【星の数は?】肉眼でも夜中に夜空を見上げたら確認できます

スポンサーリンク
スポンサーリンク
モッピー!お金がたまるポイントサイト
Essay

皆さんは、星に興味がありますか?

夜中の空は、何百万もの星が観測者に見えるように存在してます。

しかし実際に存在する星の数は、何百万というレベルではありません。

我々が属している地球は、銀河系です。

その銀河系には2000億以上の星が、存在すると言われてるのです。

そして、その銀河は1000億以上あると推測されてるのです。

多くの星が見える理由があります。

それは私たちが、その2000億以上ある銀河の中に、住んでいるからなのです。

しかし、私たちは裏庭から、それら全ての星を肉眼で見る事はできないのです。

肉眼で見える星の数

地球の空には、肉眼で見える星は、最大で約1万個あるんです。

しかし誰もが全ての星を、見る事ができるわけではないのです。

基本的に自分が住んでいる地域の、夜空の星しか見る事ができません。

大気の霞と光害が原因で、見える星が減ってしまってるんです。

非常に良いロケーションと真っ暗闇なら、見える星の数は約3,000個なのです。

mojalaki
mojalaki

夜中でも明るい都会だったら、全く星が見えませんよね。

夜中に光の少ない田舎なら、星はたくさん見えますよね。

mojalaki
mojalaki

特に冬場なんて星がきれいですよね。

星を見るのに最適な場所があります。

  • 暗い山の中の公園。
  • 海の真ん中。

ほとんどの人は、そのような場所には行けないかもです。

しかし、明かりの少ない田舎に出かける事で、星を見る事ができます。

そして、さらに多くの星を見る可能性が高くなるんです。

自分たちの惑星が、より多くの星を含む銀河の領域にあった場合には、星を見たい人は何万もの星を見ることができるんです。

見上げなくても、星は無数に見えて気分転換にもなるのです。

天の川

天の川のセクションは、例えばコアよりも人口が少ないのです。

もし自分たちの惑星が銀河の中心にあったり、球状星団にあるとしたら、夜空は星明りで満ちて輝くのです。

実際には球状星団では、暗い空は決してないかもしれません。

銀河の中心では、自分たちは「ガスと塵な雲」に、閉じ込められてる可能性も高いのです。

高い確率で、その中心にあるブラックホールからの力に、さらされてるかもしれません。

ある意味では、天の川の郊外にある自分たちの場所は、星を見たい人に少数の星を明らかにする一方で、暗い空の惑星を持ってるより安全な場所なのです。

可視星

可視星の中で見つめるので、星から学べる事ができる「オブサーバー」を見つける事ができるんです。

人は、いくつかの星が白く見えるのに気づくはずなんです。

他の星は、青みがかった色、オレンジ色・赤みが掛かった色が見えるのです。

しかし、ほとんどの場合は星は白く見えるんです。

星の表面温度

星の表面温度によって、見える星の色が違ってくるのです。

JAXA
  • 温度が高いほど青くて白色に見えます。
  • 青色の星は黄色・オレンジ色より温度が高いのです。
  • 赤い星は通常温度は低いのです。

星の色は、鮮やかではありません。

非常に淡い色、又は真珠の光沢があるのです。

星の素材

星を構成する素材は、星を赤・青・白・オレンジ色に見せる事ができます。

星の素材は主に「水素」でできてます。

大気や内部には、他の元素が含まれてる場合があるんです。

例えば、大気中に炭素元素を多く含む星の場合は、他の星より赤く見えるんです。

星の明るさの基本が分かったら、3,000個の星の中で、明るさの違いにも気づくことができます。

星の明るさ

星の明るさは、その大きさと呼ばれていて、単純に全ての星の間で見られる明るさに、数字を付ける方法があります。

その明るさに影響するものは、いくつかの要因があります。

星は、距離、遠くに点在してるかどうかに応じて、明るく見えたり、暗く見えたりするのです。

星の温度が高い場合は明るく見えます。

距離と温度は、大きさの役割を果たしてるのです。

自分から見える星で、距離は遠い、温度は高い、明るい場合は「ぼんやり」視えます。

近い場合は明るいのです。

ほとんどのスターゲイザーは、視覚的な「マグニチュード」と呼ばれるものに興味を持ってるのです。

これは目に見える明るさなのです。

例えばシリウスはー1.46で、非常に明るい事を意味してるのです。

実際、自分が見上げてみたら、それは最も明るい星なのです。

太陽はマグニチュードー26.74で、日中の空で一番、明るい星なのです。

肉眼で誰でも検出できる、最も暗い等級は6等級なのです。

恒星の本質的な等級は、距離に関係なく、その星自体の温度による明るさです。

天文学の研究者

天文学の研究者は、星の条件に付いての手がかりを与えるので、この数値には高い関心があります。

しかし、裏庭のスターゲイザーにとっては、その数字は視覚的な大きさよりも重要ではないのです。

通常、肉眼では数千個の星しか見れません。

本格的な観察者は「双眼鏡・望遠鏡」を使用して、より遠くの星を探す事ができます。

拡大によって、新たな星の群れは多くの空を探索したい観察者の視野を広げていってるのです。

キャロリン・コリンズ・ピーターセンに寄って、編集・拡張されたのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました