これはグーグル検索チームによって提供されるのは理にかなっているので、それは良いものでなければなりませんよね?

Googleページスピードインサイト

PingdomやGTMetrixと比較して、Google PageSpeedツールははるかに優れています。

最初のバイトまでの基本的な時間は気になりませんが、ページ速度を上げるための鍵となるレンダリングサイクルにより多くの労力を費やします。

Page Speedツールは最近オーバーホールされ、Lighthouseを使用してテストが実行されます。これについては後で説明します。

本当の価値はラボデータセクションです。

  • 最初の満足のいくペイント
  • スピードインデックス
  • インタラクティブへの時間
  • 最初の意味のあるペイント
  • 最初のCPUアイドル
  • 推定入力レイテンシ

重要な実際の測定値は、ページが完全にインタラクティブになるまでの時間です。

これは、ページがすべてのアセットを完全にロードし、レンダリングしてJavaScriptの実行を終了したことを意味します。

そして、サーバーが応答するのにどれだけの時間がかかるかではなく、実際のページ速度を測定する方法です。

ブラウザのUIスレッドが、ページアセットの読み込みとレンダリングでビジー状態になるまでです。

Google Web.Dev

Google Web.Dev

Google Page Speed Insightsツールは、最近Lighthouseの使用に移行しましたが、Web.Devを起動することでさらに一歩進んでいます。

ページ速度テストと同様に、Web.Devはページ上でLighthouseを実行します。

非常によく似たデータセットを取得しますが、それだけではありません。

ボーナスとして、実際の灯台レポートを表示できます。

テストを実行する場所を、制御することはできません。

クラウドのどこかにあるGoogleサーバーから実行されます。

Lighthouse【灯台】

しばらく前、Chromeチームは、ページ速度に重点を置いたサイト監査ツールの開発に着手しました。

非推奨のChrome拡張機能を含め、数回繰り返した後、Lighthouseが誕生しました。

Lighthouseを実行するには、ブラウザーから、およびノー​​ドCLIを使用する2つの方法があります。

ChromeブラウザからLighthouseを実行するには、開発ツール(F12)を開きます。[監査]タブに移動します。

実行する監査とテストを実行する条件を、選択する機能が表示されます。

すべてを取得しないので、すべての監査を選択します。

結局のところ、その無料です。

条件については、「シミュレートされた高速3G」とモバイルを選択するのが好きです。

これにより、より過酷な環境でページが実行されます。

これにより、デスクトップと高速接続を使用して実行する場合よりも、問題が発生している場所が明らかになります。

記録として、開発者のマシンなどのハイエンド機器を使用してテストしないでください。

灯台レポートはかなり詳細です。

また、ページの読み込みのフィルムストリップビューも表示されます。

これにより、時間の経過とともにページが消費者にどのように見えるかを確認できます。

開発者ツールからの実行は非常に便利ですが、ノードCLI(コマンドラインインターフェイス)についても説明しました。

これは、DevOpsチームと開発者がサイトのビルドおよびデプロイプロセスに統合できるため、優れています。

このツールはページを実行し、JSON形式でレポートを作成します。

次に、レポートデータを使用して、ページが許可されたパフォーマンス予算内にあることを確認できます。

SEOは非常に高いレベルであるため、おそらくSEO監査で笑うでしょう。

しかし、このようにレポートを見てください。

これは、開発者が見落としている可能性が最も高い、これらの基本的なタスクに関するもう1つの目玉です。

また、これらすべてのパフォーマンスツールは、ほとんどの開発者や非技術者が見落としています。

または、知らない多くの技術的なSEO要件を、測定およびチェックしているため、貴重なSEO分析を提供します。

WebPageTest

mojalaki
mojalaki

私のオススメ「WebPageTest」です

最高のページ速度テストツールである「WebPageTest.org」です。

WebPageTest.org

サイトとページの読み込み状況を本当に知りたい場合は、このテストを使用します。これは、最も完全なカバレッジを提供するためです。

そしてそれは無料です!

サイトのホームページにアクセスし、URLを入力し、テストを実行する場所と使用するブラウザーまたはデバイスを選択できます。

ダレスデータセンターの実際の電話を使用して、テストを実行するのが好きです。

なぜなら、実際の携帯電話接続と実際の電話を使用しているからです。

WebPageTestのパブリックインスタンスは、世界中のデータセンターから入手できます。

このサイトはインドで人気があるため、ムンバイのインスタンスからもテストを実行することがよくあります。

正直なところ、ツールによって収集されたすべてのデータに飛び込むためのスペースがここにはありません。

私は主に、レポートの右上隅にある最初のスコアカード、スコアカードのすぐ下の表の時間、およびウォーターフォールに焦点を当てています。

WebPageTest

私は何年にもわたってWebPageTestを使用してきましたが、これら3つのビジュアルを一瞥して、Webページの基本的な状態を知ることができます。

Google Page SpeedやLighthouseと同様に、最初のインタラクティブスコアを取得する時間と、ServiceWorkerによって読み込まれるコンテンツを含むすべてが完全に読み込まれるまでにかかる全時間になります。

WebPageTest

記録としては、モバイルでも最初にインタラクティブになるまでに3秒以内の時間が必要です。

多くの人が5秒以下と言うでしょうが、私はもっと期待しています。

それは、どうしてでしょうか?

既知の環境で3秒を達成すると、最悪の環境でも5秒より速くなるはずだからです。

WebPageTest

ツール内で、Lighthouseレポートをキャプチャすることもできます。

これにより、Google PageSpeedとWeb.Devの実行が少し弱くなると思います😊💪。

WebPageTest

デフォルトでは、ツールはページを2回ロードします。

これにより、適切にキャッシュされたURLをチェックすることができます。

必要に応じて、これを調整してさらに実行することができます。

フィルムストリップビューも表示されます。

しかし、さらに良いことに、ページレンダリングのビデオを見ることができます!

もっと凝ったものにしたい場合や、自分のWebPageTestインスタンスを立ち上げたい場合は、それが可能です。テストを自動化するために実行できるAPIがあります。

WebPageTestはオープンソースプロジェクトです。

つまり、クローンを作成してデータセンターで立ち上げることができます。

Amazon EC2インスタンスのクローンを作成したり、コンテナーを使用したりすることもできます。

開発者やDevOpsの人々は、理解するでしょう。

今までに推測していなかった場合、WebPageTestは、サイトのページ速度を確認するために常に使用することをお勧めするツールです。

それはあなたが望むすべてを持っています。

定期的に更新されます。使いやすく、大量のデータを生成します。

必要に応じて、独自のプライベートインスタンスを自動化して立ち上げることができます。

最後に、それは「無料」です!!!!

時間の経過とともにページ速度を監視する

パフォーマンスは決して1つではありません。

時間の経過とともに投資が必要になります。

小さな調整は、どちらの方向にも大きな影響を与える可能性があります。

異なる要因が、単一の測定に影響を与える場合があります。

ルーターが過負荷になり、ネットワークの遅延が一時的に増加した可能性があります。

おそらく、高CPUプロセスがクライアントマシンで実行されていたため、最初の対話までの時間が長くなりました。

サードパーティの依存関係のサーバーがダウンしているか利用できないため、遅延が発生した可能性があります。

これが、私が通常1つのテストに依存せず、複数のパスを実行する理由です。

実際のページ速度を決定するために、一貫したパターンを探します。

しかし、これを手作業で行うと面倒な場合があります。

毎日、または大量のURLに対してさえ、テストを実行することを常に覚えているとは限りません。

これが、自動追跡ツールまたはサービスがゲームチェンジャーになる可能性がある理由です。

これはSpeedMonitor.ioが、あなたのために行うことです。

URLを入力するだけで、いくつかの連絡先情報が表示され、最初のレポートが実行されます。

URLを追加したり、競合するURLを追跡したりすることもできます。

時間の経過とともに、トレンドとパターンが出現するのを見ることができます。

ページまたはサイト全体を積極的に微調整している場合は、変更が

4つの主要な指標がありますが、私の意見では、たまたま4つの最も重要な指標にマッピングされています。

  • 最初の満足のいくペイントまでの時間
  • 最初の相互作用までの時間
  • スピードインデックス
  • 最初のバイトまでの時間

データは「GooglePage SpeedInsights」から収集されます。

繰り返しになりますが、テストは毎晩自動的に実行されます。

さらに、Google Page Speed Insightツールであるため、Googleが重要と考えるデータを取得しています。

これが最高ですね。

それは無料!だからです。

したがって、監視するようにURLを構成するために必要な時間以外に、金銭的な約束はありません。

このサービスは新しいので、時間の経過とともに改善と新機能が期待されます。

まとめ

わかりました、これらは4つの最も人気のあるページ速度テストツールです。

お分かりのように、私はPingdomやGTMetrixをあまり気にせず、LighthouseとWebPageTestが大好きです。

SEO、Web開発者、またはビジネスオーナーの場合は、LighthouseとWebPageTestをワークフローの一部にする必要があります。

スコアが良くないページがある場合、これらのツールは失敗した場所をすばやく表示するため、検索ランキングだけでなく、顧客を引き付ける能力を向上させ、スタッフの生産性を高めるためのアクションを実行できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました