【安達祐実は1位でなかった】子役で一番成功した芸能人は?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
モッピー!お金がたまるポイントサイト
芸能人

芸能界は子役からスタートして、現在も活躍を続ける芸能人が存在します。

子どもの頃から知っている芸能人を見で、「あの子役が結婚してたり・・・・」と、親しみや感慨を覚える人も多くいらっしゃると思います。

ランキングサイト「gooランキング」では、子役出身で一番成功したと思う芸能人について調査してます。

20~40代男女500名の複数回答をもとに、ランキングを発表してるので紹介しますね。

1位は神木隆之介

1993年生まれの神木隆之介さんは、わずか2歳で芸歴をスタートしてます。

6歳だった1999年に「グッドニュース」(TBS系)でドラマデビューしました。

2005年に公開された初主演映画「妖怪大戦争」では12歳で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞してます。

mojalaki
mojalaki

この人は、人気子役として大活躍しましたね

ネットでは「神木きゅん」と呼ばれていた可愛い子役のイメージから一転し、2010年の「SPEC~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~」(TBS系)で、超能力を持つミステリアスな役を演じてました。

その後、「桐島、部活やめるってよ」では地味な男子高校生役を熱演し、色々な役柄に挑戦し演技の幅を広げてきたのです。

現在27歳になりました。

少年時代の繊細さはそのままに、より幅広い役柄を演じ分ける俳優として成長を続けているのです。

2位は安達祐実

安達祐実さんは1981年生まれです。

幼い頃から、子役として活躍を続けてきました。

安達祐実さんは、1994年に放送されたテレビドラマ「家なき子」(日本テレビ系)で主演を務め大ブレイクしました。

「同情するならカネをくれ」

テレビドラマ「家なき子」

上記の作中の台詞は、同年の新語・流行語大賞の年間大賞にも選ばれたのです。

安達祐実さんは、38歳になってます。

現在も、昔の雰囲気はそのままに魅力が加わり「奇跡のアラフォー」として、たびたび話題になっていますね。

3位は長澤まさみ

長澤まさみさんは1987年生まれです。

多くの女優を輩出している「東宝シンデレラ」オーディションで、12歳でグランプリに選ばれ芸能界デビューしました。

当時は小学6年生だった長澤まさみさんは、すらりとした体形に12歳とは思えない美しい顔立ちに驚いた人も多かったと思います。

2004年に公開された映画「世界の中心で、愛をさけぶ」のヒロイン役で大ブレイクしたのを皮切りに、多くのヒット作に出演してます。

若手人気女優の仲間入りを果たしたのです。

健康的なイメージが強かった彼女ですが、もうすっかり大人になり、スレンダーな美脚や豊満なバストなど、魅力的なボディーラインも注目されています。

2019年公開映画「キングダム」では山界の王・楊端和を演じて、その力強い美しさで、さらにファンが増えたのは言うまでもありません。

芸能人ランキング【トップ5】

TOP10には、主演級の俳優・女優と、バラエティMCが並んでます。

かつて芸能界には、「子役は大成しない」というジンクスがあったのですが、今回のランキングを見ると、完全に覆されてます。

トップ5

1位:神木隆之介

2位:安達祐実

3位:長澤まさみ

4位:小栗旬

小栗旬

5位:佐藤健

佐藤健

その他ですがトップ6~10まで

6位:橋本環奈

7位:三浦春馬

8位:宮崎あおい

9位:生田斗真

10位:坂上忍

10位:ウエンツ瑛士

10位:高畑充希

ランキングでは11位以後も、高橋一生さん・浜辺美波さんなど、超有名売れっ子俳優・女優がずらりと並んでます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました